コンパクトなのにバッテリー動作対応な超音波加湿器「yenie 211」が容量1,000mlで個室使用に便利

  • 投稿日:
  • Category:

yanie_211_01.jpg

yenie 211 超音波加湿器 充電対応コードレスモデルです。

給水が面倒、置き場所がない、けどちょっと加湿したいというニーズに応えてくれる充電式の加湿器となります。

水の容量が1,000mlまで入れられるので給水の手間が少なく、水が途切れれば当然自動で動作を停止してくれます。

消し忘れが防止できるので、寝る数時間前に動作させておいて後は朝までぐっすりでOKというのはうれしいところ。

yanie_211_02.jpg

Yenie 211の全体像はこんな感じです。

下部がタンクになっていて、上部が加湿器といった構成。

真ん中あたりに「MAX」とかかれた窓があり、そこで水量の具合が見て取れます。

yanie_211_03.jpg

上部から。

写真左側の○ポチの部分が蒸気噴出口になってます。

お皿のように見える上部は、実はここから給水することが可能になっていたりします。

わざわざフタを開けなくても、上からジャーッと水を給水してあげれば良いので楽ちんです。

yanie_211_04.jpg

背面側には電源ON/OFFボタンと、充電用のMicroUSBコネクタが備わっています。

このあたりはシンプルでわかりやすいです。

yanie_211_05.jpg

加湿器部分を分離した状態のタンク部。

上部から給水できるので、わざわざ取り外さなくても良いわけですが、一気に補給したい!というときは、タンクに直接入れた方が楽といえば楽。

2Way給水方式があると思えば良いのかなと。

yanie_211_06.jpg

加湿器部分は中まで見えませんでしたが、底部からのぞいてみるとこんな感じになっていて、真ん中左で光っているのはLEDになります。

光としては弱めですが、ちょいと枕元を照らしてくれたりするような具合です。

yanie_211_07.jpg

写真ではちょっと見にくいんですが、湿度およびバッテリー残量を表示可能なLCDも備えています。

実際はもう少し視認性は良いです。

yanie_211_08.jpg

取扱説明書は、中国語・英語のものと、日本語のものが同梱されていました。

どちらでも図がメインでの説明となっているので、理解できるかなと。

yanie_211_09.jpg

実際に使用してみました。

噴霧力はまぁまぁです。見た目には結構噴霧しています。

加湿力を謳う専用機と比較すると、それなりというスペックにはなってしまいますが、個室のデスク上だったり、寝室あたりを加湿する分には効果が期待できるかなと。

強さの調整は行えませんので、常に最大噴出というところ。

下に落ちるまでに空気に溶け込んでくれるので、周りがびちゃびちゃに・・・なんてことにはなりません。

yanie_211_10.jpg

1,000ml入れておけば、給水の手間は大きく減りますし、ちょっと給水したいなーという時には上からだばぁーっと水を入れてあげればOKなのでとにかく楽。

超音波式なので、消費電力も少ないです。

メンテナンスも機構がシンプルなので、時折タンクと給水部、そして噴霧部をチェックしてあげれば良いのかなと。

特にタンクは広口設計なので、お手入れ楽々です。

コードレスで使えてバッテリーの持ちも上々(実測してませんが・・)。加えて給水も楽ということで、お子様の手が届かないところに置きたい!とかいう場合にも選択肢となりそうです。

2019進化版 加湿器 充電式 卓上加湿器 コードレス 電池残量表示 上から注水 超音波式 霧量50mL/H 大容量1000mL 静音 アロマ対応 空気浄化 空焚き防止 抗菌仕様 乾燥/花粉症対策 車/オフィス/寝室用 コンパクト 手入れ簡単 持ち運び便利

yenie 211 超音波加湿器 充電対応コードレスモデル
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする