コンパクトなネットワークカメラ「WONNIE W-JP-IPC1080」がスマホ&PCで閲覧操作が可能で設定簡単

wonnie_w-jp-ipc1080_01.jpg

WONNIE ネットワークカメラ W-JP-IPC1080です。

ブラックカラーとホワイトカラーで展開されています。

宅内はもちろん外出先からでもスマホやタブレット、パソコンなどでおうちの様子を確認できる、有線/無線LAN両対応のネットワークカメラになります。

自宅でお留守番中の子どもの様子や、自宅・店舗、遠隔地に住む高齢者の状況など、離れた場所の様子をチェックすることができると歌う商品です。

wonnie_w-jp-ipc1080_02.jpg

機能としては写真の通りで、HD撮影が可能なほか、リモートからパン&チルト操作が可能。

P2P技術を用いて双方向で通話することが可能となっています。

レンズは200万画素で、スマホからの操作にもバッチリ対応。

録画録音、アラーム、動体検知機能などが備わっているので、いわゆる防犯カメラとしても機能します。

wonnie_w-jp-ipc1080_03.jpg

本体は手のひらサイズ・・とまではいきませんが、この手のネットワークカメラとしてはコンパクトな部類。

wonnie_w-jp-ipc1080_04.jpg

レンズもしっかりしてそうです。

写真では黒つぶれしちゃって見えないんですが、本体前面側にMicroSDスロットがあるのは珍しい設計だなと。

wonnie_w-jp-ipc1080_05.jpg

本体底面に、アプリへのリンク情報が入ったQRコードと、本体接続時に使用するIDおよびパスワードが記載されています。

パスワードが非常に安易なものになってるので、可能であればもう少し複雑性を持ったものにしてほしいなぁと思ったりもします。

使用時は変更を忘れずに。

wonnie_w-jp-ipc1080_06.jpg

本体背面には有線LANポートと、電源コネクタ。

電源スイッチなどは存在せず、ケーブル抜き差しで対応するような仕組みです。

wonnie_w-jp-ipc1080_07.jpg

付属品(の一部)。電源のほか、取り付け台やネジなども付属してきます。

wonnie_w-jp-ipc1080_08.jpg

高さが抑えられているので、置き場所は困らないでしょう。

ちょっと今回は設置場所を定めず、テスト利用してみることに。

スマホでアプリを用いる場合にはユーザ登録が必要だということで、PCアプリを用いて使ってみることにしました。

PC版アプリは、こちらからダウンロード可能です。「CMSClient FOR PC」をダウンロード・インストールすると使えます。

有線LAN接続で、デバイスは自動検出されなかったんですが、個別追加を実施(本体底面のID/Passを登録)したら認識しました。

wonnie_w-jp-ipc1080_09.jpg

PC版アプリ経由では、プレビューのほか、録画、キャプチャなどが行えます。

基本的な機能はあるかなと。

wonnie_w-jp-ipc1080_10.jpg

撮影範囲は広く、パン&チルトもサクサクいけます。

赤外線撮影能力もなかなかよく、切り替わりも明るさに応じて自動で切り替わってくれるので、防犯用途として動体検知連動撮影機能などを用いれば十分な効果が得られるように思います。

wonnie_w-jp-ipc1080_11.jpg

複数台のカメラを同時利用・プレビューしたりも可能です。

今回は有線LAN接続での利用としてますが、無線LANにも対応しています。複数台利用時は無線LAN中心での接続になるのかなと。

PCソフトを一通り触ってみましたが、謳っている機能を網羅していないんじゃ?と思ったら、スマホアプリのほうがフル機能を搭載しているようでした。

そのため、使いこなしていくぞ!という場合にはスマホアプリをメインで利用される方が良いかと思います。

WONNIE ネットワークカメラ 200万画素1080p ペットカメラ 監視防犯カメラ 動体検知 警報通知 暗視機能 録画機能 双方向音声 スマホ wifi 見守り メーカー1年保証 犬/猫/お子様/介護

WONNIE ネットワークカメラ W-JP-IPC1080

コメントする