USB充電式かつ300mlと十分な容量で付属ノズルも豊富な「Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器」は思っていたよりもスリムで扱いやすい

bicidi_bp0903_01.jpg

Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器です。

USB充電式で、バッテリー容量は2,000mAh。IPX7防水性能を誇るため、丸っと水洗い可能なのが嬉しい筐体デザインを採用。

加えて、替えノズルが6本付属するので家族での共用などもしやすく、旅行先などでも使いたい!というニーズに応えるためなのか収納ポーチも付属します。

口腔洗浄器は、細いノズル先から放たれる水の水圧で歯ブラシやフロスだけでは取り切れない汚れを洗浄できる製品であり、本モデルは1,400-1,800r/minの回転速度で、歯の汚れや隙間に挟まった食べカスなどをスピーディーに弾き飛ばし、歯ならびの悪いところの汚れも洗い流せる便利グッズです。

歯ぐきの状態に合わせて使い分けが可能な4モード搭載で、ポチッとボタンを押すだけで自由に切り替えが可能。

中でも、DIYモードを備えているのが特徴で、水圧の強度を自由に調整することができ、規定水圧で強すぎる・弱すぎるという不満を解消することができ、快適な水圧を見つけ、さまざまな口腔ケアのニーズに対応出来るのが嬉しいところ。さらには、前に使った水圧レベルを記憶するメモリー機能付きということで、操作の手間も軽減されています。

そんな口腔洗浄器をご紹介。

Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器 外観

bicidi_bp0903_02.jpg

本体全体像です。

上部がスリムで、下に行くにしたがって広がっていくようなデザインを採用。

タンク水量を確保しつつ、扱いやすさを考慮した設計といえます。

bicidi_bp0903_03.jpg

ボタン類。

電源ボタンは0.3秒の長押しが必要です。なお、「Press 0.3s」となってるのはシールなので、剥がせます。

誤動作をしないような配慮で、短押し動作だと間違ってポチッとしたときに水が噴出してしまうので、長押しの方がありがたいです。

その下にはモード切替ボタンがあり、4つのモードから選択が可能となっています。

bicidi_bp0903_04.jpg

本体上部のノズル接続部。

これといった特徴があるわけではないですが、装着は差し込めばOKなタイプ。

取り外し時のみ、前面側最上部にある押し込み部を押しながら外すというスタイルです。これは、まぁ、一般的な造りでしょう。

bicidi_bp0903_05.jpg

本体背面側。

手で持つ部分に滑り止めを考慮した凸凹があります。

あまり気にしていなかったのと、Amazon商品ページでは説明記載も無く、写真も背面側は見にくい状態だったので、商品到着後に初めてこういうデザインだと気付いたわけですが、持ってみた感じは「これ必須だな」という感じ。

これにより、握りやすさが格段に向上。手滑りで落としてしまったりというシーンを無くしてくれます。

 

また、その下にあるゴムカバーされた部分は本体充電用の電源コネクタとなっています。

bicidi_bp0903_06.jpg

水タンク部。

容量は300ml。1回の口腔洗浄で使い切るぐらいのちょうど良い容量だと思います。

半透明のグレーがかったクリアな見た目なので、残量の確認も簡単です。

bicidi_bp0903_07.jpg

タンク部裏側。

パカッと開けて水を入れる箇所になります。

bicidi_bp0903_08.jpg

ちゃんとゴムパッキンされています。

空ける際の固定され具合は少し硬めですが、その分しっかりと水漏れを防いでくれるでしょう。

Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器 付属品

bicidi_bp0903_09.jpg

付属品は充電ケーブル、通常ノズル4本、歯列矯正器用ノズル、タングクリーナーという構成。

あとは、収納袋と説明書になります。

bicidi_bp0903_10.jpg

電源ケーブルは、USB-ミニメガネコネクタ という仕様。

一般的なメガネコネクタよりも小さいので、汎用性は低めかなと。代替品、売っているのか?という気がするので、大事に保管したいと思います。

USB-Cとかだったら扱いやすさがだいぶ上がるので、メーカーさんには汎用性も考慮して貰いたいかなと。

bicidi_bp0903_11.jpg

ノズルを装着してみました。

形状は一般的なので、違和感は無いですね。

bicidi_bp0903_12.jpg

水入れは蓋を開けて注ぐだけ。

何も考えずに入れられます。楽ちん。

bicidi_bp0903_13.jpg

非常に細い吹き出しなので、写真だと見えにくくて申し訳ないですが、綺麗な噴出具合です。

Normalモード使ってみた感じだと、個人的には少し強いかな?という感じだったり。

でもSoftモードだと少し弱いな・・・というところなので、DIYモードで調整して最適な水圧で試用したいと思います。

このあたりは個々人の好みや歯や口腔内の環境によるので、お好みでというところでしょう。

bicidi_bp0903_14.jpg

かれこれ6年と、長いこと愛用してきたPanasonic ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ10-Wとの比較。

正面から見た感じだと、少し太めになったかなと。タンク容量の差(300mlと、165ml)などもあり、妥当なところです。

EW-DJ10-Wだと、毎回2回給水してたので、1回で済むと思えば、サイズ感は気にならないです。

bicidi_bp0903_15.jpg

横からの見た目。

こう見ると、ほぼサイズ感は変わらないですね。

上述しましたが、裏側凸凹処理のおかげで、握りやすさは断然、Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器の方が優れているので、水タンク容量の分重量が多少増しますが、持ちやすさは完全にBicidi SUNGYIN 口腔洗浄器に軍配が上がります。

USB充電式と、電池交換式という差もあり好みは分かれるかもしれませんが、電池交換が若干面倒になりつつあることもあって、USB充電式の方が便利な気はします。

充電・電池交換頻度は同じぐらいですかね。

bicidi_bp0903_16.jpg

後はタンク部をパカッと外して、換装させることができるので、お手入れの手間は少ないと思います。

PanasonicのEW-DJ10-Wも、取り外せますが結構強めな力で外さないといけないので、女性だとちょっと扱いにくかったんですが、Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器であれば横にひねり回す感じで外せるので簡単です。

そんなわけで、扱いやすさの観点から長いこと使ってきたEW-DJ10-Wには引退して貰って、Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器を用いて口内ケアをしていきたいと思います。

Bicidi 口腔洗浄器用 替えノズル 互換ノズル 3種類計6本入も近日発売予定ということなので、消耗品もしっかり個別販売されます。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「IU924AH3」を適用することで45%OFFと非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は10/17 23:59まで。マーケットプレイス Hanuner 取扱品が対象です。

Bicidi 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー 口腔洗浄機 300ML 4種類モード 強度調整可能 USB充電式 2000mAh大容量 IPX7防水 替えノズル6本 収納ポーチ付き 携帯型

Bicidi 口腔洗浄器 BP0903

コメントする