USB3.0 4ポートハブ「ORICO MH4PU-P-SV-JP」がディスプレイに縦横自在に装着可能

orico_mh4pu-p-sv_01.jpg

ORICO USB3.0 4ポートハブ MH4PU-P-SV-JPです。

一見よくわかりにくい形状ではありますが、ディスプレイに取り付けることが可能な便利グッズになります。

PCとの距離が離れている環境だと、手元にUSBポートがほしくてもなかなか・・・かといって延長ケーブルを用いたりしてもハブの置き場に困ったりするシーンも少なくないのかなと。

そんな環境で活躍が期待され、手を伸ばしやすいディスプレイにUSBハブをつけてしまおう!という商品です。

orico_mh4pu-p-sv_02.jpg

商品はこんな感じで、パッケージの下半分いらなくない?という感じ。

orico_mh4pu-p-sv_03.jpg

PCからの接続用USB3.0ケーブル(1m)が入っていました。

orico_mh4pu-p-sv_04.jpg

正面からの見た目はこのような印象。

アルミ合金採用できれいに整っています。

角の処理などもきれいです。

orico_mh4pu-p-sv_05.jpg

上から見るとこんな感じで、挟み込んで固定するクランプタイプ。

orico_mh4pu-p-sv_06.jpg

背面側。

左のMicroUSBコネクタは、いわゆるバスパワー動作ができない端末を接続する時用の給電コネクタになります。

セルフパワーモードに近いような補助電源供給で動作の安定さなどを高めてくれる感じです。

右のUSB Type-AポートはPCなどから接続するハブ機能用。給電なしモデルも販売されていて、そちらは100円安で買えるためバスパワーでOKな方はそちらもオススメ。

orico_mh4pu-p-sv_07.jpg

試しにディスプレイ左下につけてみることにしました。

取り付けるディスプレイは、それなりにベゼルのあるモデルです。

orico_mh4pu-p-sv_08.jpg

すんなり装着完了。

手を伸ばせば届く距離にUSBハブがあるのは便利ですね。

orico_mh4pu-p-sv_09.jpg

横から見るとこのような感じで、昨今の薄型ディスプレイであれば問題ないですし、それなりに厚みがあるディ椅子プレイでも装着ができるんじゃないなかと。

orico_mh4pu-p-sv_10.jpg

クランプタイプなので、横位置でも取り付け可能です。

任意の位置で取り付けられるので、利便性を考慮して位置変更が行えるのは便利。

上部につけてもOKですし、使い方は環境によっていろいろありそうです。

わざわざクランプ固定しなくても、固定用ネジは外すことができるので、普通のUSBハブとして用いることもできちゃいます。

どこかしらに固定して便利に使いたいかも...と思うようなときに結構な汎用性を備えているので、普通のUSBハブを買う感覚で買えるというのは良いですね。

割引クーポン!

今ならさらに、注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「ZAYYXCET」を適用することで400円OFFとなり非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は9/15 23:59までとなっています。

ORICO USB3.0 ハブ 4ポート 5Gbps高速 クリップ式 給電ポートUSBハブ バスパワー アルミHUB パソコンの縁に固定でき 1mUSB延長ケーブル付 軽量 シルバー

ORICO USB3.0 4ポートハブ MH4PU-P-SV-JP
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする