USB3.0 3ポートハブ&GigabitLANな「Inateck HB4103」がユニボディで拡張性と実用性をUP

inateck_hb4103_01.jpg

USB3.0 3ポートハブと、有線GigabitLANを備えるInateck HB4103です。

ノートパソコンにUSB3.0ポートは備わっているけど1ポートしかなくて...とか、2ポートあるけど足りない!というシーンで活躍してくれるタイプの商品になります。

単なるUSB3.0ハブだと、まぁ1,000円ちょっとな商品があふれているのでそっちの方がお手軽、お値打ちなわけですが、それに+αな機能を搭載する形で付加価値を付けてくるのがInateck。

USBハブ+OTGアダプタ「Inateck HB4002G」で、PCのUSB3.0ハブ&タブレット対応」でも書いたInateck HB4002Gだったり、「マジックポート搭載の「Inateck HB4009」は珍しさだけじゃなく、PCリンク&操作が便利」で書いたInateck HB4009など、類似商品があります。

いずれも、その+αな機能があったら良いな!というところを突いてくる感じで便利。

今回は、+αな部分として有線LANを備えているというところが最大の特徴で、かつMacBookと一緒に持ち運んで使用するのに適しているシルバーカラーを採用したというところもポイント。

と、まぁ概要はそんな感じですが、サクッとレビューします。

Inateck HB4103はシルバーカラー

inateck_hb4103_02.jpg

商品外観はこのような感じ。

シルバーカラーなHB4103本体と、そこから直結したケーブルが生えていてますが、そちらはホワイトカラーになってます。

Inateck HB4103とMacBook

inateck_hb4103_03.jpg

早速MacBookと合わせてみました。

光が反射するのでちょっと見にくいんですが、色合いとしては合っているので一緒に持ち歩いても色味で違和感はありません。

inateck_hb4103_04.jpg

別角度から。

ホワイトカラーなケーブルもあんまり違和感ないです。

贅沢を言えば、HB4103の手に持つ部分は丸く処理されているのですが、角張った部分も含めて丸く処理をされていると、より良い外観になったんじゃないかなと。

Inateck HB4103のケーブルは太め

inateck_hb4103_05.jpg

本体から直接生えているUSB3.0ケーブルは太め。

このUSB3.0ハブ+αシリーズ共通の仕様ではありますが、もう少し細くても良いかなと思うところもあったり。

inateck_hb4103_07.jpg

ただ、その分断線などの心配があまりないということも評価すると、そんなもんでしょうというところ。あとは、USBコネクタ部がシルバー処理されてたら良かったかな~とか。

inateck_hb4103_06.jpg

GigabitLANコネクタ部。

ここはホワイトカラーで、シルバーじゃないです。

ここだけ見るとちょっと安物感が出ちゃいますが、あまり目にするところではないので良しとします。

Inateck HB4103は追加ドライバいらず

inateck_hb4103_10.jpg

とりあえず、サクッとWindows10端末に接続してみたところ、自動でいろいろと認識されて、気がついたらフツーに使えるようになってました。

Windows7環境にもつないでみましたが、そちらでも自動認識してくれました。

やっぱりドライバ不要でスッと使用できるというのは良いですね。

追加ドライバが必要というだけで、その商品を使いたくなくなる(多少の手間も面倒)ので。

inateck_hb4103_08.jpg

さっくり、重量も量ってみました。

メーカー公称65gで、実測で64g。

これぐらいの重量だと、持ち運び時に躊躇無くバッグにドーンと入れておけます。

inateck_hb4103_09.jpg

PCとの接続時に認識されているかとか、動作状況わかるものあったかなー?と思って、まじまじと商品を見てみたらUSBポートのところに動作確認用のLEDがありました。

最初穴が小さくてLEDだと気づきませんでしたが、接続したら白く光ってくれたのでわかった次第。小さいので明るさはそこそこありますが、邪魔になるような光量ではないです。

 

実用性としては、USB3.0ポートにUSBポータブル接続を可能としたSSDをつないで使用してみましたが、普通にシーケンシャルで200MB/sとか出てくれたので速度は十分。

ただ、給電能力という点では900mA/5Vを超えないようにしておく必要がある(セルフパワーなので)ため、ストレージ系の接続は1つにしておいた方が無難かなと。

GigabitLANインターフェースもチップはRealtekこと通称蟹チップなのでさほど期待はしてませんでしたが、当然普通に使用が出来ます。

通信速度もこれまた普通に100Mbps超出てくれた(LAN内であれば250Mbps程度は実測)ので普通に使う分には十分。ホテルの有線LANなどでの利用についても問題ないでしょう。

Inateck 3ポート usb 3.0 ユニボディハブ + usb 3.0 ギガビットイーサネットインタフェース、アルミ製、バスパワー、ドライバ不要

Inateck 3ポート usb 3.0 ユニボディハブ + usb 3.0 ギガビットイーサネットインタフェース HB4103
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする