USB PD 100W出力対応モデル「CHOETECH PD6008」が2ポートでガッツリ充電にピッタリ

choetech_pd6008_01.jpg

CHOETECH PD6008 USB PD 100W出力対応モデルです。

リンク先のAliExpressだと海外コネクタな写真で紹介されていますが、Amazon.co.jp取り扱い品を見ていただければ、写真の通りであることがおわかりいただけるかなと。

業界最高クラス100Wの高出力を実現した商品で、Type-C端子を搭載したUSB Power Delivery規格対応のスマホ、タブレット、ゲーム機、ノートPCへ急速充電が可能となっています。

数年前で100W給電できるアダプタっていったら、それはもう大きくて邪魔!という感じでしたが、すっかりコンパクトになりました。

しかもUSB Type-C PD対応で2ポート備えているので、2台同時充電もできるじゃありませんか。

ノートパソコン、タブレット、スマホ、複数台持ちが当たり前になりつつある昨今ですので、やはり1ポートでは心許ない。

2ポートあれば安心感がだいぶ違う!ということで、そんなUSB PD 100W出力対応モデルCHOETECH PD6008をご紹介していきます。

65W出力モデルともちょっと比較したりもします。

choetech_pd6008_02.jpg

ついでに、どうせならUSB Type-Cに寄せていかないとね!

ということで、USB Type-C to LightningなケーブルCHOETECH IP0039もおまけにご紹介します。

Apple純正が非常に高いなか、サードパーティ製が1,200円ちょいとかなので安価に見えるためそちらに手を出すわけですが、MFi認証受けてればまだ大丈夫でしょうということで。

CHOETECH PD6008 外観

choetech_pd6008_03.jpg

はい。CHOETECH PD6008です。

100W出力対応でこのサイズ。

USB PDで30Wとか、45W出力モデルと比較したら、それは流石に大きいと感じるわけですが、手のひらサイズ感に収めてきたところは素直に評価したいなと。

choetech_pd6008_04.jpg

PD対応2ポート構成。

厚みはあまり感じません。スッキリしてます。

choetech_pd6008_05.jpg

底面。

なんやかんや記載がありますが、1ポートなら100W出力ができて、2ポートだと45W+45Wの対応となる的なことが記載されています。

choetech_pd6008_06.jpg

折りたたみ式プラグを採用。

海外通販でオーダーするときは、プラグタイプで「US」を指定しないといけないあたりはご注意を。

 

choetech_pd6008_07.jpg

GaN(窒化ガリウム)採用急速充電器「CHOETECH PD8002」がUSB Type C/A 2ポート65W出力対応でコンパクトで書いた、CHOETECH PD8002 Type C 急速充電器と比較してみました。

左が100W出力対応の本商品。

右が65W出力対応のCHOETECH PD8002となります。

一回り、100W対応モデルの方が大きいですね。

choetech_pd6008_08.jpg

コネクタ周りも広く取られています。

ただ、厚み自体は一緒です。

今後はUSB Type-Cに移行・統一されていくのでしょうけど、USB Type-Aもしばらくは残る...というか、必要になるため、この2台を使い回して対応していく感じになるのかなと。

Type-C to LightningなCHOETECH IP0039

choetech_pd6008_09.jpg

新めて、CHOETECH IP0039です。

ナイロンを採用した柔らかなケーブルになります。

choetech_pd6008_10.jpg

ケーブルバンドも付属してくるので、持ち運び時などまとめるのに役立ちます。

choetech_pd6008_11.jpg

コネクタについては手持ち部分がアルミ、そして曲げる箇所、曲がりやすい箇所はしっかりとカバーがされているので断線の心配が少ないです。

コネクタ周りもスッキリしているので、抜き差しが容易。

このケーブル自体は3Aまで給電できるとのこと。12Vであれば36Wですね。まぁ、充電される側の端末で電圧が変わるため、iPhoneだと18Wとかの給電ですかね。

何にせよ、ゆとりある対応スペックというヤツです。

データ通信も480Mbpsまで対応しています。

choetech_pd6008_12.jpg

今回の100W対応モデルをフルに活かすことができるデバイスがまだ無いので、宝の持ち腐れ状態にはなってしまうんですが、今後必要になってくるかと思うので持っておいて損は無い印象。

出力が大きいモノを持っておけば、友人、知人が使いたい!というときにカバー出来たりもしますので。

されてき、自環境としてはとりあえずUSB Type-C to Lightningケーブルを用いてiPhoneを充電してみました。

使い勝手は上々です。iPadも充電してみましたが、十分な充電速度といえます。

長さは1.2mで取り回しがしやすく、ケーブルバンドも付いてくるのでバッグ内などでの収まりも良いです。

場合によっては、このCHOETECH PD6008のような充電器に巻き付ける感じで持ち運べるので便利に使えます。

用途や環境によっては、100W対応モデルは不要となるケースもあるかと思いますが、すでにType-C、Type-A 両対応モデル(65W出力)を所有している身としては、100W対応モデルを確保したことによって、Type-C対応デバイスどんとこい!という環境ができあがりました。

心置きなく、デバイスを増やしていけるなと。

CHOETECH PD6008 USB PD 100W出力対応モデル / Amazon.co.jp

CHOETECH IP0039

CHOETECH IP0039 USB Type-C to Lightningケーブル / Amazon.co.jp

コメントする