肺炎の疑いもチェックできちゃう「UMIDIGI UFit」は健康チェック機能豊富なスマートウォッチ

umidig_ufit_01.jpg

スマートウォッチ UMIDIGI UFitです。

各種SIMフリースマートフォンで、日本の技適をしっかり取得し、かつ対応バンド幅も広い上にコスパが高くて優秀!というイメージの強いUMIDIGIさんが、スマートウォッチも出していたということで、要チェック。

とはいえ、機能面では他社含めて多種多様に出ているスマートウォッチと大差ないんじゃ無い?コスパ重視なだけなら他社で安いのいっぱいあるし・・・と思ってたんですが、何やら健康志向な設計がなされているということで昨今の状況を考えると健康維持をしてしかるべきな感じにもなっているので、それならその健康志向な設計となっている機能をしっかり見ていこうじゃないかという感じ。

具体的な機能として、経皮的酸素飽和度(SpO2)の測定が可能な機能を搭載しているという点がかなりユニーク。

わかりやすく説明すると、動脈血の赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを計ることができ、血流に含まれる酸素レベルを数字で表示可能となってたりします。

つまり、肺炎の疑いがチェックできちゃうということ。肺炎以外にも、気管支炎、喘息、睡眠時無呼吸症候群、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫などの調光や恐れがないかを簡単にチェックできちゃうのです。

(※測定された情報は診断と治療の依拠として使用できないので、あくまで目安として用いてください)

当然、自動的に24時間心拍数を追跡でき、健康の変化をリアルタイムで把握できたりする従来型のヘルスチェックもしっかり行えますし、当然ながら着信、Facebook、Skype、YouTube、Twitter、instagram、SMSなどのAPPからのリアルタイム通知はスマートウォッチにバイブで知らせることができ、重要な情報を漏らす事も無い、スマートウォッチとしての機能も充実。

初めてのスマートウォッチとしても、年配者向けのプレゼントとして適した商品といえるんじゃないでしょうか。

ちょっと見ていきます。

umidig_ufit_02.jpg

湾曲型の2.5Dガラスをディスプレイに採用していて、サイドボタンでの操作が可能な、見た目は至って普通のスマートウォッチです。

バンドは割と厚めです。装着感は良好。

umidig_ufit_03.jpg

裏面部。

上部が充電用の接点になります。

真ん中は各種センサーなど。センサー部の出っ張りは低めで余り気にはなりません。

下部には認証規格のアイコンが並んでます。

バンドの交換も簡単にできるので、好みのバンドと替えちゃってもOKです。

umidig_ufit_04.jpg

USB経由で充電できるコネクタは、マグネットタイプでしっかりカチッとくっついてくれます。

umidig_ufit_05.jpg

たまに安いスマートウォッチだと接続しにくかったりマグネットが弱かったり、ずれちゃったりしますが、UMIDIGI UFitはそんなことは無いですね。

umidig_ufit_06.jpg

各種メニュー。

スマホとペアリングする前は英語表記だったんですが、ペアリングしたら日本語表記になりました。

ペアリング端末の設定言語に併せて自動で言語選択してくれるようです。

umidig_ufit_07.jpg

スポーツモードも定番メニューを中心に9モード備えています。

umidig_ufit_08.jpg

明るさは3段階で調整できます。

省エネのために低レベルにしても良いかな?と思いましたが、中レベルが一番見やすいように感じられました。

umidig_ufit_09.jpg

ほぼ同じ形状のスマートウォッチを日常的に使用していたこともあり、違和感無し。

重量も39g程度ということで非常に軽く、邪魔になるシーンはほぼ無いです。

umidig_ufit_10.jpg

画面は4パターン内蔵されていました。パッと時間を確認したい人なので大きく数字で示されるモードが好みです。

アナログ時計のようなモードも備えています。

umidig_ufit_11.png

アプリについてもしっかり日本語対応しています。

同期もサクッといけますし、運動目標値を設定したりして達成度を測ることも可能。

同期頻度は週一ぐらいで良いそうです。

umidig_ufit_12.png

設定については、割と細かく設定が可能。

各種通知系も大手はほぼカバーできてるんじゃないでしょうか。

【2020最新版】 UMIDIGI UFit スマートウォッチ 腕時計 活動量計 万歩計 心拍計 スマートブレスレット 5ATM【2020最新版】 UMIDIGI UFit スマートウォッチ 腕時計 活動量計 万歩計 心拍計 スマートブレスレット 5ATM【2020最新版】 UMIDIGI UFit スマートウォッチ 腕時計 活動量計 万歩計 心拍計 スマートブレスレット 5ATM【2020最新版】 UMIDIGI UFit スマートウォッチ 腕時計 活動量計 万歩計 心拍計 スマートブレスレット 5ATM

必要な機能は揃っていますし、モノとしての質感も悪くありません。

バッテリーの持ちは、7-10日程度持つそうなので、スポーツモードをガシガシ使うとかじゃなければ充電頻度は少なくて済みそう。

不要な機能はOFFにしておけばバッテリーの持ちにも貢献できます。

元々販売されていたUMIDIGI Uwatch 3のコスパはそのままに、血圧表示およびヘルスケア連携と酸素レベル表示にも対応したモデルということでよりコスパが上がっているように感じられます。

【2020最新版】 UMIDIGI UFit スマートウォッチ 腕時計 活動量計 万歩計 心拍計 スマートブレスレット 5ATM

UMIDIG JP-UFit-black
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする