SONY MDR-DS7000のイヤーパッドを純正品の半額以下で安く交換。

ds7000_01.jpg

ヘッドフォンのイヤーパッド。

何年も使っていれば、流石にヘタってくるわけですが、交換パーツが高くて結局ヘッドフォンを買い換えることにした・・・なんていう話も良く耳にします。

安価な商品であればそれで良いんでしょうが、ヘッドフォン自体がそれなりのお値段な場合は、おとなしく大枚はたいて純正品を買うしかないんでしょうか。

代替品を上手いこと使って、安価にイヤーパッド交換をして、延命措置がとれるんじゃないか?ということで、実際に安く交換をしてみました。

SONY コードレスヘッドホン MDR-DS7000

このSONY コードレスヘッドホン MDR-DS7000を使ってるんですが、交換用のイヤーパッドがエライ高い!。

単純に純正交換品イヤーパッドを買おうとすると、左右2個で4,000円もしてしまいます。

MDR-DS7000自体、20,000円超した物なのでそういう意味では妥当な価格設定なのかもしれませんが、イヤーパッド自体はたいした素材ではなくとてもじゃないけれど、4,000円もするとは思えません。

 

ds7000_02.jpg

こんな感じに劣化してしまうんです。これが1個2,000円なんて、とてもじゃないけれど出したくない(苦笑)。

 

ds7000_03.jpg

左右ともにエライ劣化で、ぼろっぼろ。

ひび割れ越えてはがれまくりで装着すると黒いカスが耳に入り込むレベル。

 

これでは使い物にならないので、色々と適当に調べた上で代替品として使えそうな、それっぽいイヤーパッドを注文しちゃいます。

イヤーパッドの品揃えといったらSONY製交換用イヤーパッドが豊富なサウンドハウスが素晴らしい品揃えを誇ってるので、そこで適当に検索。

完全に何となくですが、MDR-Z600用のイヤーパッドが使えそうな気がした(直感)ので、ポチッとしました。

ds7000_04.jpg

若干縦長なような気がするけど、雰囲気似てる!

それにしても新品のイヤーパッドはやっぱり綺麗・・・。ぼろぼろのイヤーパッドを使い続けていたのはなんだったんだというレベル。

 

ds7000_05.jpg

4-954-041-11/4-954-041-13 という型番の商品。

これでお値段380円。左右交換なので、2つでも760円と安いのです。純正品との価格差は3,000円以上とか・・・もうこれでいいでしょ!というレベルの安さ。

 

安くて新品、最高や!!と思ってたんですが、ちょっと残念なことに落とし穴がありました

MDR-DS7000のぼろぼろイヤーパッドをめくってみると・・・・

 

ds7000_06.jpg

イヤーパッドにメッシュ部分が無い!

どうやら、MDR-DS7000のイヤーパッドはメッシュ部分が無く、ヘッドフォン本体側に内蔵されている形で搭載されているということが発覚。(調査不足がここに来て露呈)

 

交換用イヤーパッドはすでに到着してしまってたので、とりあえず交換を試みることに。

そして、MDR-DS7000はイヤーパッドを交換するにもプラスチックのカバー内部で固定しているため、分解が必須ということもここで知ったり。

そんなわけでヘッドフォンを分解です。

ds7000_07.jpg

ネジを3つ4つ外したところ。

メッシュフィルタがこのフタの部分に固定されてます。

ds7000_08.jpg

ちょっと引きで見るとこんな感じ。これ以上は内部ケーブルの長さが伸びないのでこの状態で作業することになります。ちょっと面倒くさい状況。

半田固定だったりするので、おいそれと外せる物じゃないのが難点・・・でも作業は何とかできる感じだったり。

 

そのあたりはさておき、頑張って交換しないといけないので、とにかく購入した 4-954-041-11/4-954-041-13 の不要になったメッシュ部分を切り離す作業をしなければなりません。

ds7000_09.jpg

このメッシュ・・・・いらんかったんや!!

ds7000_10.jpg

これはイヤーパッドを裏から見た図。

はさみを用いてチョキチョキすること1,2分。綺麗に切り取ることはできなかったものの、不要な部分については切り取れました。何気に縫い目がしっかりあって、綺麗に切り取ろうとすると縫い目もやっちゃいそうだったので、このぐらいで妥協。

音質に影響?いやいや、そんなたいそうな耳を持っていたら純正交換用イヤーパッド買ってます。

綺麗に交換できて、それなりにちゃんと装着できる状況で、普通に聞ければ良いのです。

 

メッシュ部分を切り取った後は、特に加工する必要もなくはめ込むことが可能でした。

若干縦長だったイヤーパッドではあったんですが、違和感はそれほど無い状況で収まりました。

ds7000_11.jpg

ぱっと見、これが非純正だとはわかりません。

装着感も上々で、純正イヤーパッドの1/5程度の価格だとは気づけないんじゃないでしょうか。

交換そのものの作業内容としては、事前の下調べが足りなかったメッシュ部分のカットが必要となりますが、純正品との作業差比はその程度なので、それで安いなら適当な代替品を選ぶよ!という方も多いのではないかと。

上の写真左側に移っているように、MDR-DS7000のヘッドフォンは2台もってまして、イヤーパッド交換も実は2台実施してますが、いずれも問題なく完了しました。

音質差はたいした耳を持ってないのでわかりませんし、装着感の違いは気になるレベルでは無く、新品のイヤーパッドになったことによる満足度が大きく上回っている感じ。

純正が高くて手を出せないでいる方は、意外と代替品でもいけちゃうよ~ということで、純正品との価格差を加味しつつ、あまりにも差があるようならばこのように代替品交換にチャレンジしてみることをオススメします。

※追記:コメントで情報いただきましたが、分解は必須じゃないようです。メッシュ無しイヤーパッドを購入したりすれば、5分程度で交換が可能とのこと。「イヤーパッドを交換したい場合はどうしたらいいですか?」などを参考にしてみてください。

コメント(24)

匿名 返信

まさに私もこの機種を使っているんですよ。
このような記事をを書いてくださるとは感涙モノです。

Ryo 返信

お役に立てそうで良かったです。
思っていたよりも簡単に交換できたので、パッドがへたった際には是非交換してみてください。
1点、書き忘れましたが、分解時にLED(青色/赤色)のカバーがはずれて取り付けにくい点はご注意ください。

付け忘れても実働には全く影響ありませんが念のため。

匿名 返信

自分もチャレンジしたところ上手く出来ました!
この記事に感謝してます!

Ryo 返信

上手くいったようで何よりです。
復活したDS7000をお互い長く使っていきましょう(笑)

匿名 返信

自分もDS7000を持っているのですが、イヤーパッドがまさに写真のようにボロボロで耳に黒いカスが入ってww でも、純正品が高くて交換に二の足を踏んでいました。Googleで安いものはないかと検索するとRyoさんのこの記事を見つけました。写真付きで交換の方法も丁寧に解説してあって、このような記事があると大変助かります。さっそく注文して激安で買い換えることができました。ありがとうございました。

Ryo 返信

意外とニーズがあったことに驚いてたりしますw
あの黒いカスは本当に嫌ですよね。

最近は何かとランチ記事ばっかりだったりしますが、またお役に立てるような記事の作成を心がけていきます~。

M 返信

私もDS7000を長年使用していたせいでイヤーパッドがボロボロです;。;
今度イヤーパッド交換を試してみます。情報有難うございます。

Ryo 返信

是非試してみてください。安価に快適環境が上手いこといくと手に入ります~。

匿名 返信

私も7000がボロボロで困っていた所、あなたの記事を見つけ早速入手しました。
交換したら左右とも見違えるくらい綺麗になりました 有難うございます。

…メッシュは切り取らず、そのままセットしたのですが まずいでしょうか?
 バッテリーが弱い気がするのですが 判別法はあるのでしょうか?

Ryo 返信

メッシュを切り取らずにセットしてもさほど影響は無いと思います。多少音はこもる感じになるかと思いますが、実用上気にならなければ大丈夫じゃないでしょうか。

バッテリーについてはどうしても使用していく内に使用可能時間が短くなっていってしまいます。

判別方法は、フル充電してどれぐらい使用できるかですね。新品時のカタログスペックで約10時間なので、実働8時間として半分の4時間持たないようだと、増設用単売ワイヤレス ステレオヘッドホン MDR-RF7000の購入を検討した方が良さそうです。

バッテリー単体での販売がないのと、メーカーでの交換を依頼するとなると10,000円程度かかってしまう事が懸念される(バッテリー自体は2~3,000円、技術料で5,250円程度とられてしまう)のが痛いですね。

匿名 返信

ちょうど同じ状態で困っていたところ、こちらのblogにお邪魔しました。
ワイヤレスヘッドフォン自体を買い換えることまで考えていたので、本当に助かりました!
どうもありがとうございました。

Ryo 返信

お役に立ててうれしいです。
我が家では換装してから結構日時がたちましたが悪影響無く今でもバリバリ使えてますので、換装オススメです。

匿名 返信

久々にヘッドホンを使ったところ、頰に黒いカスが沢山ついてビックリ。
こちらのサイトで安価に交換できることを知り、早速注文しました。いい情報をありがとうございます!家電に疎く不器用なのできちんと取り付けられるか不安でしたが、下記サイトも参考に、分解いらず、メッシュ付けっぱなしで5分ほどで交換できました。

SONY Q&Aイヤーパッドを交換したい場合はどうしたらいいですか?
http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278025844/

Ryo 返信

分解いらずでいけるとは!ナイス情報ありがとうございます。
交換に用いたパッドの型番など、もしおわかりであれば教えていただけると嬉しいです。

匿名 返信

SONY 4-954-041-11/4-954-041-13 と 4-954-042-11/4-954-042-13 です。
ただ、私が所有するのはMDR-RF7000なのです。SONYホームページで確認したところ「MDR-DS7000のヘッドホン部と同じ仕様」とあったのですが、どうなんでしょうか。
なにはともあれ、Ryoさんには感謝です。

Ryo 返信

使われたイヤーパッドは同製品なので、メッシュが二重になっちゃう都合上、若干音がこもる感じになると思いますが、さほど影響なしなのかもしれませんね。
付け替える手間と天秤にかけた場合、メッシュ部が2重になっても5分程度で変えれるならその方が良さそうです。

また、RF7000ですがMDR-DS7000のヘッドフォン部分の個別型番がRF7000なので仕様は一緒です。増設用ヘッドフォンとして購入する場合にRF7000という型番となります。

匿名 返信

自分も同じ機種を使用しており、気がつけばボロボロになっていて、今回こちらの内容を見てすごく参考になりました。早速購入させて頂きました。

Ryo 返信

イヤーパッドについては適当に見繕ったものなので、ほかにもよさげなブツがあるかもしれませんが、正常交換できたという「実績」を考慮するとお勧めできます。

それにしてもDS7000ってすごい人気モデルだったんですね。ユーザの多さと記事についての反応の良さにちょっとびっくりしています。

Taka 返信

素晴らしい記事をありがとうございます。
早速760円で購入して交換しました。この値段であれば全然問題無いですね!

チャウちゃうすけ 返信

愛着のあるMDR-DS7000が低価格で蘇りました!
Ryoさんに感謝です。
ありがとうございます。

Ryo 返信

安価でのDS7000復活おめでとうございます!
また数年使えますねw

Ryo 返信

お褒めの言葉ありがとうございます。
記事を書いた甲斐があるってもんです。1,000円足らずでの復活となれば、ちょっと劣化したらサクッと変えちゃおうかな~という気分にもなりますよね。

あれぇぇ 返信

私も7000がボロボロになったので、こちらで
4-954-042-11/4-954-042-13 
を確認したところ、なんと950円になってました(>_<)
しかも「値下げしました」と書いてあります。

先月まで、1個380円だったのですか?

Ryo 返信

確かに950円になっちゃってます・・・。
先日、コメントをいただいた時点では380円(1個)だったので、急激な値上がりですね。

コメントする