1,000円前後と安価に入手できる「SoftBank Air ターミナル」を使って64台接続可能な無線アクセスポイントを実現

softbank_air_01.jpg

4,5年ほど使用している無線LANルータの調子が微妙で、ぼちぼち買い換えかな・・・なんて思っていたんですが、皆様の環境は良好でしょうか。

最近話題のIEEE802.11ax対応ルータはまだ出始め感があって手を出しにくかったり、次々と出てくるax対応品を見ていると、少し様子見をしたくなってくる状況&そもそもax対応のデバイスを持っていないじゃないか!という環境もあって、無線LAN環境については延命措置を取りたいなーと思っていたところ、知り合いに「SoftBank Air ターミナル」がいいゾ!というアドバイスを貰いました。

何が良いかというと、簡単にまとめると

  1. 安く買える(500円~1,500円程度)
  2. ハードウェアは高スペック水準
  3. IEEE802.11ac対応(ターミナル2 以降866Mbps、ターミナル4は1.3Gbps対応)
  4. WiFiクライアント最大接続数64台と、アクセスポイントとして割と優秀

というところ。

「安く買える」という点については、SoftBank Air ターミナル自体のあり方というか・・・いわゆるLTE回線を用いたWi-Fiルータで、「工事がいらない、おうちのWI-Fi」という感じのサービス提供とセットでレンタルされるWi-Fiルータになっています。

で、契約満了だったり途中解約(違約金は発生)なりで、契約が終わると本来であればレンタル品なので返却されるはずなんですが、買い切りで契約された方が多いのか、はたまたレンタル品ということを忘れて返却せずに各種フリマアプリに流してしまう方が多いのか、一定数の流通が中古市場などであったりします。

本来的にはWI-Fiルータなんですが、あくまでSofBankのLTE回線契約ありきなルータなので、このAirターミナルだけ家に存在しても単なる置物となってしまい、無用の長物扱いがなされた結果として捨て値で買い取りされていたりフリマに流されていたりするのかなと。Amazon.co.jpとかにも中古品がチラホラ流れてますね。

ただ、このSoftbank Air ターミナルは、ハードウェア的にはHUAWEIのフラッグシップ機だったりするなど、中身は立派なWi-Fiルータなのです。

購入の場合、月額1,650円(×36回払い)とかで売られてたりするので、60,000円近いお値段なブツだったりします。

海外でも普通に販売されているものを購入する場合は50,000円程度する感じなので、スペック的には良いものを持ってたりします。LTE通信モジュール内蔵ルータとして考えた場合は、妥当な金額感です。一般向けではないですが。

ただ、ソフトウェアについては、Softbank Air仕様となっていて、一般的なルータなどとは異なり、ほとんど設定する項目がない(できない)ようにされているため、Softbank Airのサービス契約がないと「一見」無用の長物という形になってます。

そんなSoftbank Airですが、余計な設定をなくすような一手間を加えるだけで、立派な無線LAN AP(アクセスポイント)として使えるというのが今回の主題となります。なお、無線LANアクセスポイント ≠ 無線LANルータ ですので、お間違えのないように。

端的に言えば、ルータとしてのルーティング機能が無い(使えない)ので、無線接続する端末にIPを割り当てられる(DHCPサーバ)機能がある別のルータ配下に設置してあげることでアクセスポイントとして使えるようになるという話です。

そんなわけで、前置きが長くなりましたが、1,000円ちょいで入手した SoftBank Air ターミナル 3 をサクッとアクセスポイントとして使えるようにしましたので、簡単にご紹介。

SoftBank Air ターミナル設定画面

softbank_air_02.png

購入したSoftbank Air ターミナル 3 は、底面に管理画面へアクセスするためのIPだったりユーザ名だったりパスワードなんかが書かれてます。

デフォルトでゲートウェイとして割り当てられているIPアドレスは、172.16.255.254。

ID/PASSは、user / user と、まぁアレな感じです。

アクセスポイントとして使用する際は、上位に設置するルータ(DHCPサーバ)から新たにIPが割り当てられるはずなので、当該IPにはアクセスしなくなるので余り気にしなくても良いかなとは思います。

アクセス制御をちゃんとしておけば、無線LAN乗っ取り的な感じで接続されることもないでしょう。ID/PASS自体は変えておいた方が無難ですが。

とりあえず、設定メニューからネットワークの設定へと移ります。

唯一に近い設定箇所であるIPアドレス/DHCPサーバの設定

softbank_air_03.png

初期設定はこんな感じ。

このSoftbank Air ターミナル自体がDHCPサーバとしての機能を持っていて、デフォルトでは192.168.3.1のIPとして動作。

接続する端末に、192.168.3.2 - 254の範囲でIPを割り当てるようになってます。

これは、LTE回線があった場合にWi-Fiルータとして接続される端末を特に意識すること無くネットへつなぐためにある機能だと思ってもらえれば。

ただ、LTE回線が無い場合については、IPをDHCP機能で割り当てたところで上位に設置しているルータがSoftbank Air ターミナルが割り当ててしまうIPを把握できず、インターネットへつなぐことが出来ない状況が生まれてしまい兼ねない状況が生まれます。

そこで、このDHCPサーバ機能を実質的に機能しないようにしてあげる必要があります。

DHCPサーバOFF!とかいう設定があれば一発なんですが、残念ながらそんな機能すら備えていないのです・・・。

softbank_air_04.png

そこで、DHCPサーバとして割り当てられる範囲のIPを、Softbank Air ターミナル自身のIPと同一にしてしまえば、割り当てるIPが無くなってしまい、DHCPサーバとしては機能できなくなるという寸法です。

本体IPと被らせるとIP衝突が発生して通信に不具合が出がちなんですが、ここでいう本体IPについてはあくまでもLTE回線を利用している場合に用いられるIPとなるため、LTE回線を用いないアクセスポイントとして使う分にはこのIP自体存在が不要という形に。

作業はこれだけで完了です。

あとは、設定を保存して再起動してあげて120秒ほど待てば完了。至って簡単です。

softbank_air_05.jpg

設定を終えたSoftbank Air ターミナル 3。

softbank_air_06.jpg

ステータスランプでLTEが圏外を示す赤色点灯しています。

softbank_air_07.jpg

フリマアプリで購入したときに(本来であればレンタルなので返却が必要な)SIMカードが残っていたことで、LTEが圏外と認識している模様。

なお、SIMカードを抜いた状態だと、LTEのステータスランプは点灯しませんので、邪魔だなーと思ったらSIMカードを抜けばOKという感じ。

ちなみに・・・Softbank回線のSIMカードを挿したら、LTEルータとして使えるんじゃないの?

と、思ったりされるかもしれませんが、Softbank Airというサービスは少々特殊で、通常のLTEバンド(世でいうプラチナバンドとか)には対応していなかったりするので、正直その手の用途として使うことができません。

仕様としては以下の通りです。

4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)

帯域以外にもなんか、サービス上の縛りがあるっぽいです。中にはHackするぜ!ということで、HUAWEIのファームウェアから色々アレコレして書き換えて使えるようにした!みたいなものを海外フォーラムとかで見かけますが、そこまでの気力は無く。。。

softbank_air_08.jpg

ということで、シンプルにルータ配下にセットしまして、有線LANケーブルを接続し、無事にアクセスポイントとして機能しています。

仕様上はWi-Fiクライアント数が64台までいけるということで、既存の無線LANルータが推奨10台ぐらいだったことを考えると、話半分でも30台程度つなぐことが出来る環境が、なんと1,000円ちょいで実現できてしまいました。

しかも2.4GHz帯、5GHz帯、両対応。

掘り出し物でした。

softbank_air_09.jpg

本体カラーが真っ白なので、白い部屋に合いそうです。

我が家ではナチュラルテイストな白地木目調の棚の上に暫定で設置してます。

電波の飛び具合は良好で、動作も安定。

とりあえず15台ぐらい端末をぶら下げて動かしてますが、全くもって問題ありません。

本体発熱は左側がほんのり暖かいかな?というぐらいで夏場でも問題なさそうです。話題になった後も、普通に安価に購入できる状況なので、ササッとお手軽無線LANアクセスポイントをゲットしてみてはいかがでしょうか。

コメント(1)

およねこ 返信

こんにちは。
いつも拝見させていただいています。

私もこちらの端末を入手して
無線アクセスポイント化しました。
安値世界一さんと同じ手順で設定下あとは、この端末の詳細設定へは、どこからアクセスすればよいのでしょうか?

当然メインのルーターから新しいIPが振られてしまいますからデフォルトゲートウェイではとおりませんよね。

コメントする