十分な広さと通気性が確保された「Soarmax ワンタッチテント 3-5人用」が設営・収納が楽で便利

soarmax_tent_01.jpg

Soarmax ワンタッチテント 3-5人用です。

いわゆる「サンシェードテント」というヤツになります。

3-5人で使えると謳っているモデルで、大人3人が寝転べるぐらいのスペースを作り出してくれます。

荷物を置いておいたり、日陰を作り出して休憩スペースとしたり、使い方は色々。

梅雨入りしたこともあり、実際に使うシーンはもうちょっと先になるんですが、防水性能も備えているということで近々役立ってくれそうです。

ザックリとした機能面の説明としては、UVカット&防水の素材を採用するし、2窓2門で通気性も考慮。窓はそれぞれメッシュ&スクリーンの2重になっていて、環境・状況に応じて使い分けを行うことが出来ます。

天面部分も同様にメッシュで通気性が考慮されているのと、必要に応じて後付けすることが出来る防水カバーも付属してきます。

そして何より設営と収納が超簡単!というところが最大の魅力かなと。

そんなSoarmax製のワンタッチテントをちょっとご紹介。

Soarmax ワンタッチテント 3-5人用の開封~設置まで

soarmax_tent_02.jpg

まずは開封!

ということで、ビニールカバーを取り外すと手持ち用の紐がお目見え。

もちろん、片手で持って歩けるだけの重量なのですが、持ち運び時に背負って運べるように考慮されています。

soarmax_tent_03.jpg

収納袋のファスナーを開けるとテントがちら見え。

soarmax_tent_04.jpg

初回取り出し時はバンドでなんか止められてました。

収納時にこのバンド部を意識しておかないと、バンドが見当たらなくなります・・・収納下手なので、私はよく見逃します。

まぁ、収納自体に影響はさほど無いんですが。

soarmax_tent_05.jpg

付属品は、簡易説明書と固定用のペグ×8本、張り網といった感じ。

soarmax_tent_06.jpg

設置方法はこんな感じ。

バックから取り出して、テントが開くので連結部分を取り外してひっくり返したらあとは形を整えるだけ。

至って簡単です。

説明書記載の「設置と収納方法」の動画リンクがありますが、2015年の動画であり、商品もちょっと古いモデルでの紹介動画みたいです。

あと少し、音楽が悲しめなのが気になりました。まぁ、使い方自体はほぼ同様なので、参考にしてもらえれば。

soarmax_tent_08.jpg

さておき設置です。

ばっと広げて見ると、写真のように固定された連結部分が出てくるので、連結を解除してあげます。

soarmax_tent_09.jpg

連結を解除したら、あとはひっくり返すだけで設置は完了です。

シワが寄ってますが、リアルな感じで良いんじゃないでしょうか。収納袋から出してすぐはこんなもんです。

なお、ドライヤーとかを軽く当ててあげるとシワは解消されます。

soarmax_tent_10.jpg

奥側にも出入り口として機能することが出来る窓があります。

soarmax_tent_11.jpg

内部空間は結構広いです。

2m × 2mで高さが120cmといったところ。

ウチの小型犬(ダックス)が遊び回れるレベルのサイズです。

soarmax_tent_12.jpg

写真だとわかりにくいですが、メッシュ素材と通常カバーとの2重構造となっています。

虫の侵入は防ぎたいけど通気性は確保したい!というときにメッシュカバーを使うという感じです。

soarmax_tent_13.jpg

メッシュカバーのみとするとこのような見え方になります。

うっすら中が見える程度ですね。

目隠し的に使っても良さそう。

なお、ファスナーは外側、内側どちらからでも開け閉めできるダブルファスナーとなっています。

Soarmax ワンタッチテントの天井部分

soarmax_tent_14.jpg

天井部分も通気性を確保するために、メッシュ素材を採用しています。

そして、フックが備わっているので、軽めなもの(1kgはイケるのかな?)であれば設置することができます。

soarmax_tent_15.jpg

手持ちのLEDランタン的に使えるライトを取り付けてみました。

キャンプのお供として、こういう構成で役立ってくれそうです。

soarmax_tent_16.jpg

メッシュ素材であるため、雨が降ったりするとメッシュ部分から雨が侵入してきてしまうので、対処が必要なわけですが、しっかり天窓カバーも付属してきます。

取り付けも4箇所フックを引っかけてあげるだけなので、ものの30秒程度あれば設置が行えちゃいます。

soarmax_tent_17.jpg

ペグとかを含め、小物は内部にあるポケット(写真の青いところ)に仕舞っておけるのは地味に便利です。

Soarmax ワンタッチテント 3-5人用を収納

soarmax_tent_07.jpg

あとはやはり後片付け。

コツがあるのか、割とたたむのが苦手だったりするんですが、説明書があるのと設置時に用いた連結部分がうまいこと固定力として機能してくれるので、すんなり収納することが出来ました。

2,3人用のワンタッチテントだと失敗が多かったんですが、大きい方が仕舞いやすいんでしょうか。

soarmax_tent_18.jpg

設置時と一緒で、テントをひっくり返した状態で連結部分をカチッと連結させたら、縦長の楕円になるんですが、あとは真ん中あたりを絞って8の字型にくるっと反転させながらまとめてあげると綺麗に丸く収まってくれます。

写真の状態(連結をした状態)で広がらずにキープ出来るため、扱いが楽なのかもしれません。

soarmax_tent_19.jpg

天井カバーやペグ、はみ出たテント部分などを綺麗に入れてあげれば収納完了。

ちょっとポッコリしている感があるのはご愛敬でしょうか。

ひとつ、あるとすれば、出入り口兼通風口の部分のファスナーを閉めた状態で収納しようとすると空気が抜けずに仕舞いにくい状態となるので、1/3程度空けておいた方が仕舞いやすいです。

Soarmax ワンタッチテント総括

まず、設置および収納は非常に簡単で文句なし。

お値段も3,000円割れなので、手を出しやすいです。

素材品質はお値段なりで、縫製周りで若干怪しい部分があるため、品質については過度な期待をしなければ良いんじゃないかと。

ライトな使い方(子供と一緒に大きめの公園に遊びに行くのに使う、BBQの荷物置き場などで使う)とかであれば問題ないです。

重量も軽く、女性でも可搬しやすい印象。可搬性だけなら、同社製のSoarmax棒状収納モデル のほうが優れてますが、設置および収納は丸形モデルの方がしやすい(そして広さも丸形の方が広い)です。

これと、簡易エアーマット的なものがあればサクッとキャンプしにいってもいいかな~というぐらい。大人2人が余裕を持って寝られるぐらい広さがあり、3人でもまぁ寝られるレベル。

そんなわけで、広さ重視の方にオススメなワンタッチテントです。

SoarmaxSoarmax ワンタッチテント 3-5人用 防水防風幅広い用途 グレー+グリーン XK-GYGN Soarmax ワンタッチテント 3-5人用 防水防風 設営簡単 グレー+グリーン XK-G 5人

Soarmax ワンタッチテント 3-5人用

コメントする