2022年5月28日

最大33W対応でサッと持ち出してすぐに使える「NANAMI BP-UN330U1C-JP01」は窒化ガリウム採用小型USB PD充電器

s-acpd_01.jpg

USB PD充電器、NANAMI BP-UN330U1C-JP01です。

コロナ規制の段階的な緩和や気温の上昇もあって、外出の機会も増えてきた今日この頃ですが、外に出始めると必携アイテムと言えるのが充電器やモバイルバッテリーなどの「電源」です。

充電器を持ち歩くとなると、小型であるに越したことはありませんが、「ひとまず大は小を兼ねるだろう」という発想でやみくもに対応W数の大きなものや、対応端子の種類が多いものをチョイスすると、必然的に充電器は「大きく・重く・高い」ものになってしまいます。また、外出先ではなるべく急速充電できる方が良い、ということを考慮すると、互換性がない電源を選ぶことは非効率的。

そのため、充電器は自分の手持ちの機器から考えて最適なものを選ぶことが重要になってくるでしょう。

手持ちの機器の端子の形状はそれぞれどのようなものか、Quick Charge対応か、USB PD対応か、またその対応バージョンは何か、などといった点を総合的に考慮していくことになります。

そこで、今回はUSB TYPE-C系の機器が中心のユーザに最適な、小型サイズながら、最大でMacBook Airの充電器としても使えるUSB PD充電器をご紹介。

2022年3月28日

セキュリティにも配慮しつつ調光可能なリングライト搭載の「eMeet C970L」はビジネス&ライブ配信向けフルHD Webカメラ

s-webcam_01.jpg

eMeet technology C970Lです。

新型コロナウイルスの蔓延と共に社会にテレワークが浸透して久しいですが、当初は皆「短期間の一時しのぎだろうし我慢しよう」と思ってやっていたWeb会議が、もはや社内会議、社外との鍵問わず事実上の標準となり、徐々に物足りない部分をなんとかしたいと思っている方も多いでしょう。

例えば、Microsoft社のTeamsなどは5年前のリリース当初とは比較にならないほど機能が追加され、飛躍的な進化を遂げてきていますが、反面パソコンのスペックが十分でないとその機能を生かし切ることができません。

そんな背景から、ノートパソコンからデスクトップPCに移行したり、ノートパソコンを利用している人でも外付けの大画面モニタを使ったりしている人も多いと思いますが、そうなると意外とネックになるのがWebカメラです。

ノートパソコンには当たり前のように昔から小型のカメラがついていますが、デスクトップPCにはほとんどの場合標準ではついていません。

また、ノートパソコンの外付けモニタを利用している場合、ノートパソコンの画面脇に内蔵されているカメラは取り外しができないため、外付けのモニタ側に会議を投影すると、そっぽを向いて話しているような恰好になったりします。

またその他にも、オンライン会議ならではのセキュリティリスクも考慮から外せません。

自分の背後の関係のない情報が写ってしまったり、同じ部屋にいるほかの人の会話をマイクが拾ってしまったり、などということは避けなければなりません。ウイルスに感染して、いつの間にかカメラで盗撮・盗聴されてしまっていた、というようなケースも可能な限り回避すべきです。そんな様々な新しいビジネス環境の悩みにもぴったりなWebカメラをご紹介します。

2021年12月28日

135度のリクライニングとオットマンでゆったり寛げる「Gbasics ゲーミングチェア」は実用性重視の高コスパ商品

s-pcchair_01.png

Gbasics ゲーミングチェア GP-888です。

テレワークで長時間パソコンの前に座っていることも多い今日この頃。

なるべく快適に過ごせる椅子が良いとは思うものの、疲れにくい椅子を、と考えて選ぶと値段もかなり高くなるため、いつ突然終わるかもしれないテレワークを思えば、なかなか購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

そんな状況をまるで読んだかのように、長時間座っていても疲れにくく、さらにリクライニングとオットマンで「ちょっとした休憩時間」も快適に過ごせる機能を搭載しながら、1万円台で購入できてしまうという、ハイコスパなゲーミングチェアをご紹介します。

本製品の特長は以下の通り。

  • 135度まで角度調整可能で寛ぐことができるリクライニング

  • リクライニング操作と連動して可動し、ふっくら素材で快適なアームレスト

  • 最大150kgの耐荷重を誇る頑丈な構造

  • 高級感のあるPUレザー素材の座面

  • 欲しい時にサッと取り出して利用できる収納式のオットマン

尖った特徴があるわけではないけれど、1万円台半ば(安いときにはさらにグッと値下げ)で販売されているコスパ重視モデルということもあり、トレンドとなる機能を搭載し、そつなく使える商品となっています。

2021年7月31日

長年愛用している「ELECOM COMFY MP-095BK」を8年ぶりに買い換え

  • 投稿日:
  • Category:

elecom_mp-095_01.jpg

ELECOM COMFY MP-095BKです。

最近、マウスの挙動がちょっと微妙になってきて、マウスソールも微妙になってきたこともあってボチボチ買い換えかなーとか思ってたんですが、よくよく手元を見てみたら、マウスパッドが結構なへたれ具合で、まずはこっちを変えなきゃダメだ!という感じに。

2013年に「おっぱいマウスパッド感も味わえる「ELECOM COMFY MP-095」を5年ぐらい使ったので買い換え」で簡単にレビュー記事を書いてました。

なんと、都合8年ぶりの買い換えと相成りました。

700円程度で購入可能なので、本来は3年ごとぐらいに買い換えるぐらいでいいんでしょうけども、8年も持ってくれるなんて・・・。ちなみに前回は5年使って買い換えてました。

自宅で仕事をする時間がかなり増えているので、今後は買い換えペースが速くなりそうな気はします。

2021年1月21日

ThinkCentre Tiny Gen2用バーティカルスタンド「Lenovo 4XF1A40559 (2020年モデル)」で安定して縦置き

lenovo_thinkcentre_tiny_virtical_4xf1a40559_01.jpg

Lenovo ThinkCentre Tiny用バーティカルスタンド(2020年モデル) 4XF1A40559です。

なんてことの無い、スタンドパーツなんですがご紹介。

本来であれば、Lenovo ThinkCentre M75q-2 Tiny Ryzen 7 PRO 4750GE搭載を紹介したレビュー記事「ハイパフォーマンスで超コンパクトな「Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2」Ryzen 7 PRO 4750GE搭載モデルがイイぞ」の中で紹介すべきアイテム。

レビュー記事の中で触れているんですが、PC本体を購入するときに最適解であるこのスタンドではなく、前モデル向けとなるThinkCentre Tiny バーティカル スタンド 3をオーダーしてしまった結果、中途半端(一応縦置きスタンド出来るけど不安定)な結果となってしまったので、オーダーし直しまして2週間ほど経過して到着したというブツになります。

下手に安く見えたからと阿呆カスタムした結果として、回り道と余計な出費をしてしまったわけですが、最終的に非常に良い収まり具合となりましたのでご紹介。

2020年6月10日

MacBookに適した「Omnpak 13.3インチ PCインナーバッグ」は手触り良好なスリムケース

omnpak_innercase_01.jpg

Omnpak 13.3インチ PCインナーバッグです。

柔軟なPUレザーを使用した薄型ノートパソコンケースになります。

スリムかつスタイリッシュな筐体を採用したノートパソコンが全盛な感じがある昨今において、最たる例といえるMacBookに適したデザイン&サイズとなっています。

今回試したのは13.3インチモデル用のインナーバッグ。

だがしかし、実は本商品を使おうと思っているのは14インチのVAIOノートパソコンだったりします。

フットプリントがほぼ13.3インチということで「イケるのでは?」という淡い期待を抱きつつ使ってみました。

2020年3月 4日

アンチグレアフィルム「Nakabayashi Digio2 反射防止保護フィルム SF-FLH156W」でモバイルディスプレイをノングレア液晶化

  • 投稿日:
  • Category:

nakabayashi_sf-flh156w_01.jpg

Nakabayashi Digio2 15.6インチ液晶ディスプレイ用 高精細 反射防止保護フィルム SF-FLH156Wです。

先日購入し、サクッと「スタンド機能が素晴らしい「Cocopar 15.6インチモバイルディスプレイ WC-156L」がIPSパネル採用&標準HDMI入力&ハブ機能搭載で強い」でレビューした光沢液晶パネル採用のモバイルディスプレイ Cocopar WC-156L を非光沢化してPC接続作業等で使いやすくしよう!ということで、反射防止な保護フィルムの導入です。

お値段は2,000円弱。

モバイルディスプレイが20,000円程度であることを考えると、10%程度の価格ということで決して安くはないんですが、1,000円を割り込む感じのアンチグレアフィルムで過去に失敗を何度かしているので、ちょいと保険的な意味合いも込みで信頼できるメーカの国内生産かつ割と新しめな商品をチョイスして投資。

結論から言うと大正解!ということで、ぴっちりバッチリスッキリできる結果となりました。

2019年8月12日

むき出しマザーボード利用のお供に「monofive MF-SP8N12-SPAD」が便利

  • 投稿日:
  • Category:

monofive_mf-sp8n12-spad_02.jpg

monofive マザーボード用スペーサー 12個入り MF-SP8N12-SPADです。

最近、PCを組み替えまして、もともと使用していたものをしばらくサブ機として使用することを決めたのはいいんですが、収めるケースがない状態での使用となっていたのでどうしたもんかなと・・。

ProjectM Mini-ITX対応検証台 Mini-itxのまな板 PM-MINIITX-STD-Bとかがあれば購入したんですが、すでに販売終了な感じになっているので、面倒くさくなってむき出しで使用することに決めた次第。

となると、基盤がまんま机の上に接地した状態で使用するのは精神衛生上よろしくないな!ということで、スペーサー兼すべり止めとして本商品を投入してみました。

2019年6月23日

収納部が多い「Momon Switch用収納キャリングケース」が一式スポッと収まりが良くそして安い

momen_switchcase_01.jpg

Momon Switch用収納キャリングケースです。

一見普通のバッグにしか見えないんですが、中を開けるとあら不思議。

ものの見事にSwitchに最適化されたケースがそこにはありました。

2019年6月 3日

4in1 USB type-C ケーブル 「Lecone L4IN1CA-B」が1本あれば大体OKな感じ

lecone_l4in1ca-b_01.jpg

Lecone 4in1 USB type-C ケーブル  L4IN1CA-Bです。

ちょっと説明がわかりにくいかもしれませんが、TypeC ⇔ TypeA、TypeC ⇔ Micro B、MicroB ⇔ TypeA、TypeC ⇔ TypeCという4つの組み合わせが可能な商品です。

USB Type-Cコネクタ対応のデバイスは増えてきてはいるものの、正直まだまだ過渡期かな・・・という印象があり、MicroUSBコネクタデバイスの豊富さもカバーしておかなければならないシーンはだいぶ続きそうな印象。

となれば、諸々カバーできるケーブルがあれば便利じゃん?ということで、この4in1ケーブルが活躍してくれるということです。