2019年10月21日

2.5インチストレージ7mm/9.5mm厚両対応なUSB3.1対応エンクロージャ「ORICO 2139C3-G2」が透明ケースで使い勝手良し

orico_type-c_enclosure_01.jpg

ORICO 2.5インチ USB-C HDD ケース USB3.1対応 2139C3-G2です。

見るからに透明な外付け対応ケースとなります。

10Gbpsと記載のあるとおり、USB3.1およびUSB Type-C接続に対応しているあたりがポイント。

基本的にこの手の外付けエンクロージャは手軽さが重要視されると考えているんですが、中身が見えて接続も容易、そして読み書きの速度が実用性を備えているかというあたりが購入ポイントとなるのかなと。

その点、このORICO 2139C3-G2は、中身が丸見えで何を使っているか確認しやすく、重量も軽い、読み書きも最新チップ採用で高速と文句なしな印象です。

速度については、10Gbps対応していてもストレージ側がSATA3(理論値6Gbps/実行速度600MB/s程度)なのでボトルネックになるんですけどね。

今回は、外観中心にレビューをしていきます。

2019年8月30日

USB3.0 4ポートハブ「ORICO MH4PU-P-SV-JP」がディスプレイに縦横自在に装着可能

orico_mh4pu-p-sv_01.jpg

ORICO USB3.0 4ポートハブ MH4PU-P-SV-JPです。

一見よくわかりにくい形状ではありますが、ディスプレイに取り付けることが可能な便利グッズになります。

PCとの距離が離れている環境だと、手元にUSBポートがほしくてもなかなか・・・かといって延長ケーブルを用いたりしてもハブの置き場に困ったりするシーンも少なくないのかなと。

そんな環境で活躍が期待され、手を伸ばしやすいディスプレイにUSBハブをつけてしまおう!という商品です。

2019年8月26日

アルミ合金採用USB-C NVMe M.2 SSDケース 「ORICO PCM2-GY」が2230/2242/2260/2280対応で良い

orico_pcm2-gy_01.jpg

ORICO USB-C NVME M.2 SSDケース PCM2-GYです。

高品質のアルミ合金採用、堅固で耐圧だと謳い、放熱性も優れる模様。

内部に熱伝導ゴムがあり、製品の異常な発熱が発生することを防止してくれると謳う商品です。

ハードディスクから、SSDにすっかり移り変わったな~という状況下ですが、さらに今幅をきかせているのはNVMeストレージ!ということで、ポータブルに耐衝撃性を備えつつ、めちゃくちゃ軽くストレージを持ち運ぶ手段としてデスクトップPCやノートパソコンで主流のNVMe SSDをさらっと持ち運ぶことが可能なエンクロージャをちょいと見ていきます。

2018年5月13日

USB3.0対応外付けDVDスーパーマルチドライブ「InThoor CB31005」がケーブル内蔵で持ち運び容易

inthoor_usb30drive_01.jpg

USB3.0対応外付けDVDスーパーマルチドライブ InThoor CB31005です。

使用率がめっちゃ下がっている感否めない光学ドライブですが、使用率だけじゃなくてお値段もめっちゃくそ下がってる今日この頃。

2,000円台でフツーに購入できちゃう感じなので、とりあえず1台持っておかないと!というときに持っておくことが可能なぐらいサクッと買えちゃう感じのお値段設定。

それでいて、実用上は普通に使えてWindoowsもMacも当然対応ということで、表面デザインがちょいと特徴的だったんでそのあたりをチェックしてみます。

2018年1月25日

8in1で使えるUSB -C Hub「dodocool DC46」がメモリーカードリーダライタ搭載でさらに便利に

dodocool_8in1_typec-hub_01.jpg

dodocool 8-in-1 Multifunction USB-C Hubです。

PD USB-C充電ポート×1、4K高精細映像出力インタフェース×1、ギガビットイーサネットインターフェイス、 USB 3.0ポート×3、メモリーカードリーダライタ(SD/MicroSD)からなる多機能USB-Cハブとなります。

メモリーカードリーダライタではなく、D-Sub15ピンを用いた形のdodocool 7-in-1 Multifunction USB-C Hubも販売されていますが、最近はHDMIを備えた液晶ディスプレイだったりプロジェクターだったりの方が多くなってきているため、利用頻度を考えるとメモリーカードリーダライタの方が必要となるシーンが多いこともあって、これから買うならメモリーカードリーダライタを備えたモデルかなというところ。

もちろん、用途は人それぞれなのでお好みのモデルでどうぞというところにはなります。

そんなわけで、形状は7in1とほぼ同等で8in1となったマルチに使えるUSB Type-C対応ハブを見ていきます。

2017年9月 3日

スマホ/タブレットスタンドにもなる「UGREEN USB3.0ハブ3ポート搭載マルチカードリーダ」がPCのお供に良さそう

ugreen_usb3hub_01.jpg

UGREEN USB3.0ハブ3ポート搭載マルチカードリーダです。

各種メモリーカードリーダライタ機能を備えつつ、USB3.0ハブとしてもしっかり3ポート、そしてスマホやタブレットのスタンドにもなれてしまうという3in1的な商品になっています。

ホットスワップをサポートしていて、ドライバインストールが不要ですぐに使用することが出来るので、PCのお供として用いやすい感じになってます。

2017年8月13日

「Longtop USB3.0 to VGA変換アダプタ」でお手軽フルHD出力環境

longtop_usb3.0_to_vga_01.jpg

Longtop USB3.0 to VGA変換アダプタです。

USB3.0インターフェースを備えるWindows PCで、使用することが出来るUSB to D-Sub15ピンアダプタとなり、出力解像度は1,920×1,080(60hHz)のフルHDまで出力可能です。

一応、USB2.0でも動作はするようですが、その場合は800×600と低めの解像度になっちゃいます。

まぁ、伝送速度が足りないのでそんなもんですね。

ということで、USB3.0接続での利用を推奨するLongtop USB3.0 to VGA変換アダプタをちょいとご紹介。

2016年9月26日

SATA-USB3.0変換アダプタ「Inateck UA1003」で外付けケースいらず

inateck_UA1003_01.jpg

Inateck SATA-USB 3.0 変換アダプタ UA1003です。

必要最低限のパーツで構成された変換アダプタで、これひとつあればSATAインターフェースなストレージを接続して使用することが可能になる優れもの。

供給電力(USB3.0なので900mA)の都合上、2.5インチハードディスクがいけるな・・という状況ですが、SSDであれば問題なくいけるんじゃないかと期待されます。

そんなInateck HB4012をちょっと見ていきます。

薄型軽量USB3.0対応4ポートハブ「Inateck HB4012」がモバイルPCのお供に最適

inateck_hb4012_01.jpg

Inateck HB4012です。

モバイル端末のお供として持ち運ぶにはいくつかの要素が必要となるかなという感じですが、このHB4012はそのうちの「薄さ」「軽さ」という必須事項に加えて、4ポートという十分なポート数、そしてケーブルを含めた一体感(とコンパクトさ)を備えた商品に仕上がっています。

特にケーブルが非常に柔らかで、太さもちょうど良い具合になっていること、そしてUSB端子部のコネクタ手持ち部分の質感も上々ということで、コンパクトタイプの4ポート備えたUSB3.0バスパワーは部としては完成形じゃないかな?と思う次第。