2020年4月28日

安価な水平多関節デュアルディスプレイアーム「KITASEN MA12-2」は角度調整が柔軟で設置が容易

kitasen_ma12-2_01.jpg

KITASEN 水平多関節デュアルディスプレイアーム MA12-2です。

写真の通り、13インチから32インチまで対応することが可能な商品です。

耐荷重は8kg。VESAマウント対応規格は75×75mm、100×100mm。大半のディスプレイでお使いいただけます。

PCモニターアーム デュアルディスプレイアーム 2画面ディスプレイスタンド 水平多関節 13-32インチ対応 耐荷重8kg KITASEN

クランプ式での設置となり、デスクの厚さは10mm-88mmの場合に利用可能となります。

または、グロメット式取り付けにも対応し、その場合はデスクの厚さは10mm-75mmの場合に対応できるとのこと。

ケーブルを綺麗にまとめて収納できるケーブルホルダーがありますので、作業スペースがきれいにスッキリした環境とすることができます。

液晶ディスプレイを回転することもでき、通常の横位置だけでなく縦位置での使用も可能です。

2020年4月24日

可動域の広いデュアルモニターアーム「Accurtek ZJ25-02」が、ガススプリング方式採用で調整自在

accurtek_zj25-02_01.jpg

土台1つに支柱が2つでディスプレイ2枚を設置することが可能なAccurtek ディスプレイスタンド ZJ25-02です。

ガススプリング方式を採用し、ぐいぐい動かすことが可能。

17~27インチの液晶ディスプレイに対応し、液晶ディスプレイモニターアームのVESA規格は75×75mm、100×100mmに対応。

耐荷重は各アームごとに2~6.5kgとなっています。

PC モニターアーム 2画面 液晶ディスプレイ アーム デュアル  ディスプレイスタンド 2アーム ガススプリング式 ガス圧式 クランプ式 17~27インチ 耐荷重2~6.5kg ZJ25-02 ACCURTEKPC モニターアーム 2画面 液晶ディスプレイ アーム デュアル  ディスプレイスタンド 2アーム ガススプリング式 ガス圧式 クランプ式 17~27インチ 耐荷重2~6.5kg ZJ25-02 ACCURTEK

ガススプリング式のモニターアームはスムーズに高さ調節ができますし、様々な角度も調整できて、自由度が高いです。

上+90°下-45°、左右±90°、回転360°に対応ということで、常に自分に最適な角度・位置に調整し、背中や首の疲れを軽減するのに役立ちます。

机の固定方式としてクランプ式を採用しました。転倒を防ぎ、耐震に効果があります。天板(10~80mm)にははさむだけで簡単に取り付けることができます。

2020年4月12日

上下昇降可動/横回転対応ディスプレイスタンド「ACCURTEK ZJ27-01U」がどっしり安定&USB3.0×2/イヤホン端子が手元で使えて便利

accurtek_zj27-01u_01.jpg

液晶ディスプレイスタンド ACCURTEK ZJ27-01Uです。

17-32インチの液晶ディスプレイに対応します。VESA規格は75×75mm、100×100mm。

耐荷重は2-8kg。ほとんどの対応サイズディスプレイで使用可能。

しっかりとディスプレイを支えてくれて、安定性が得られるほか、高さ調整可能な昇降機構や回転対応なども可能ということで、使い勝手に優れてます。

USB端子付きでデータ読み書きやスマホ等の充電にも手元で使えて便利ですし、ケーブル収納機構を備えているので配線がスッキリでき、デスク上の作業スペースを有効活用できます。

外観ベースでご紹介。

2020年3月 2日

スタンド機能が素晴らしい「Cocopar 15.6インチモバイルディスプレイ WC-156L」がIPSパネル採用&標準HDMI入力&ハブ機能搭載で強い

cocopar_wc-156l_01.jpg

Cocopar 15.6インチモバイルディスプレイ WC-156Lです。

ぱっと見は、単なるモバイルディスプレイなワケですが、ありそうでなかった「スタンド機能搭載」なモバイルディスプレイになります。

通常は、持ち運びを考慮してか、保護ケースがスタンドとして機能するように設計されている商品が多いわけですが、このCocopar WC-156Lは、15.6インチというサイズ感もあってか、持ち運びに特化するのではなく、据え置き利用を想定した置きやすさ重視なのがウリ。

「家で使う」、「部屋をかえて使う」、「時々ちょっと持ち運んだりする」という感じのユースケースにバッチリハマる商品です。

それでいて、お値段は他のモバイルディスプレイと大差ない金額でお買い求めになれちゃうというのが素敵。

2018年11月26日

折りたたみBluetoothキーボード「iClever IC-BK06Lite」がLiteなのにグレードアップした感あり

  • 投稿日:
  • Category:

iclever_ic-bk06lite_01.jpg

iClever Bluetoothキーボード IC-BK06Liteです。

キーボードと一体になったレザーカバーで、質感と保護性を兼ね備えたデザインを採用し、一見するとなんだかわからない外観になっていますが、折り畳みタイプのBluetoothキーボードとなります。

防水性だけでなく、防塵性と耐久性も兼ね備えた商品で、コンパクトサイズながらキーピッチをしっかりと確保するなど、トータルバランスに優れた商品に仕上がっている印象。

実は、過去に同社の「Liteじゃないほう」のBluetoothキーボードを所有してまして、「折りたたみV字デザインなBluetoothキーボード「iClever IC-BK06」が軽い&レザー調カバーで質感良し」でレビューをしていたりするんですが、使っていくうちに感じていた違和感が、このLiteで解消されていたりして、お値段的にも使用感的にもLiteの方が優れてるんじゃないか説が自分の中で沸々と湧いてきたわけです。

そんな、iClever IC-BK06LiteをLiteじゃないほうと比較しながらちょっと見ていきます。

2018年3月14日

丸いキーを採用した「Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboard」がイエローLEDバックライトでど派手

  • 投稿日:
  • Category:

ajazz_robocop_keyboard_01.jpg

Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboardです。

通常良くあるタイプの四角なキーではなく、丸いキーを採用したキーボードになります。

ゲーミングキーボードらしく、LEDでビカビカと光らせることも可能。

普段使いまたは、ゲームプレイ用のキーボードとしての使いやすさは丸キーが指にフィットするか否かでその使い心地は変わるかなというところ。

フラットなキーがお好みであれば、基本指先にフィットしてくれる感じがあるので、入力性能そのものはいい感じです。

2018年1月 3日

くるっと丸めて持ち運べる「Rollable BT Wireless Bluetooth Keyboard」がIntelligent Magnetic採用でON/OFF楽ちん&打ち心地良好

rollable_bt_keyboard_01.jpg

Rollable BT Wireless Bluetooth Keyboard Intelligent Magneticです。

商品名の通りで、クルクルと巻かれたRollableなワイヤレスBluetoothキーボードになります。

スリムな感じに巻かれているので、持ち運びが楽ちん。加えて大切な文字入力キー部分が内側に巻かれていることもあってある程度の耐衝撃性も備えているような印象になっています。

rollable_bt_keyboard_02.jpg

クルクルと広げていくことでキーボードがお目見えする形。

2017年11月11日

LEDバックライト装備な黒軸採用キーボード「AJAZZ AK50」が白くて光って打ち心地良し

  • 投稿日:
  • Category:

ajazz_ak50_01.jpg

AJAZZ LEDバックライト装備な黒軸採用キーボード AK50です。

前面ホワイトカラーで非常にスッキリとした外観で、汚れた心を綺麗にしてくれそうなぐらいな白さが第一印象として強く視覚に訴えてくる感じの商品になります。

いわゆるメカニカルゲーム用キーボードとなるわけですが、3,000円ちょっとというお値段の安さと、多彩なLEDバックライトによる演出が特徴的なモデルです。

2017年10月29日

曲面パネル採用27インチワイド液晶ディスプレイ「HKC C7000」が色々シンプルで没入感は上々

  • 投稿日:
  • Category:

hkc_c7000_01.jpg

曲面液晶パネルを採用した27インチワイド液晶ディスプレイHKC C7000 27 inch Curved Screenです。

27インチぐらいになってくると、視野の関係上端の方がちょっと見にくくなって、ゲームプレイ時などに影響が出てしまう感じもあるんですが、その点においてカーブパネルであれば端っこの方でも視認しやすく視野性も上々ということで、一定のニーズが生まれて人気を得ている商品です。

スペックとしては、解像度が1,920×1,080とフルHD対応。

パネルがVAです。入力インターフェースはHDMI、D-Sub15ピンと2系統。

明るさは250cd、応答速度が6ms、60Hz対応パネルといったところになります。

2017年9月18日

赤軸採用キーボード「MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101」がめっちゃ光ってど派手な演出

  • 投稿日:
  • Category:

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_01.jpg

MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101です。

パッケージをご覧になっておわかりの通りで、それはもう光って光って仕方がない感じのメカニカルキーボードになっています。

カラーリングだったりはコントロールできて、好みのモードで光らせることが出来ちゃいます。