服の下から送風可能な「OPOLAR 腰ベルトファン NF111JP」が首かけ&腰装備&手持ちで使えて便利

opolar_nf111jp_01.jpg

OPOLAR 腰ベルトファン NF111JPです。

5,000mAhと、この手のファンとしては容量多めなバッテリーを内蔵し、USB充電方式を採用たモデル。

首掛け・腰掛け2WAYで利用が可能なほか、手持ちでも使えるということで、暑い環境において身体を休めるのに役立ちます。

特に腰掛けで利用するときは、背部または腹部に送風することが可能なのが便利です。

ちょっと外観中心にご紹介。

opolar_nf111jp_02.jpg

商品使用は写真の通り。

弱動作なら13時間、強でも3時間使えます。

動作モードとしては中モードも備えていて、状況によって使い分けが可能です。

ちなみに、中モードだとちょうど間の6.5時間ほど動作するそうです。

重量は約190gということで、スマホ1台分ぐらいというところ。

opolar_nf111jp_03.jpg

付属品は2点。

充電用のMicroUSBケーブルと、首掛け利用するのに使用するストラップとなります。

opolar_nf111jp_04.jpg

OPOLAR 腰ベルトファン NF111JP本体。

思っていたよりはコンパクト。サイズは8.5cm × 9.5cm。

opolar_nf111jp_05.jpg

サイド部に充電コネクタがあります。

opolar_nf111jp_06.jpg

トップ部には、送風口と電源ボタンを装備。

opolar_nf111jp_07.jpg

ベルトやジーパンなどに装着するためのホルダー機能が背面には備わっています。

結構がっちりとしたタイプなので、装着時の安心感は得られるんじゃ内でしょうか。

opolar_nf111jp_08.jpg

ホルダーフック部を横から見るとこんな感じです。

opolar_nf111jp_09.jpg

ちょっとわかりにくいですが、冷却ファンは羽根タイプとかではなく、シロッコファンを採用。

コレにより、前面部から吸気して、上部から空気を送風することができます。

2Way利用できていいですね。

お尻側の腰部に着ければ背中に向けて送風することも出来るため、自転車に乗っている時などに便利な気がします。

opolar_nf111jp_10.jpg

実際に装備してみました。

装着は非常に簡単。緩いかな?と感じるようであれば、肌着の裾部分も一緒に挟んじゃえば良さそうです。

なお、送風を身体の中に送り込むには写真手前の上側にあるフック部に上着を掛けるような形を取ることで、服内に送風して空気を循環させることで体感温度を下げることができます。

シャツ単体の1枚構成な場合には、身体に直接風が当たっちゃうので首掛けモードで利用する方がいいかもしれません。状況によって使い分けを。

風量は中でも割と十分な風量が得られるので、弱~中を使えば良いかなといった印象。

汗をかいて一気に冷やしたいときに強を使えば良いんじゃないかなと。

シロッコファンを採用しているため、指が羽根に巻き込まれて・・みたいなケースにはならないため、お子様とかでも安心してお使いいただけます。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「YAUX7HJM」を適用することで20%OFFと非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は7/19 23:59まで。マーケットプレイス Willsea 取扱品が対象です。

OPOLAR腰ベルトファン 5000mAh ジェットファン 首掛け・腰掛け ハンズフリー2wayファン 三段階風量調節 小型 USB充電式 空調服/作業服用ファン ストラップ付 コンパクトサイズ 熱中症対策 アウトドアや作業などにさ最適

OPOLAR NF111JP

コメント(2)

匿名 返信

使い方ちっと違いますよ。
上の服の裾をファンの外側の隙間(フック)にはさみます。風は服の中に流れるようにします。
写真だと外側なので意味がないです。

コメントする