コーナー部にエアクッションを備えた「Omaker iPhone6ケース」のコスパが高い

omaker_iphone6case_01.jpg

なんだかとっても安いのに、すこぶる評価が高くてコストパフォーマンスに優れているっぽいOmaker iPhone6 TPUソフトスマホケースを使ってみました。

本記事を作成している時点ではブルーカラーとピンクカラーモデルが、別カラーモデルと比較して300円安かったりするなど、よりコスパが高まってたりします。Omaker iPhone6plus保護ケース (グレー)も同じく安いです。

果たして、その実力は?ということで、使ってみた結論からいくとお値段以上。

思っていたより、素材も触り心地も良かったのでご紹介。

Omaker iPhone6ケース ブルーカラーを開封

omaker_iphone6case_02.jpg

パカッと開封してみましたが、商品構成はこれ以上無いぐらいにシンプル。

ケース以外に封入物は特になし。

omaker_iphone6case_03.jpg

ケース本体が型崩れしないように?納められた紙の中にはめ込み方みたいな説明書が収められてました。

omaker_iphone6case_04.jpg

商品素材自体は、TPU(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)なのでグネグネ曲げることも出来ます。

とはいえ、柔らかすぎず。適度な柔軟性を備えてます。

 

Omaker iPhone6ケースを装着

omaker_iphone6case_05.jpg

で、早速iPhone6へ装着。

TPU素材なので、装着自体はすんなり。

フィット感は当然、上々です。

omaker_iphone6case_06.jpg

本体右側。

電源(スリープ)ON/OFFボタン部もしっかりカバー。

画像右側(本体上部)が膨らんでいるように見えるのは、耐衝撃性を向上させる意図もあり「エアーポケット」を備えているため、このような形状になっています。

omaker_iphone6case_07.jpg

本体左側。

マナーモードON/OFF部分は剥き出しですが、音量UP/DOWNボタン部はカバーされています。

omaker_iphone6case_08.jpg

本体底部。

イヤフォンジャックから、Lightningコネクタ、スピーカー部含め、ピッチリカバーされてます。フィット感は上々。

各種アクセサリの接続も、基本的には問題ないレベルかなと。

omaker_iphone6case_09.jpg

ちょっと見えにくいですが、「エアーポケット」部はこのような感じ。

上部だけでなく、下部含め、四隅をガードしてくれます。

ぽったりとする厚みが耐衝撃性の高さを示しているかのようです。

omaker_iphone6case_10.jpg

カメラ部のクリアランスもしっかり。

omaker_iphone6case_11.jpg

背面部分は全体的に、水玉模様のようなデザインになってますが、これは一つ一つが小さな突起になっていて、iPhone6を少し浮かせるような形状になってます。

これにより、本体落下した際などの衝撃をiPhone6へ伝わりにくくするような仕組みになっています。

どれぐらい効果的なのかは落としてみないとわかりませんが、四隅のエアポケットと併せて一定の効果は期待出来そうです。

omaker_iphone6case_12.jpg

本体背面の全体図はこのような感じ。

下部にOMAKERのロゴが入ってます。

ロゴ部分自体は割と目立つ感じなので、気になるようであれば削り取っちゃっても良いのかもしれません。

omaker_iphone6case_13.jpg

四隅の厚みがあるデザインは安心感が得られますし、TPUケース自体が滑り止めの役割も果たしてくれるので、落下防止にも一役買ってくれます。

カラーリングやデザインは好みが分かれそうなものですが、お値段を考えれば十分な代物ではないかと。

単純にカバーするだけでなく、独自のデザイン性を持たせて耐衝撃性も増して、持ちやすさなども改善してくれるとあって、「とりあえず買い」してみるのには十分な理由になりそう。

使ってみて「合わないな~」と思えば、やめちゃえ!と諦めも付くお値段なので、安くて実用性高そうなTPUケースをお探しであれば。

Omaker iPhone6 TPUソフトスマホケース 4.7インチ (ブルー)

Omaker iPhone6 TPUソフトスマホケース 4.7インチ (ブルー)
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする