多数の光らせ方で演出力ある「MOTOSPEED K87S Mechanical Keyboard」は青軸で使いやすいフルメカニカル有線キーボード

motospeed_k87s_01.jpg

MOTOSPEED K87S Mechanical Keyboardです。

OUTEMU製スイッチを採用したフルメカニカルスイッチキーボードです。Amazon.co.jpで似たモデル(型番K87S)が売られてますが、そこはやはり海外通販の方が大分お得。

そして何より9つのライティング効果が印象的。加えて耐久性、正確性、応答性を備えたメカニカルモデルです。

ど派手な感じではありますが、キーボードとしての品質は十分あります。

motospeed_k87s_02.jpg

普段使いのキーボードとの比較。

幅はほぼ一緒で、黒と白で見た目的には対照的。

静電容量方式とメカニカルということで、使い分けというわけではないですが、ゲームプレイなどではメカニカル。

文章打ちでは静電容量方式という使い分けかなと。

motospeed_k87s_03.jpg

キートップのプリント周りはスタイリッシュなフォントを採用したものになっています。

一般的なものと違ってやっぱり格好良いですね。

配列も特段違和感なし。使い勝手良い英語キーボードとなります。

motospeed_k87s_04.jpg

USBコネクタにはMOTOSPEEDのキャラが描かれています。

コネクタ部分は金メッキされています。

motospeed_k87s_05.jpg

USB接続すると、このような感じでド派手に光ってくれます。

ランダムに色が施されて光ります。さすがにこの状態だと普段使いはアレかなぁと思ったり。

9モードありますし、切り替えも容易なので環境に応じて使っていきます。

motospeed_k87s_06.jpg

底部にもLEDが施されているので、キートップを光らせなくても十分な演出力があります。

流れるような光方をしてくれるので、見ていて飽きないです。

motospeed_k87s_07.jpg

ちょっとモードを変えてみました。

横列ごとに色をそろえたモードです。

コレは割と使いやすいかなと。常に光らせながら使用するのにも適しているんじゃないでしょうか。

motospeed_k87s_08.jpg

にじみ出る光り方をするわけですが、実際はこのようなLED配置になってます。

これにより全体が光るような見せ方をしてくれます。

motospeed_k87s_09.jpg

高さ調節の脚は割と高めにセットされる感じで好印象。

その脚も滑り止めのような処理がなされているので、安定した打鍵感を提供してくれます。

motospeed_k87s_10.jpg

肝心のキーについては、青軸を採用。

キーは割と重め。スイッチ感というか、カチカチ感は強いです。

そして打鍵音も大きめという特徴があります。

職場だと音がそれなりに周りへ悪影響が出ちゃいそうな気もするので、自宅利用向きという感じでしょうか。

motospeed_k87s_11.jpg

使用していて、この光り方が好みでした。

ホワイトカラーに青色LED。

視認性良く、打ち手の邪魔をせず、それでいて存在感はしっかり醸し出す!というところ。

中の軸も青軸ということもあって、青づくしもありかなと。

ともかく多彩な光り方を設定でき、FPSだったりに適した対象キーを限定した光らせたりすることもできるので、とにかく光らせ方にこだわりたい方にオススメです。

キーボードとしての重量感や打ち心地は十分に合格点ですし、お値段も割と控えめな印象。手を出しやすいんじゃないかと。

なお、MOTOSPEED K87S 赤軸モデルも販売されてますので、青軸よりも赤軸派の方にもオススメできます。

MOTOSPEED K87S Mechanical Keyboard Gaming Keyboard Wired USB

MOTOSPEED K87S Mechanical Keyboard

コメントする