エルゴトロンLXモニターアーム45-241-026互換なHPシングルモニターアームBT861AAにワンポイントプラス

bt861aa_plus1_01.jpg

先日、「エルゴトロンのLXモニターアーム45-241-026互換なHPシングルモニターアームBT861AAを組み立て」で横方向にデュアルディスプレイ化したASUS PAシリーズ PA248Q×2ですが、ワイドディスプレイを横に2つ並べると、どうも作業効率がよろしくないという印象が個人的にあり、しばらく使いましたがどうも慣れなかったので縦画面にデュアル化しました。

といっても用いているのはLXアームと同等なHPシングルモニターアームなので、その動かせ具合はまさに自由自在。

いろんな感じの構成が組めると言うことでそのあたりもちょいちょい紹介しつつ、縦画面デュアル化に必要なブツなどもご紹介。

bt861aa_plus1_02.jpg

ご覧の通り、横のデュアルディスプレイ化もOKです。

上からちょいとアームの一部が覗いてますが、ある意味ご愛敬というところ。邪魔ではないです。

bt861aa_plus1_03.jpg

続いて横画面+縦画面。

これまた左側にアームの一部が覗いてますが、デフォルト縦方向にデュアル化でありながら、こういった構成にするに至り致し方ないところでもあります。

この状態がメイン環境ということであれば、アーム部分を隠して設置することももちろん可能です。

bt861aa_plus1_04.jpg

今回、縦方向へのデュアルディスプレイ化を行うにあたって用いたのは、サンコー 3軸式くねくねモニターアーム MARMGUS191Bの支柱部分。

以前、使用していたものの今回のLXアーム同等なHP BT861AAを購入したことで押入れ化していたモノを引っ張り出してきたのです。

この支柱部分、大きさ的にLXアームが接続できるのでは?と見込んで試してみたら、ものの見事にぴったりハマってまるで互換品じゃないの?というレベルでピッタリだったので採用。

bt861aa_plus1_05.jpg

そして、その長い支柱部分の横に設置したBT861AAの支柱側には1本付属のアームをかませたあとに、別途購入したエルゴトロン LX Arm extension 9 45-289-026を接続して延長させます。

エルゴトロン LX Arm extension 9 45-289-026

ブツはこれ。

BT861AAのと同じブラックカラーでは販売されていないオプションパーツ。本当はブラックが良いんですが、売ってない以上は純正LXアームから買うしかないわけです。ブラック・・・出さないですかねぇ。

旧LXアームはブラックカラーがあったので、それからゲットするという方法もありますが、Yahoo!オークションあたりに出てくるのを待つしかなさそう。

とはいえ、シルバーカラーなLXオプション品でも、基本ディスプレイ背面に設置される形になるので、それほど気にはなりません。

bt861aa_plus1_06.jpg

別角度から。

ワンポイントになって帰って良いのかも知れません。なお、左奥に見えるのは、「4入力2出力対応なHDMIマトリクス型分配機「TEC THD42MSP」のコスパが抜群過ぎる」で書いたTEC 4入力2出力対応HDMIマトリクス型分配器 スプリッター機能搭載 THD42MSPです。

そんなこんなで、冒頭の縦画面デュアルディスプレイ化ができました。

個人的には縦デュアルをベースとして、クネクネ動かして状況に応じたセッティングにするので今回の構成となりましたが、別に、今回のようにオプションパーツを用いなくても、縦方向に長い支柱を用意できれば、縦デュアルは出来ると思います。

一度、アームでがっちり構成するともうスタンドには戻れませんね。

最近は10,000円割れで購入できることもあり、だいぶ手頃感もでてますので、日頃ディスプレイの設置位置に悩まれているのであれば導入検討する価値有りだと思います。

ヒューレット・パッカード HP シングルモニターアーム BT861AA

ヒューレット・パッカード HP シングルモニターアーム BT861AA
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする