ハイパフォーマンスで超コンパクトな「Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2」Ryzen 7 PRO 4750GE搭載モデルがイイぞ

lenovo_m75q_tiny_gen2_01.jpg

Lenovo ThinkCentre M75q-2 Tiny Ryzen 7 PRO 4750GE搭載 価格.com限定 プレミアムモデルです。

小型PCって小さければ小さいほどイイ!という感じで誘惑されるんですが、逆比例する形で性能がおざなりにされてしまって実用性皆無なminPCになっていたり、性能はしっかりしているんだけどコストがエライ掛かってしまっていてコスパ悪く残念な感じだったり、またはスペック良くても発熱酷くてファン音が酷く快適さに欠けたりと、なかなかバランスが取れたminPCに巡り会えないでいました。

そんな中、ちょうど「宅内サーバ的な感じで動かせる省スペースPC欲しいなぁ」という願望と、「AMDのプロセッサが絶好調でパフォーマンス良好」なのと、「CPU単体売りしてないけど、組み込みPCとしてなら売ってる」「なぜかめっちゃ安い」ということに加え、「動作音も静か!」という決め手ともいえる巡り合わせがあり、当初納期2ヶ月以上という恐ろしい状況ではありましたが、どうせ触る時間もあんまり取れないしまったり待っていれば良いかな?と思いつつ注文。

しばらく待っていたら、予想に反して2週間程度で到着してくれたので年末年始を使って初期セットアップをしてみたり。

ザックリ製品仕様を挙げると以下の通り。

どれだけの高コスパなの?という点ですが、まずプロセッサが凄い。

型番が「GE」で、「E」付きなのは、TDP35Wで3.1GHz動作がベースなモデルだったりで、Eなしモデル(TDP65W、3.6GHzベース)との差別化がされているという点はありますが、通常単体販売されていない「E」なしモデルAMD Ryzen 7 PRO 4750G (バルク版、並行輸入品)が45,000円前後。それに対して、PCとして組み上がった状態で、56,000円程度(最小構成)で購入できてしまうというのが素敵。

しかもこのプロセッサはIntel Core i7-9/10シリーズと比較しても遜色なしどころか上回っているじゃん!ということで、ノリノリなAMDがイケてるサマを大いに発揮してくれているのです。

プロセッサだけで単体で買おうものなら45,000円前後なのに、メモリ、ストレージ、OS、ケース、などコミコミで+11,000円でいけちゃうならどっちを買います?という話。

原価がどうなっているのかわかりませんが、とりあえずお得さは伝わるのではないでしょうか。

そんな、Lenovo ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2をご紹介。

Lenovo ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2の構成など

lenovo_m75q_tiny_gen2_02.jpg

Lenovoダイレクトでは、色々とカスタム出来ることもあって、カスタムしすぎると構成次第で納期がマシマシになってしまうわけですが、今回は以下のカスタムを加えて注文しました。

【商品価格を安くするためのカスタム】

【便利に使うためのカスタム】

バーティカルスタンドをなぜ別にしたのかというとですね・・・これは完全に失敗談なのですが、構成をカスタムする時にデフォルトでアリと選択されている「バーティカルスタンド」の型番が不明で、追加オプションで買える「バーティカルスタンド 3」がちょっと安く買える状況(構成カスタム時は1,100円、追加オプションだと680円)だったので、追加オプションで買った方が安いじゃん!ということで、別注した結果、実はモノが違うということに後で気付くという失敗なのでした。

まぁ、使えないわけではなく縦置き自体は可能なので良いんですが、安定さが改善されているので、カスタム時デフォルトでセットにされているバーティカルスタンドを付けて注文すればThinkCentre Tiny用バーティカルスタンド(2020年モデル) 4XF1A40559がついてくるはずです。

Lenovo ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2外観

lenovo_m75q_tiny_gen2_03.jpg

上からの全体感。

lenovo_m75q_tiny_gen2_04.jpg

RYZEN PROのロゴシールが貼り付けられています。「PRO]ロゴがイイですね。

色々と無印モデルとの際はありますが、一番大きいのはECCメモリが使えるという点でしょうか。

※注意:AMD Ryzen ProシリーズはECCメモリ対応ですが、ThinkCentre M75q Tiny Gen2でECCメモリが使えるのかは不明です

まぁ、高いので個人用とではNon ECCメモリを使うわけですが。

あとはメモリコントローラ部分でAES128による暗号化を行うことが可能(ハードウェアでセキュリティ機能を実装)という感じです。

それらの機能を有効にしても、ちゃんと高いパフォーマンスで動作するということで、ビジネス用途向けに選別されたプロセッサといえるかもしれません。

lenovo_m75q_tiny_gen2_05.jpg

標準で付属するのは、65WACアダプタのみです。

無線LAN & Bluetoothカードを追加しているので、無線LAN用のアンテナが付属してきたほか、追加オプションで注文したダストシールドになります。

正直、ダストシールドはなくても良いかなぁという感じです。

宅内サーバとして動かすので、ダウンタイムを取らない(取れない)のでホコリが中に貯まらなくした方が良いだろうという配慮から追加したんですけど、筐体サイズと吸気口サイズから考えてそこまでホコリを吸い込むことはないんじゃないかと。

まぁ、気休め程度に効果があれば良いかなというぐらいです。1,100円の価値があるかは不明。

なお、電源アダプタはこのM75q Tiny Gen2の前モデルとなるM75q Tiny Gen1において電源供給力をUPするとプロセッサの動作電力に余裕が生まれてパフォーマンスがアップするという話がありましたが、今回のRyzen 7 PRO 4750GEは元々設計された電源設計に基づいて動作するようで、電源に余裕があるからと言ってパフォーマンスをグッと引き上げて動いてくれたりはしないみたいです。

PROモデルですし、安定動作志向な設計なのかもしれないですね。

電源アダプタは135W品だと大きさもそれなりにアップしますし、消費電力上がるのもちょっと嫌なのと比例して発熱も増えることが懸念されること、そしてアダプタであるThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ) 4X20S56684を追加で買うことになるため、単純にコスパが悪くなること、そして先人の人柱さんたちの報告結果から効果が出ないこともあり65W標準電源アダプタで行くことに。

なお、今回カスタムで追加したUSB Cコネクタ(背面)へPD給電すれば動作してくれるようなので、60WクラスのUSB PD電源供給で動かしてみるのも良いかなとは思ってます。アダプタの小型化につながるので安定動作するなら検討の余地があるなと。

lenovo_m75q_tiny_gen2_06.jpg

容量1Lというだけあって、高さはわずか3.65cmと抑えられています。

幅も18.3cmで、奥行きも17.9cmです。

lenovo_m75q_tiny_gen2_07.jpg

前面コネクタ類。

左からヘッドホン、USB 3.0、USB C(Gen1)、HDD LED、電源ボタン。

lenovo_m75q_tiny_gen2_08.jpg

背面はいっぱい色々とありまして・・・。

lenovo_m75q_tiny_gen2_09.jpg

電源コネクタ、DisplayPort、USB3.0、HDMI。

lenovo_m75q_tiny_gen2_10.jpg

HDMIの右側から、USB3.0、USB2.0、USB2.0、GigabitLAN、無線LANアンテナ、そして上の拡張スペースにカスタムで追加したUSB Cといった構成。

このUSB Cコネクタは映像伝送にも対応していますので、USB Cケーブル一本でモバイルディスプレイなどに接続して利用することも可能です。

lenovo_m75q_tiny_gen2_11.jpg

底面。ゴム足の高さは低め。

メモリおよびM.2ストレージへのアクセスはこちらから行う形になってます。

メモリスロットと、M.2 NVMeストレージスロット

lenovo_m75q_tiny_gen2_12.jpg

背面にあったネジを外せば、サクッとアクセス可能となります。メンテが超簡単。

lenovo_m75q_tiny_gen2_13.jpg

8GBメモリは、DDR4-3200でSAMSUNG製でした。

AMDプロセッサ的にはデュアルチャネルで動作させた方がパフォーマンスが上がるので、カスタム注文時に同じ値段でオーダー出来る4GB×2枚という構成でも良かったんですが、元々換装前提だったのでリセールバリューまたは使い回す際に良さそうな8GB 1枚の構成としました。

lenovo_m75q_tiny_gen2_14.jpg

M.2ストレージは、Union Memory製。

Union MemoryはLenovoの系列会社のようです。

容量256GB。まぁ、こちらも換装前提なので何でも良いかな~というくらいで余り気にしてませんでした。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2マザーボード周り

lenovo_m75q_tiny_gen2_15.jpg

メモリ、M.2ストレージ側を見た後はひっくり返せばマザーボード表面側に。

左側が2.5インチストレージスペースで、右側がプロセッサおよび冷却ファンとシンプルな構成ですね。

lenovo_m75q_tiny_gen2_16.jpg

増設したIntel Wi-Fi 6 AX200 (2x2) + Bluetoothカード。

右下に見えているフレキシブルケーブルはSATA接続のストレージ接続用となります。

lenovo_m75q_tiny_gen2_17.jpg

簡単にペロッとできます。

lenovo_m75q_tiny_gen2_18.jpg

増設したUSB Cカード。

空きスペースにDisplayPort出力とかHDMI出力とかを増設することも可能な感じですが、用途的にUSB Cがあれば十分。

lenovo_m75q_tiny_gen2_19.jpg

冷却ファンも引っぺがしたらヒートシンクがお目見え。

マザーボードの1/4程度のサイズです。

lenovo_m75q_tiny_gen2_20.jpg

細かなチップが色々ありますが、割愛。

ヒートシンクもネジ外せば簡単に取り外せますが、グリス塗り直しとかが面倒なので割愛。

lenovo_m75q_tiny_gen2_21.jpg

簡単に内部アクセスできるのはLenovo製品の良いところですね。

メンテも容易です。

lenovo_m75q_tiny_gen2_22.jpg

一通り見終えたので、通電テスト。

lenovo_m75q_tiny_gen2_23.jpg

写真ではわかりにくいですが、ThinkCentreの「i」部分にある赤ポチは通電時に赤く光ってくれます。

ただし、ダストシールドを付けると隠れてしまいますが...。

lenovo_m75q_tiny_gen2_24.jpg

BIOSもF1キーでサクッと入れます。

シンプルながら、必要な設定は一通りできます。

メモリを8GB→64GBへと容量8倍換装

lenovo_m75q_tiny_gen2_25.jpg

一通り動作確認が出来て、初期不良等もないことが確認できたので、メモリを換装していきます。

lenovo_m75q_tiny_gen2_26.jpg

サヨウナラ、8GB PC4-3200メモリ。

lenovo_m75q_tiny_gen2_27.jpg

換装するメモリは、【即納/28,000円割れ】Crucial DDR4-3200/PC4-25600 SO-DIMM CT32G4SFD832A 2枚セット(32GB×2枚)で紹介したCrucial DDR4-3200/PC4-25600 SO-DIMM CT32G4SFD832A 2枚セット(32GB×2枚)です。

しっかりDDR4-3200(PC4-25600)でなんか安かったので。

lenovo_m75q_tiny_gen2_28.jpg

ブリスターパッケージ。

lenovo_m75q_tiny_gen2_29.jpg

こう見るとわからないですが、チップは両面実装です。

とりあえず開けます。

lenovo_m75q_tiny_gen2_30.jpg

SAMSUNG製メモリをはずして、Crucial製メモリを2枚差し。

表と裏がスロット1と2で逆さまになります。

lenovo_m75q_tiny_gen2_31.jpg

換装完了。余った8GBメモリは売っちゃうか、何かで流用に。

M.2 SSDも換装

lenovo_m75q_tiny_gen2_32.jpg

ストレージも換装します。

普通に日常使いするだけなら256GBでも十分なんですが、ちょっと色々とサーバ用途で使う都合上、ある程度容量が必要なので換装です。

SATA接続な2.5インチストレージで増設しても良かったんですが、読み書きの速度が欲しいこともあり、換装を選択。

lenovo_m75q_tiny_gen2_33.jpg

プラの留め具をはずせば、すぐ抜けます。

マザー側には熱伝導シート。それなりに厚みがあるモノが使われていました。

lenovo_m75q_tiny_gen2_34.jpg

換装用で使うのは、Crucial CT1000P1SSD8JP

なんか忘れちゃいましたが、ひかりTVショッピングで突発的に開催されたポイント50倍還元のタイミングでポチっていたモノを使うことに。

11,480円かな?で購入し、50倍ポイントだったので5700ポイントゲットできたので、ポイントでお米買いました。

lenovo_m75q_tiny_gen2_35.jpg

しっかり5年保証品です。

QLCなので読み書き寿命は多少気にしておく必要がありますが、今回の用途は読み込み頻度の方が圧倒的に多いので、発熱具合だったりの方が気になるポイントにはなります。

lenovo_m75q_tiny_gen2_36.jpg

NANDチップは片面実装。元々のUnion Memory製SSDも片面実装でした。

熱伝導シートに厚みがあったのは片面実装だからかなと。

lenovo_m75q_tiny_gen2_37.jpg

層着完了です。

以上で換装は終了。

lenovo_m75q_tiny_gen2_47.png

メモリ認識もバッチリです。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2用のダストシールドを取り付け

lenovo_m75q_tiny_gen2_38.jpg

ThinkCentre M75q Tiny Gen2を正面から。

lenovo_m75q_tiny_gen2_39.jpg

ダストシールドを取り付けます。

lenovo_m75q_tiny_gen2_40.jpg

ホコリ侵入防止用のメッシュ素材が用いられています。

エアフローはわずかに悪くなるかと思いますが、CPU 100%キープ状態がずっと続くとかじゃない限り問題ないです。

lenovo_m75q_tiny_gen2_41.jpg

取り付け後。

わずかながら出っ張る形になります。

前述したように、ダストシールドのThinkCentreの「i」部分にある赤ポチは光りません。

元々の赤ポチが光って漏れた光が隙間からちら見えはします。

lenovo_m75q_tiny_gen2_42.jpg

間違ってオーダーした旧モデル用のバーティカルスタンドも、付けます。

lenovo_m75q_tiny_gen2_43.jpg

AMDロゴ側の本体で下支えするような感じでスタンドできます。

安定性に欠けるので、縦置き常用する場合は、ThinkCentre Tiny用バーティカルスタンド(2020年モデル) 4XF1A40559を買い直そうかと。

lenovo_m75q_tiny_gen2_44.jpg

縦置きにすると見える、赤ポチ部分のLED光漏れ。

lenovo_m75q_tiny_gen2_45.jpg

縦置きでもUSBメモリなんかも抜き差ししやすいですね。

Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2 簡易ベンチマーク

Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2のメモリとストレージの換装前と後で多少パフォーマンスが変わるかな?ということで、比較ベンチも取ってみました。

実施したのはCINEBENCH R23。

lenovo_m75q_tiny_gen2_46.png

商品到着時の構成(メモリ8GB、ストレージUnion Memory製)。

lenovo_m75q_tiny_gen2_48.png

構成変更時の構成(メモリ64GB、ストレージCrucial製)。

画像だと結果が見えにくいですね。

lenovo_m75q_tiny_gen2_51.png

ピックアップしてみました。

結果は以下の通り。

【換装前】Single Core:1,261pt、Multi Core:10,175pt

【換装後】Single Core:1,272pt、Multi Core:10,524pt

若干ですがスコア向上してますね。

メモリデュアルチャネル化はCPUスコアよりもGPUスコアで顕著に結果が出るそうですが、まぁゲームをするわけでもないのでGPU性能は余り気にしてません。

CPUベンチスコアにも多少なりとも恩恵があったっぽいのでヨシとします。

それにしても、TDP35W制限がかけられているAMD Ryzen 7 PRO 4750GEで65Wの同世代品やTDP100Wクラスのモデルとタメ張れるというだけでも素晴らしいです。

負荷が掛かった状態でも冷却ファンは多少回っているなぁというぐらいで、負荷が低いときは回っているんでしょうけどほぼ無音という具合。素敵です。

NVMeストレージも比較

lenovo_m75q_tiny_gen2_49.png

Union Memory製のNVMe SSDのCrystalDiskMark結果。

どれぐらいの実力があるのかな?ということで、読み書き性能はある程度あれば十分という前提なのでさほど気にするポイントではないんですが、なんとなく測定してみました。

シーケンシャルリードのスコアは良い感じに見えますが、書き込み性能があまりよろしくないようです。

lenovo_m75q_tiny_gen2_50.png

換装後のCrucial P1 CT1000P1SSD8JPの結果。

読み書きのバランスが良くなりました。用途的にはシーケンシャルリード・ライトよりもランダムアクセスの方を重視する形なので、そちらも少しスコアアップしたようでなにより。

懸念の発熱具合も、全く問題なかったので安定して動作してくれそうです。

Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2まとめ

長々と書きましたが、結果としては非常に満足いくものだったのでついつい長文となってしまいました。

とにもかくにもコストパフォーマンスが抜群。

静音性もバッチリで省スペース性も図れて、なんならACアダプタごと持ち運んでモバイルディスプレイと一緒にわーケーションしちゃおうかなぐらいのレベルです。

記事内で書いたようにサーバ用途で用いるので、仮想サーバとしてハイバーバイザを入れたりするんですが、メモリをしっかり64GB認識してくれたこともありガッツリ活躍してくれそうです。

NICがRealtek製なので、ハイパーバイザでESXiを選択する場合はカスタムインストールしないといけないですが、解決策もバッチリあるので大丈夫です。

3-4年働いて貰って、退役後はWi-Fi6、Bluetoothなんかも備えているのでサブ機として動いて、長いこと貢献してくれることを期待しています。

省スペース性よりも、拡張性が少しでもあると良いなぁという方は、以下で同じような構成で筐体別モデルが販売されていますのでチェックしてみてください。

【最小構成なら27,500円OFF!】Lenovo ThinkCentre M75t Tower Gen2 - 価格.com限定プレミアムモデル

【最小構成化で27,500円OFF!】ThinkCentre M75s Small Gen2 価格.com限定 プレミアムモデル

Lenovo ThinkCentre M75q-2 Tiny Ryzen 7 PRO 4750GE搭載 価格.com限定 プレミアムモデル

コメント(2)

匿名 返信

gen2ではECCを使えないと聞きましたが対応しているのでしょうか?

コメントする