LED内蔵でテカテカ光る「TROPRO 6-in-1 USB Type-Cハブ」が実用性十分で扱いやすい

tropro_6in1hub_01.jpg

TROPRO 6-in-1 USB Type-Cハブです。

スッキリとした外観のUSBハブで、HDMI出力、USB3.0×2、PD給電、メモリーカード(SD/MicroSD)に対応したモデルとなります。

重量は58g程度で軽く、アルミ外装で放熱性も良い印象。

ケーブル長は15cm程度で、いわゆるトレンドを押さえたコストパフォーマンス重視のモデルといえそうな感じ。

最大の特徴は機能そのものと言うよりも、内蔵するLEDがキラキラテカテカ光ってくれるところになります。

無骨に使えるUSBハブも良いですが、ランダムに7色に光ってくれる遊び心があるモデルも面白いなと。

tropro_6in1hub_02.jpg

TROPRO 6-in-1 USB Type-Cハブ本体外観。

指先一つでつまめるくらいの軽量さで、丸みを帯びたデザインを採用。

TROPROロゴも邪魔しない程度に主張してるかなと。

tropro_6in1hub_03.jpg

コネクタ回り。

左からUSB PD(60Wまで対応、データ転送には非対応)、USB 3.0×2、SD、MicroSDメモリーカードスロットという構成。

USBコネクタ回りが近めなので、ものによっては干渉するかもしれません。

tropro_6in1hub_04.jpg

こちらはHDMIコネクタ。

4k解像度(3,840×2,160)対応ですが、30Hzまでなので基本はフルHDあたりまでと考えておいた方が良いでしょう。

抜き差ししやすく、容易に扱えます。

tropro_6in1hub_05.jpg

通電するとLEDが光、流れるように色を変えながら光ってくれます。

明るさの調整とか、色調整とかは出来ません。

常に光り続ける仕様です。

良いと思うか、邪魔と思うかで本商品の価値が変わってきそうな印象。

ゲーミングPCよろしく、LEDで光らせる製品が多いので、その手のPCで使用するのには適していると思います。

tropro_6in1hub_06.jpg

3スロット(USB3.0×2、SDメモリーカード)同時に読み書きしてみたりもしましたが、同時アクセスOKでした。

たまに排他アクセス仕様な商品があるので注意したいですが、本商品は全く問題なし。

LEDはアクセスランプ的に使えるワケではなく、ランダムに光り続ける感じです。

3スロットのストレージ全てで同時にベンチマークを走らせても、問題なくそれぞれのストレージの読み書き性能を発揮してくれました。

そこまで高速なストレージをつないでテストしたわけじゃないですが、少なくともUSBメモリ程度であれば3本同時にアクセスしても問題ないです。

tropro_6in1hub_07.jpg

同時に3デバイスベンチマークにかけてテストしてうちの1つ(USB3.0の64GBストレージ)の結果。

PCに直接接続しても、誤差レベルでしか差がなかったので100~300MB/s程度のアクセスであればサクサクと処理してくれるのでしょう。

なお、発熱具合ですが、負荷のないときは人肌程度のぬるさ。

3つ同時ベンチマークという負荷をかけてみた時の本体発熱具合ですが、暖かいなというぐらいでした。40度前後でしょうか。

PD給電したときはもうちょっと発熱するとは思いますが、アルミ筐体かつ放熱効率も良さそうなので、安定動作してくれると思います。

LEDをON/OFFできるとなお良かったかなという気がしなくもないですが、2,000円程度の商品にそこまで求める方が酷というもの。

光ってくれるという点を余り前面に押し出した売り方をしていない、実直な商品なわけですが、十分な実用性があるとわかりましたので、普通にオススメできそうです。

割引クーポン!

今ならさらに、リンク先掲載の割引クーポンを適用することで500円OFFと非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は不明。マーケットプレイス Tropro Jp 取扱品が対象です。

USB C ハブ 6-in-1 USBハブ usb hub急速充電 データ転送 コンパクト 軽量 Apple MacBook Air/MacBook Pro/iPad Pro 他対応 テレワーク 在宅勤務 取扱説明書付き

TROPRO 6-in-1 USB Type-Cハブ

コメントする