無段階調光モードも備えたLEDフラッシュライト「Sofirn C8F」が21700バッテリー付属で最大3,500lmとがっつり明るい

sofirn_c8f_01.jpg

Sofirn C8F LEDフラッシュライトです。

手頃なサイズ感で手になじむデザイン。本体重量は約200g(+バッテリー)で最大3,500lmなモデルとしては軽い部類に入るんじゃないかなという商品です。

いわゆる1lmなムーンモードから1,800lmな強モード、そして3,500lmなターボモードなどを切り替えたりして使う感じになってます。

特徴的な点としては、動作のモードが4グループある点でしょうか。

グループ1:中 (500 lm)
グループ2:弱(100 lm)-中 (700 lm) - 強 (1800 lm)
グループ3:エコ(10 lm) - 弱(100 lm) - 中 (500 lm) - 強 (1800 lm)
グループ4:Ramping(1-3500lm)

日常的にはグループ1の500lmで十分かなと思いますし、明るさ切り替えて使うのであればグループ2か3。

任意の明るさでやっていきたいんだ!という場合にはRampingモードなグループ4を選択すれば良い感じです。

ボタンが2つ備わっていて、ボディ前部のボタンを4連続ポチポチすることでモードが切り替わってくれます。ちなみに3回押しだと点滅モードに鳴ります。

そんな無段階調光モードも備えたLEDフラッシュライトSofirn C8Fをちょっと見ていきます。

sofirn_c8f_02.jpg

まずは大事なLED。

CREE社のXPL LEDを3つ備えています。

照射距離は最大で約300mにも達するようです。

非常に明るいというか、まぶしいので絶対に点灯時に直視してはダメです。

sofirn_c8f_03.jpg

長さは約14.9cmと割とコンパクト。

ヘッド部は4.5cm程度です。ヘッド側が重めですが、重心は偏りすぎておらず持ち心地は上々。

sofirn_c8f_04.jpg

底面部にもボタンがあります。

こちらはいわゆる電源ON/OFFボタンとなります。

適度な凹凸がボタン付近にあるから、間違って押したりはしないでしょう。

sofirn_c8f_05.jpg

凹凸の凸部分には穴が空いていて、いわゆるストラップホールとして使うことができます。

sofirn_c8f_06.jpg

付属品は4点。

MicroUSBケーブルと、バッテリー充電器、ストラップ(と、予備のOリング×2)。

バッテリーはC8F本体に入った状態で封入されていました。

sofirn_c8f_07.jpg

あと1つの付属品がこちら。

バッテリー自体は21700バッテリーが付属してくるものの、18650電池用のスペーサーとなります。

sofirn_c8f_08.jpg

こちらが付属の21700バッテリー。

4,000mAhと容量は大きめです。

18650バッテリーでも上述したスペーサーを組み合わせれば使えますが、容量が減るのと、重量が軽くなる恩恵をさほど受けないので、基本は21700バッテリーがオススメ。

sofirn_c8f_09.jpg

本体はこの位置で分離します。

手回しでサッと分離できる手軽さはあります。

しまり具合もキッチリ締まってくれるので、IPX7防水なだけの性能はしっかりあるのかなと。

sofirn_c8f_10.jpg

とりあえず、サッと点灯させてみました。黄色みが強いですが、壁に近すぎたからかなというところ。

明るい部屋ですが、500lmで点灯。

十分な明るさで、普段使いだったらコレで十分。

バッテリーの持ちとしても、5時間超点灯させることが可能なので、明るさとバッテリーの持ちのバランスが良いモードといえるんじゃないでしょうか。

sofirn_c8f_11.jpg

1,800lmで点灯させてみました。

中心部分はもちろん、周囲も十分な明るさが得られてます。

幅広く照らすというより、スポット的な照らし方をする商品なので、広範囲というよりは集中的に照らします。

3,500lmなターボモードもあるんですが、バッテリーの持ちとしては45分程度になってしまうので明るさが必要!という場合以外は1,800lmな強モード(バッテリーの持ちは1時間半程度)で十分かと。

電圧が低くなると(冒頭の緑色LEDだとOKな状態)赤色点滅→赤色高速点滅となり、ターボモードが使えなくなったりもします。

 

バッテリーのことだけを考えるのであれば、100lmな弱モードで30時間ぐらい持つので数日使うような場合などはシーンに合わせて使い分けでしょうか。

これまで、800lmとか良くても1,200lmあたりのLEDライトを使っていたんですが、1800lmはやはり明るく、かつ短時間であれば3,500lmでの点灯も可能ということで、使いどころの幅は結構広がります。

剛性も良く、作りもしっかり。持ち手が細めなので、女性でも利用しやすいんじゃないでしょうか。ちょっとバッグに入れておいて持ち運んだりしても邪魔にならないサイズ感。

明るさメモリー機能もしっかりついています。

Rampingモードにすれば、無段階調光もボタン長押しで行えるのは地味に便利。

あまりこの手の機能がついてるモデルを見かけないのも、所有欲が満たされる感じで良いですね。

LED懐中電灯 Sofirn C8F フラッシュライト 米国製3xCREE XPL 最強 超高輝度 3500ルーメン 5段階のモード+無段階調光モード 軍用グレード アウトドア キャンプ 防災 防犯 停電 USB充電器と21700電池付属

Sofirn C8F LEDフラッシュライト
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする