意外とコンパクトなパワフルブロワー「KIMO. Cordless Leaf Blower QM-6001 20Vバッテリーセット」でゴミもホコリも吹き飛ばす!

kimo_20v_blower_01.jpg

KIMO. Cordless Leaf Blower QM-6001  20Vバッテリーセットです。

ホースノズルが長いので、もっと大きなパッケージで届けられるのかな?と思ってたんですが、思っていたよりもコンパクトでした。

収納場所が限られている我が家からすると嬉しい限り。

これからの季節、落ち葉やらなんやらを掃除するのにブロワーがあれば、吹っ飛ばしながら効率良く集められるよなぁ~という楽したい症候群から試してみることに。

パワーについては、20Vバッテリー採用ということで、「コードレスインパクトドライバー「KIMO QM-3601B」最大トルク300Nmで思ってた以上に強力ハイパワー」で軽くレビューした時にそのパワフルさを実感したので、ブロワーもパワーに関しては心配ないでしょう!というところもあったりします。

もちろん、結果問題なし!ということで、パワフルさを伝えるのは難しいのですが、簡単にご紹介。

kimo_20v_blower_02.jpg

ブロワーの説明書はバッチリ日本語です。

Amazon.co.jpでも販売されていますし、その当たりは心配ご無用。

kimo_20v_blower_03.jpg

ノズルなど各種パーツが入ってます。収まり具合は結構キッチリめ。

kimo_20v_blower_04.jpg

ブローするノズル。延長することも、短く使用することも可能になってます。使い分けできるのは便利。

kimo_20v_blower_05.jpg

後で触れますが、ブローするだけではなく、吸引することも可能なので、そのときに使うダストボックス的な袋になります。

kimo_20v_blower_06.jpg

充電器。

kimo_20v_blower_07.jpg

バッテリー。

容量2,000mAhで、KIMOブランドで汎用的に使える形状を採用しています。

kimo_20v_blower_08.jpg

KIMO QM-6001本体。

本体だけ見るとコンパクトですし、割と軽量です。

kimo_20v_blower_09.jpg

反対側。

kimo_20v_blower_10.jpg

底面。

バッテリーをはめ込む箇所が見えます。

kimo_20v_blower_11.jpg

バッテリーを取り付けるとこんな感じです。

急にゴツくなる印象。

kimo_20v_blower_12.jpg

ノズルを付けると、まさにブロワー感が出ます。

あとは、トリガーを握ればブロー可能です。組み立ては滅茶苦茶簡単2ステップでOKとなっています。

KIMO. Cordless Leaf Blower 2-in-1 Sweeper/Vacuum with 2.0 AH battery

ホコリやススが溜まりがちなところをブロワーでガーッと吹っ飛ばしてあげることで綺麗スッキリ。

水が使いにくいような場所でも空気を送るだけなら大丈夫というシーンが多いこともあって、活躍の場は広いです。

kimo_20v_blower_13.jpg

ちょっと身近にホコリが溜まっている場所があまりなかったので、PC内部の掃除で使ってみることにしました。

ファンやヒートシンクで、手に届きにくい箇所などどうしてもホコリが溜まってしまうことがあるかと思いますが、ブロワーで一気に送風することで掻き出してやろう!という魂胆です。

普段だったらエアダスターでやるんでしょうけども、ブロワーも効果があるかな?と淡い期待と共に実行。

すると、思っていた以上のホコリが舞い上がる結果になり、ブロワーのパワーを大いに実感。

コレ体験しちゃうと、エアダスターでやるのが面倒だな・・と言うぐらい、パワーがありものの数秒でミッションコンプリートなぐらいお手軽ブローが出来ちゃいました。

kimo_20v_blower_14.jpg

CPUクーラーのヒートシンクだったりもブロワーでホコリを一猛打時。

本来は電源を落とした状態でやった方が良いんでしょうけど、面倒くさがりなのでそのままやってしまいました。

結果、細かなヒートシンクの隙間に残ってしまっていたホコリが掻き出されて非常に効果的。

エアダスターで行き届かなかった箇所もスッキリすることができました。

20Vは伊達じゃないなと。

kimo_20v_blower_15.jpg

なお、庭だったり、道路だったりを清掃する際にはノズルを伸ばして写真のような形で使用する方が、腰に優しそうです。

長さは伸びてもパワーは衰えず!という感じで、非常にパワフルな風を送り出してくれます。

個人的には、車の洗車をした後の水滴を吹き飛ばすのにこの手のブロワーはめちゃくちゃ便利なので、タオルで拭き取る手間を削減できたりすることもあってブロワーを洗車後に使うことをオススメしています。

吹き飛ばす爽快感もあり、1回やるとちょっとやみつきになる感があったりも。

何かと面倒なタオル拭きも楽になればやる気がでて、洗車頻度が上がるんじゃないでしょうか。

kimo_20v_blower_16.jpg

吸い込みをするときはこの位置にノズルを装着します。

ブロワーとして使用するときの吸気部分ですね。

kimo_20v_blower_17.jpg

ダストボックス的な袋もしっかり装着すれば、細かなゴミやペットの毛などをギュンギュン吸い込んで集塵可能です。

KIMO. Cordless Leaf Blower 2-in-1 Sweeper/Vacuum with 2.0 AH battery

もちろん、吸気部分なので大きなゴミを拾い上げることには向いていないですが、ホコリ、チリ、葉っぱの屑、ペットの毛などであれば問題なく吸い込んでくれます。

メイン利用はブロワーとして、そして時折掃除機的な感じで細かなゴミを吸い上げてクリーン可能。どちらもパワフルに使えるのが良いですね。

割引クーポン!

今ならさらに、TikTech.com割引クーポンコード「5VUBYAXK」を適用することで$60 (約6,313円)となり、非常にお買い得。

セールされている状況からさらにお安くお買い求めになれちゃいます。

TikTech.comは日本国内倉庫からの配送となっていますので、納期は早いです。

クーポンコードの使用期限は10/20までとなっていますのでお早めに。

KIMO. Cordless Leaf Blower 2-in-1 Sweeper/Vacuum with 2.0 AH battery

KIMO. Cordless Leaf Blower  QM-6001 with 2.0 AH battery

コメントする