IPX7防水対応完全ワイヤレスイヤホン「A.A Touch Two C5」がAAC対応&タッチ操作でiPhone向け

aa_touch_two_c5_01.jpg

A.A Touch Two C5 3,500mAhバッテリーケース採用完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン単体で5,6時間程度バッテリーが持ってくれることに加え、充電ケースで片耳あたり20回、合計40回ほどの充電が行えるということで、合計音楽再生時間をバッテリー容量で単純計算すると120時間ほど持つので、充電頻度をがっつり軽減できるのがうれしい完全ワイヤレスイヤホンになります。

AACコーデック対応でapt-Xには非対応なようなので、iPhone向けです。

防水性能もIPX7と高く、ランニング・ジムなどスポーツ時の汗やお風呂の湿気、ワークアウト中の汗と小雨での使用に耐える防水、防汗性能を実現しています。

aa_touch_two_c5_02.jpg

持ち運び用のミニポーチも付属。

充電ケースがすっぽり収まる具合の良さ。

aa_touch_two_c5_03.jpg

充電ケースの作りはこれといった特徴があるわけではないですが、イヤホンをはめ込みやすく、取り出しやすいのは印象的。

aa_touch_two_c5_04.jpg

充電ケースにおけるUSBコネクタ部はゴムカバーがなされています。

防水性能を充電ケースとして何か謳っている訳ではありませんが、感覚的にはIPX5防水ぐらいにはなるんじゃないかな?という感じのゴムカバーを採用。

aa_touch_two_c5_05.jpg

別途ケーブルを用いる必要がありますが、3,500mAhの容量があるので、イヤホンの充電以外にモバイルバッテリーとしても使うことが可能です。

aa_touch_two_c5_06.jpg

イヤホンを収めるとこんな見え方になります。

真ん中にバッテリー容量の確認ができる4段階のLED表示があり、残量の確認も簡単に行えます。

蓋を開けないとわからないのは面倒といえば面倒ですが、そこまで気にはならないかと。

aa_touch_two_c5_07.jpg

イヤホン自体の作りは、まぁ最近よくあるタイプのものかなと。

イヤーピースはSサイズが標準でつけられていました。

aa_touch_two_c5_08.jpg

操作部については、ボタン式ではなくタッチ方式を採用。

再生・停止をはじめとして、音量調節やSiriの起動などをタッチ操作で実現しています。

操作はちょっと慣れがいるかもです。

aa_touch_two_c5_09.jpg

付属品。

ストラップと、イヤーピース、MicroUSBケーブルといった構成です。

ストラップは充電ケースに取り付けることができます。

aa_touch_two_c5_10.jpg

イヤホン自体、ちょっと厚みがあるかな?と思ったりも所見ではしていましたが、装着したらあまり気にならないですね。

まぁ、重量の差異も軽いものと比較して1g違うかなという程度なので、そんなものでしょう。

aa_touch_two_c5_11.jpg

充電ケースそのものは1A充電となり、バッテリーゼロからフル充電は3.5時間ぐらいかかる感じです。

逆に、モバイルバッテリーとしてUSB出力する際は1.5Aなのでそこそこの早さでスマホ等を充電することができます。

実用性としては十分ということができるでしょう。

肝心の温室は、イヤーピースがうまいこと耳にはまってくれたので、音量をそれほど上げなくても聞こえ方としてはスッキリしていて好印象。

CVC8.0ノイズキャンセリング対応だったりもするので、通話も割と良好。サウンドチップが最新のものを採用しているだけのことはあり、音質のベースレベルはしっかりとしたものがあります。

充電頻度を下げたくて、防水性能はしっかりしたものがよく、かつボタン方式の操作だと寝っ転がったときに誤動作するからいや!という場合にはジャストフィットしてくれそうな感じ。

まぁ、私がそれに該当するわけで、満足度の高い完全ワイヤレスイヤホンです。

【最新Bluetooth5.0 イヤホン 120時間連続駆動 IPX7防水】完全ワイヤレスイヤホン CVC8.0&AAC対応 Hi-Fi 高音質 ブルートゥース 片耳・両耳モード 左右分離型 自動ペアリング タッチ式 3500mAh大容量 モバイルバッテリー 音量調節可 技適認証済 日本語説明書 iPhone&Android対応 (C5)

A.A Touch Two C5 3,500mAhバッテリーケース採用完全ワイヤレスイヤホン
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする