IP68/IP69K対応タフネススマートフォン「Ulefone Armor 8」がコスパ良くお値頃アウトドアスマホとしてオススメ

  • 投稿日:
  • Category:

ulefone_armor8_01.jpg

Ulefone Armor 8です。

パッケージから読み取れるかもしれませんが、ゴツゴツしい印象を与えてくれてますが、Ulefoneは堅牢な作りになっている、いわゆる「タフネススマホ」であるArmorシリーズを推していて、継続して新製品を投入し続けているメーカです。

タフネススマホでありながら、価格を抑えつつしっかりとした実用性を実現しているということで人気のシリーズになります。

最近のモデルはサポートするバンド幅も広く、グローバルで使いやすいという点もポイント高い感じです。

個人的にはコスパ重視でタフネス求めるならこのシリーズでOKでしょう!というぐらいの印象。記事作成時点で、14,000円割れでお買い求めになれちゃう価格感なのでちょっとアウトドアのお供として使用するスマホを安価に入手したい!というニーズにバッチリ応えてくれます。

ちょいと1週間ぐらい触ってみたので簡単にご紹介。

ulefone_armor8_02.jpg

まずは、ザッとスペックから。

  • プロセッサ:Helio P60(2GHz)
  • メモリ:4GB、ストレージ:64GB(メモリーカードは256GBまで対応)
  • OS:Android 10(余計なアプリのプリインストール無し)
  • ディスプレイ:6.1インチ(1,560×720)
  • カメラ:リア1,600万画素+500万画素+200万画素、フロント:800万画素
  • 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz対応
  • Bluetooth:4.2サポート
  • W-WAN:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66対応
  • 位置センサー:GPS + GLONASS + Galileo対応
  • バッテリー:5,580mAh、5V/3A 15W急速充電対応(Type-C)
  • 本体重量:282g

という感じ。

エントリーミドルなスペック感ですが、Android 10だったりすることもあり、ゲームとかしないのであれば十分かなと。

Ulefone Armor 8 外観

ulefone_armor8_03.jpg

Ulefone Armor 8は、重さがあるタフネススマホではありますが、パッと持った感じでは思ってたほど重くはないかなと。

グリップしやすいデザインになっているためかもしれません。

ちょっと厚めなゴツいケースを付けたと思えば、そんなもんかなーというところ。

ulefone_armor8_04.jpg

上部にイヤホンジャックがあります。

ゴムカバーは結構しっかりしているのは、IP68/IP69K対応なだけはあるなと。

ulefone_armor8_05.jpg

背面。

タフネススマホ特有のデザインですね。ソリッドな感じは好印象。

持ち心地、さわり心地は悪くないです。手になじみます。

ulefone_armor8_06.jpg

カメラ部。

メイン1,600万画素(f/2.2)、マクロ500万画素(f/2.4)、深度撮影センサー200万画素というところ。後1つはフラッシュですね。

ulefone_armor8_07.jpg

右サイド部から。

音量UP/Downボタンと、電源ON/OFFボタン、そして指紋認証センサーが付いています。

ulefone_armor8_08.jpg

逆側。

SIM/メモリーカードスロット、トランシーバーアプリを使うときなどに便利なPTT(プッシュtoトーク)ボタンがあります。

トランシーバーアプリ使わないよ!無駄じゃん!と思うことなかれ、任意のショートカットを設定することが出来たりもするので、実は使い勝手UPに役立ってくれたりします。

1プッシュ、2プッシュ、長押しと3パターンで使い分けが出来たりするのは結構便利。

ulefone_armor8_09.jpg

SIM/メモリーカードスロットは写真では見にくいですが、頑丈な取り付けがなされていて、カバーの剛性も含め安心できる物になってました。

頻繁に取り出すというのには向いていないですが、まぁ頻度が少ないケースが大半かと思いますので、良いポイントでしょう。

ulefone_armor8_10.jpg

ガラスフィルムが付属。

光沢ある感じですが、エッジ加工もしっかりしていて品質は上々。

本体のガワがゴツいので、貼り付けはガワ部分がガイド代わりになってくれて、サッと貼り付け出来ちゃいました。

ulefone_armor8_11.jpg

タフネススマホにしてはベゼル狭めでノッチも雫タイプなので見た目的には非常にスマート。

最初から日本語選択して普通に設定を進められます。

ulefone_armor8_12.jpg

充電コネクタはType-C。底部にあります。

ulefone_armor8_13.jpg

しっかりしている分だけ、開けて充電は多少手間に感じるやもですが、バッテリー容量が大きめなので充電頻度も少なくて済むため、その点もあまり心配は要らないと思います。

適当に使用している限りにおいては、スペックが控えめなのと、解像度も控えめかつ大容量バッテリーの恩恵で、バッテリーの減りは少ないです。

ulefone_armor8_15.jpg

横長な指紋認証センサー。

ulefone_armor8_14.jpg

指紋認証については、精度はそれなりですかね。

基本的に問題ないんですが、なぜか右手人差し指だと角度的な物があるのか識別が微妙でエラーになるケースが多かったので、別の指も含めて4本登録して使ったり。

顔認証もありますが、速度的に指紋認証がオススメです。アウトドアスマホとして使用する時に軍手だったりを使って使うという場合には顔認証もセットしておいた方が無難ではありますが。

ulefone_armor8_16.jpg

Ulefone Armor 8はメイン端末として使用するというより、サブ端末になる可能性が高いんじゃないかなと思うので、余計な物は排除してミニマルに使いたいので、Android 10 OSそのものは余計なアプリが入ってない素のAndroidなので、なんというか安心感もあったり。

Ulefone Armor 8 実測重量

ulefone_armor8_17.jpg

スペック上は282gでしたが、ガラスフィルムを貼っていることもあって、実測で292gです。

重さは確かに感じますが、IP68/IP69K防水(固形異物に対しては粉塵が内部に侵入しないこと。水に対しては高温、高水圧、スチームジェット洗浄の環境下でも有害な影響を受けないこと)を考えれば妥協出来る重量だと思います。ケース付けずに使えますし、耐衝撃性も備えていますし、完全密閉構造で、水没させても問題なしで使えるのと、高温OKなためお風呂場で使っても何の問題も無いというのは魅力的。

普通のIP66とかIPX7防水だと温水については駄目っていうケースが多いので、高温もジェット水流もOKなIP69Kであることに意義を感じるならアリでしょう。

Ulefone Armor 8のカメラ性能

ulefone_armor8_18.jpg

なんかパシャっと撮影したら、左下にウォーターマークが付いてくれたりしました。

ちょいと洒落てますね。

何も考えず散らばっていた机の上を撮影したんですが、可も無く不可も無くな感じ。

色のバランスなどは良いのではないかなと。

ulefone_armor8_19.jpg

白飛びしそうな場所も撮影してみました。

予想通りにちょっと白飛びしてますが、妥協出来るレベル。結構頑張っているといえます。

これぐらいであれば、水中での撮影などでも実用性ある写真が撮れるレベルにはあると思います。

なお、マクロ撮影は・・・微妙でした。個人的には不要。

Ulefone Armor 8 ベンチマーク

ulefone_armor8_20.png

2つ(Geekbench、3D Mark)のベンチマークを実行してみました。

まぁ、いわゆるエントリーミドルな感じです。ゲームには向かないですね。

商品の方向性として、アウトドアや過酷な環境での使用を想定しているかと思いますので、スペックをお求めになる方には不向きです。

とはいえ、ライトなゲームであれば全然問題なく出来ますので、あしからず。

Ulefone Armor 8 まとめ

結論から述べれば、タフネススマホとして必要となる性能、機能は有していますし、各種ボタンの操作に関わる精度だったりはしっかりとした物がありました。

流石にシリーズとして長く展開しているだけのことはあります。

14,000円割れで買えることを考えるとコストパフォーマンスは抜群に高いです。

予算が許すのであれば、サーマルイメージングカメラ機能を有する上位モデルUlefone Armor 9の方がオススメ度は高いですが、お値段が3倍以上ということで、そのあたりは用途に応じてご選択をといったところです。

サーマルイメージングカメラって単体でもたいした機能がなくて2~3万するので、複数ポイントで温度測定がスマホで出来ちゃうモデルが4万円中盤とか凄い魅力的なんですが、使用頻度などを考慮するとちょっと手が出ず、タフネススマホとしてはコスパ面でUlefone Armor 8に軍配が上がるなーというのが最終的な結論です。

プロモーションセール中でBanggood.comでお買い得なので是非どうぞ。なお、カラーはブラック、レッド、オレンジの3カラー展開となっています。

Ulefone Armor 8

コメントする