値頃感だけじゃない複合機「HP ENVY 4500」を導入

  • 投稿日:
  • Category:

hp_envy4500_01.jpg

年も明けまして、年賀状の対応しなくちゃいけないな・・という状態で、年に1~5回程度しか稼働しないプリンタ(CANON PIXUS MP810)を稼働させたところ、「インク残量がありません」ということで、致し方なくインクを購入してきて取り替えを実施。

さぁ印刷だ!と思ったのもつかの間、「エラー B200(サービスステーション行きな致命的エラー)」が表示される始末。おそらくは内部ロジックボードに寿命が来たんでしょうが、インク交換させた直後にこれは残酷。

すでに修理対象期間が終了してしまっている端末だったのと、年賀状対応しなければならないため、急遽プリンタを購入することに。

どうせ買うならトレンド機能は抑えておきたいよね!ということで、Wi-Fi対応、スマホ対応、スキャンもOKなヤツを捜した結果、HP ENVY4500 A4カラー複合機 (ワイヤレス印刷対応・自動両面印刷) A9T80A#ABJを購入することに。

決め手のとなったのは価格が一番(5,500円割れで購入可能)なのと、省スペースな点。

このENVY 4500は、高さが12cmと低いので最終的にはそのあたりが決め手に。

hp_envy4500_02.jpg

商品が梱包された箱は、ノートパソコンか?というぐらいの厚み。

箱を開ける前からコンパクトさが伺えます。

hp_envy4500_03.jpg

購入して即使用することから、インクが重要なポイントになってくるわけですが、外箱をちょいと見てみたところちょいと残念なポイントが。

付属のインクのインク量が、オプション品比でブラック約40%で半分以下。カラーは50%と半分ということが判明。

いわゆる「サンプルインク」になるので、当然といえば当然なんですが、なんとも残念。インクでもうける商売とはいえ、初期インクはバッチリ満タンあったらなぁと思うところ。

なお、オプション扱いの増量インクはHP 121 XL プリントカートリッジ 黒 (増量) CC641HJと、HP 61XL インクカートリッジ カラー( 増量 ・ カラー3色一体 ) CH564WAでそれぞれ2,000円ちょいといった感じなので、本体価格の安さからいわゆるリサイクルインクを使用しようかと思っていましたが、この価格帯なら純正インクを購入しても良いかなという印象。

hp_envy4500_04.jpg

インクのことは忘れて商品開梱。

hp_envy4500_05.jpg

すっぽり梱包されてました。

hp_envy4500_06.jpg

開封して、設置。

ぱっと見でノートパソコンみたいな外観。フットプリントは17インチ液晶採用モデルぐらいでしょうか。

参考までに、商品サイズは44.5×33.4×12cm。

hp_envy4500_07.jpg

天板にデカデカと貼られたシール。

特徴が非常にわかりやすくて良いんですが、この手のシールはあまり好きじゃありません。

スイっと剥がして剥がれるのであれば良いんですが、剥がれないで糊が残っちゃったりした日には目も当てられません。

hp_envy4500_08.jpg

HP ENVY 4500の天板シールは無事に剥がれてくれました。

安価な商品ほど、この手のシールは剥がれにくいことを考えると割と好印象に。

hp_envy4500_09.jpg

その後、早速諸々の保護シールを剥がして、テストプリントを実施。

普通紙印字は当然良好。

hp_envy4500_10.jpg

テストプリントを実施したら、そのテストプリントした用紙を利用して、スキャナの調整を行う模様。

hp_envy4500_11.jpg

ぺらっと設置して、ペラーっとスキャン。

スキャン速度は流石にエントリーモデルなので遅いですが、使用頻度がエライ低いので個人的には問題なし。

 

その後、年賀状プリントのために各種設定を施していたんですが、説明書を見ずにセコセコ設定していたらとある箇所にはまってしましました。

それは、ワイヤレス環境設定。

ENVY 4500本体から設定をしていたんですが、どうにもこうにもアクセスポイントへの接続ができません。

何度も何度もENVY 4500の液晶横にあるボタンをポチポチして、WPA2のパスコードを入力したのに接続できず。

よくよく液晶を見てみると、アクセスポイントを選択した後に出てきたのが「WEP/WPA」の文字。

・・・どうやら、本体からはWEP/WPAしか設定できない模様。

この期に及んでも説明書を見ない自分も大概ですが、今時流石にWPA2未対応は無いでしょう?と、本体設定からがだめならPC接続設定じゃ!とばかりに、PCに管理ソフトウェアをインストールして設定を試みたところ、設定元のPCで設定済みだったセキュリティ設定(WPA2)が呼び出され、無事にENVY 4500にも設定することができました。

なので結局、説明書は見てないんですが、WPA2設定を行う際にはENVY 4500本体からの設定ではなく、PCからの設定を実施すればOKな模様。

hp_envy4500_12.jpg

その後、テスト印刷を数枚こなして本ちゃん印刷に。

hp_envy4500_13.jpg

印刷速度および印刷品質はお値段なりといったところですが、年に数度しか使用しない(使っても月に1・2度)ことを考えると十分。(フチあり印刷に見えますが、そういうデザインなため。フチ無し印刷も当然可能。)

エントリーモデルなので、安価かつコストカットが随所に施された商品ではありますが、使用頻度が少なければこれで十分。

インクについても、ブラックカラーインクのみ or カラーインクのみ のどちらでも使用可能だったのは嬉しいポイント。

白黒印刷の方がどちらかといえば多いので、年賀状印刷以外の時期はブラックカラーインクのみで使用していこうかなと。白黒印刷そのものの速度は結構な速度なので、実用性は十分といえます。

インク代は気になる点ではあるものの、コストパフォーマンスは抜群といえるんじゃないでしょうか。

個人的に、写真印刷は写真屋さんなりネットプリントジャパンを利用するので、本機で十分です。

HP ENVY4500 A4カラー複合機 (ワイヤレス印刷対応・自動両面印刷) A9T80A#ABJ

HP ENVY4500 A4カラー複合機 (ワイヤレス印刷対応・自動両面印刷) A9T80A#ABJ
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする