LEDライト搭載+AI自動追跡機能を備えたスマホ用ジンバル「Hohem iSTEADY V2」はロングランバッテリー&高機能でコスパ良いジンバル

s-gimbal_01.jpg

Hohem スマホ用ジンバル iSTEADY V2です。

スマホカメラの進化とYouTubeなどをはじめとした動画配信サービス人気が相まって、当初は視聴する立場のみだったところから、最近になって自分で動画配信や撮影に興味を持って始めてみた、という方も多いでしょう。

自分の撮影したコンテンツを第三者に見てもらいやすくするためには、なるべく高品質な画像や動画を記録したいもの。しかし、個人でやる以上、専任のカメラマンがいない限りは当然自分で撮影する必要があります。

つまり、いわゆる「自撮り」を行う必要があるわけですが、その際にどうしても発生してしまう「手振れ」を防ぎつつ、高品質な撮影を行うのに必須のアイテムが今回紹介する製品のようなジンバルになります。

ジンバルの基本的な機能はしっかりと押さえつつ、さらに低価格ながら撮影者の顔の動きに合わせて自動的にカメラの角度を調整してくれるという、非常に便利な機能を搭載した製品を紹介します。

【特徴】

  • 人の顔を認識し顔の角度の変化に追従する「AIビジョントラッキング」機能

  • 3段階の調整が可能で顔をハッキリ撮影できるLEDライトを搭載

  • 万が一のスマホの電池切れも安心な給電機能

  • 長時間の撮影も疲れにくい259gの計量設計

  • 一台で映画のような効果も得られる多彩な撮影モード

【付属品】

s-gimbal_02.jpg

本製品の付属品は以下の通りです。

  • 製品本体

  • ミニ三脚

  • USBケーブル

  • 携帯用ストラップ

  • 保護ケース

  • クイックスタートガイド

  • 取扱説明書

【本体周り】

s-gimbal_03.jpg

本体正面です。

黒い部分はプラスチックですが、下部の操作パネル部分は金属製で、やや高級感があります。

中央にひときわ大きく見える円形の部分は、スマホの角度をコントロールするためのジョイスティックです。

ジョイスティックの左下には写真/動画の撮影ボタン、右下には電源ボタン兼スマホの回転ボタンがあります。さらにジョイスティックの左上にはバッテリー残量を示すインジケータランプが、右上にはスマホとのリンク状態を示すインジケータランプがあります。

一つのボタンに複数の機能が割り当てられていることで、やや混乱を招く部分はあるものの、本体を握った状態から指を最小限に移動させるだけですべての操作が完結するように配慮された結果であろうと思います。

s-gimbal_04.jpg

次に、本体背面です。

下部中央にある楕円形の切り込み部分の周りはレザー調のデザインが施されています。

また、中央に見えるボタンのような突起部分はスマホホルダーのロック構造です。

このロック構造により、本製品がカバンの中等でガチャガチャと動いてしまうような事態を防ぐことができます。

s-gimbal_05.jpg

次に、本体向かって左側面です。

こちら側には、ちょうどジョイスティックと同じような位置にズーム/ワイプ用のスライドスイッチがあります。

s-gimbal_06.jpg

本体向かって右側面です。

こちらもジョイスティックと同じような位置に、USBの充電/給電用のコネクタがあります。

s-gimbal_07.jpg

本体底面です。

底面には2つの穴が開けられています。

中央に見える金色の穴は三脚を取り付けるためのもので、下部に見えるもう一つの穴はストラップを取り付けるためのものです。

s-gimbal_08.jpg

次に、これはスマホホルダー部分のロックを外して広げたところです。

s-gimbal_09.jpg

スマホホルダー部分を拡大すると、上部の中央にはAIビジョントラッキング用のカメラがあり、さらにカメラの下側には半円状に白く光って見える帯のような部分があります。

この部分はLEDライトになっています。

s-gimbal_10.jpg

スマホホルダーの横の中央に見える丸いボタンは、AIビジョントラッキング機能を有効化したり、前面のLEDライトの強さを切り替えたりするためのスイッチになっています。

s-gimbal_11.jpg

次に、付属のミニ三脚を取り付けてみました。

若干ではありますが、本体の全長がこれによって長くなります。

手が比較的大きいということもありますが、三脚を取り付けていない時よりも、この方が握って操作しやすいと感じました。

s-gimbal_12.jpg

さらに、三脚を広げたところです。

写真のように三方へ広げると、ジンバル本体を自立させることができます。

このように、手持ちをするにしても自立させるにしても、非常に利便性が高いため、付属の三脚は本体に付けっぱなしにしても良いかもしれません。

【使用感】

s-gimbal_13.jpg

専用のアプリをインストール・起動して、アクティベーションしたのち、さらに本製品の電源をONにすると、このように自動的にスマホが「真横」になる位置に回転し、静止してくれます。

s-gimbal_14.jpg

ジンバルのズームボタンを操作すると、このようにズーム/ワイプも自由自在に操作できます。

s-gimbal_15.jpg

さらに、手元にある右側のボタンを操作すると、スマホホルダー部分が90度クルっと回転して、縦向きでの撮影ができるようになります。

また、単純な縦横の切り替えだけではなく、画面下側に見える通り、専用のアプリ上では「スローモーション」、「タイムラプス」、「写真」、「ビデオ」、「効果」などの様々な撮影モードがあり、これらを切り替えて使用することができまさす。

s-gimbal_16.jpg

中でも、面白いのは「効果」モードで、映画「インセプション」のワンシーンのような、ゆっくりと回転する映像を自動的に撮影することもできます。

s-gimbal_17.jpg

s-gimbal_18.jpg

s-gimbal_19.jpg

このように、インセプション撮影では、グルグルと自動的にスマホホルダー部分が回転をはじめ、ユニークな動画を撮影することができます。

s-gimbal_20.jpg

次に、本製品の大きな特徴であるAIビジョントラッキング機能を起動したところです。

スマホホルダーの左上にあるインジケータランプが点灯し、さらに顔の周りには緑色の枠が表示されて自動追従が行われるようになります。

この状態になると、手元でジョイスティックを操作しなくても顔の角度の変化や移動に合わせて自動的にスマホの角度を調整してくれます。

歩きながら撮影する時でも、スマホの角度調整に気を割かれることがなく撮影を続けられますので非常に便利です。

また、例えば三脚でジンバルを自立させて、お料理動画などを撮るという時でも、ジンバルを操作することなく自身の移動に追従してくれますので、まるで専属のカメラマンがいるかのように撮影を行うことができます。

なお、このAIビジョントラッキング機能の起動には2つの方法があります。

  1. スマホホルダーの横にあるスイッチを押す
  2. ジェスチャーによる起動

特に便利なのは後者のジェスチャーによる起動方法で、これを有効にしておくと、カメラに向かってピースサインをするだけで、自動的に被写体に追従した撮影が開始されます。

s-gimbal_21.jpg

ここでは、さらにスマホホルダーのカメラ下にあるLEDライトを点灯させてみました。

この写真はLEDライトを最大輝度にしたところですが、暗所での撮影にも活かせそうなほど、十分な明るさがあります。

s-gimbal_22.jpg

最後に、白黒のモードで撮影しているところです。

スマホの画面右側に様々な効果の選択肢が表示されているのが見えると思いますが、このようにプリセットで撮影効果が多数用意されています。

「白黒撮影」や「美肌モード」のように、効果(フィルタ)を加えた撮影も、本製品とアプリのみで完結することができます。

【使用しての感想・その他】

本製品の動作は全体的に極めて滑らかで、撮影した動画を見ても、特に違和感の無い結果を得ることができました。

また、使用感の中では触れられませんでしたが、ジンバルのON/OFFも電源ボタンを数秒「長押し」することが必要な設計になっています。

これによりカバンの中に入れている時の誤操作などで知らない間に起動してしまっていたり、撮影中にも関わらず電源をOFFにしてしまったり、というような「事故」を防ぐことができるよう、配慮されていることもポイントが高いです。

そして、何と言ってもAIによるトラッキング機能が想像以上に便利で、相当高速な動きを行わない限りはカメラの角度調整を本製品が自動的に行ってくれるため、ジョイスティックを操作する煩わしさから解放されます。特に、三脚を使ってAIビジョントラッキング機能を起動すると、ほぼ完全な「ハンズフリー撮影」を実現することができます。

これにより、動画を撮影していることを変に意識することなく撮影したい作業そのものに集中できる、という点では値段以上に価値が高いと感じました。

とは言え価格帯も比較的抑えられており、このような機能がついて1万円台であれば十分に「元は取れる」製品だと思います。

特に自撮りでの動画撮影の機会が多い方は、是非本製品の購入をオススメします。

ホワイトカラーモデルもあるので、お好みでどうぞ。

hohem V2 スマホジンバル 3軸 AI自動追跡 撮影用ライト付き3階段調光 スマホに給電可能 9時間駆動 手振れ防止 スタビライザー 手のポーズ撮影 美顔 折りたたみ式 小型軽量 バレンタインギフト プレゼント 贈り物 最大耐荷重280g iPhone/Android対応 日本語対応アプリHohem Pro 国内正規品 hohem V2 スマホジンバル スタビライザー 3軸 AI自動追跡 撮影用ライト付き 3階段調光 9時間稼働 手ブレ補正 ジェスチャー操作 肌映え スマホ給電機能 折りたたみ式 小型軽量 最大耐荷重280g 自撮り棒 195g超軽量 360°回転 三脚 Bluetooth リモコン付き 折りたたみ セルカ棒 手振れ防止 無線 自動回転 颜追跡 美顔 360°パノラマ動画 トラッキングモーション ドリーズーム タイムラプス インセプション効果 Vlog作り 自撮り用 iPhone/Android対応 日本語対応アプリ Hohem Pro 国内正規品 ホワイト

Hohem スマホ用ジンバル iSTEADY V2

コメントする