ネイティブフルHD解像度なプロジェクター「TOPTRO X1」が明るさ十分&4D調整対応でピッタリ投影

toptro_x1_01.jpg

TOPTRO X1です。

ネイティブ解像度1920×1080対応と10,000:1のコントラスト比で高精細な大迫力の映画などを自宅で簡単に楽しみたいときに便利な、ネイティブフルHD解像度対応7,500lmプロジェクターになります。

7,500lmの明るさにより、明るめの部屋でも鮮明な画面を映し出せるのは嬉しいところ。

Wi-Fi機能を搭載し、スマホやタブレットとの接続が簡単にできて便利。スマホ画面をスクリーンにミラーリングでき、4K入力にも対応するなど高画質な動画や映画の鑑賞が手軽に楽しめます。

Bluetooth機能も搭載しており、Bluetoothスピーカーとしても利用可能。

4D台形補正機能機能を搭載していますので、斜めの角度からの投影でも台形の歪みを補正でき、投影場所を選ばず自由に使えます。3Dではなく、4D調整可能というのがポイント。四隅それぞれで調整ができるので、めっちゃ斜めな位置からでもまっすぐ投影しているかのように映し出すことが可能です。

加えて、50%ズーム機能で、プロジェクター本体の位置を固定したままリモコンでX/Y軸から半分ズームでき、プロジェクターの画面サイズ調整が可能と至れり尽くせり。

なかなかフィット感よく設置が行えたのでご紹介。

toptro_x1_02.jpg

最近のトレンドなんでしょうか。

プロジェクター収納用のケースが付属してきます。

TOPTROのロゴもかわいい感じです。

toptro_x1_03.jpg

片手で普通に持って運べるサイズ&重量感。

お手軽感があって良いです。

toptro_x1_04.jpg

トラベルケースのような収納され具合。

クッション具合も十分で、普通に持ち運び利用に適している印象。

左側に付属品がまとめられている感じです。必要なものがすべて収まるのはいいですね。

toptro_x1_05.jpg

付属品は御覧の通り。

HDMIケーブル、リモコン、電源ケーブル、ユーザマニュアル、AVケーブルといったところ。

AVケーブルは使うシーンがなさそうではあります(コンポジット入力受け付けるテレビとかなくなりましたよね)。

toptro_x1_06.jpg

リモコンはスタイリッシュ。

細長タイプで、すっきりしています。ボタン配置として右上の回転ボタン(180度回転、上下反転)は不要かな・・・という感じですが、全体としては使いやすいです。

toptro_x1_07.jpg

TOPTRO X1本体です。

3㎏程度なので、まぁ片手でも持てます。レンズ部が大きいのが印象的。

toptro_x1_08.jpg

正面ちょい上から。

上部はファブリック素材になってます。

メーカロゴの横にあるのは赤外線受光部かなということで、リモコン操作受け付けてくれる部位となります。

toptro_x1_09.jpg

レンズ部。キャップはレンズを一番ひっこめた状態でフタができるタイプ。

ある程度出した状態でもキャップができるといいんですが、20,000円前後の商品にそこまで求めるのは欲張りということなのかもしれません。

+500円とか+1000円とかでもいいので、キャップ部は改善してもらいたいポイントではあります。

汎用カバー品とかあっても良さそうですけどね。

toptro_x1_10.jpg

上側から。

ファブリック素材は手触りがいいです。

汚れも目立ちにくいのは好印象。

toptro_x1_11.jpg

操作ボタンは御覧の通り。

ファブリック素材ですが、その下には物理ボタンがある形で押したらカチカチと反応してくれる形。

toptro_x1_12.jpg

背面。

すっきりとした見た目です。

toptro_x1_13.jpg

HDMI×2、AV、ヘッドホン、USB×2、リモコン受光部という構成。

リモコンは背面側になるわけですが、操作反応はよく、サクサクと動作してくれました。

表側にも受光部があるので、そちらで反応してくれているのでしょう。

toptro_x1_14.jpg

サイド部。

フォーカス調整と、ファン排気部。

toptro_x1_15.jpg

排気部はフタが外せます。

中にはフィルター。

toptro_x1_16.jpg

フィルターも外してお手入れが可能。

toptro_x1_17.jpg

中にはシロッコファンが備わってました。

こちらのメンテはブロワーでガーっとするぐらいかなと。まぁ、十分だと思います。

toptro_x1_18.jpg

TOPTRO X1電源投入するとLEDが点灯。

通電時で赤色LED、電源ONすると青色LEDといった具合です。

toptro_x1_19.jpg

高さ調整は5cm程度上げられる感じでしょうか。

割と長めではあります。

個人的にはノートパソコンスタンドなどを使って設置することをオススメ。

toptro_x1_20.jpg

パッと投影。

明るい部屋でも視認性良し。

写真よりも実際はもう少し見やすいです。

toptro_x1_21.jpg

個人的に、設置場所が限られている環境では必須かなという4D調整機能。

いわゆる台形補正なんですが、四隅それぞれで調整が可能なモデルを選ばれることを推奨します。

toptro_x1_22.jpg

写真のように、四隅それぞれで上下左右の調整をすることができるので、単なる台形補正ではなく、全体の角度調整が行えるわけです。

これにより、変な角度で投影したとしてもきれいに調整することができます。

toptro_x1_23.jpg

言語設定はデフォルト英語ですが、日本語にもばっちり対応。

toptro_x1_24.jpg

ちょっと白壁に青色はスマホの補正もありますが見えにくいので、部屋を暗くするとこんな感じ。

メニュー画面についても解像度が高く非常にきれいです。

toptro_x1_25.jpg

Bluetooth機能も備えているので、ワイヤレススピーカーなどに接続して利用することができます。

本体内蔵のスピーカーも割とクリアに音を鳴らしてくれるのと、音量も十分なので、こだわりがなければそのまま利用してもいいのかなとは思います。

toptro_x1_26.jpg

Wi-Fiも当然対応。

ちょっとうれしかったのは、プロジェクターがアクセスポイントとなってそこに接続するのではなく、共通ネットワークにプロジェクターを接続させることで、同一ネットワークのスマホなどからプロジェクターに対して映像をキャストすることが可能だという点。

Wi-Fi接続先変更操作がいらないというのは思っていた以上に便利。手間が一つ減るだけなんですが、思っていた3倍ぐらい楽になった印象。

TOPTRO X1自体の立ち上がりが非常に速いということもありますが、操作レスポンスも上々。キャスト操作についても同一ネットワーク接続で行えるということもあって快適です。スマホ、タブレットから映像を飛ばすのに便利。PC接続でキャストしてもいいんじゃないでしょうか。

投影品質は申し分なく、部屋の明るさを調整できるタイプのシーリングライトを用いていれば部屋の明るさを薄暗くすればOK。

投影するプロジェクターの映像が非常に明るいので、部屋を真っ暗にまでする必要なく使えるのがいいですね。

今設置している部屋のシーリングライトは10年以上前の電球タイプなため、ON・OFFしかできず、買い替えたいなぁと思わせる感じにはなりました。

同価格帯でネイティブフルHD解像度、5,000~7,000lm前後の商品はありますが、4D調整が出来る点とネットワーク接続がアクセスポイント化ではなく同一ネットワークでOKな点、そして7,500lmの明るさと外観およびファブリック素材採用により見た目の良さなど押さえるべきポイントがしっかり押さえられ+αの魅力もあるハイコストパフォーマンスな商品といえます。

ファンの動作音も控えめで、内蔵スピーカーの音がクリアで良く鳴ってくれることもあり、それほど気にならないのもポイントかなと。

欲を言えば、高さ調整機能が貧弱(5cm程度の調整のみ)なのと、キャップがフォーカス調整した状態で付けられない点、起動後に入力インターフェースを毎回選択しなければいけない(入力ソースメモリ、自動切り替え機能がない)のが気になるかなというくらいです。

実用上の問題は皆無なので、個人的には使用頻度を考えると問題ないと判断出来る程度ではありました。

割引クーポン!

今ならさらに、リンク先に9,000円OFFクーポンがでています。

クーポンコードの使用期限は6/30 23:59まで。マーケットプレイス 電子商品専売 取扱品が対象です。

TOPTRO プロジェクター WiFi 1920*1080P 4K対応、7500LM 300インチ大画面 Bluetooth5.0 天井 小型プロジェクター、4Dデータ台形補正 50%ズーム ホーム ビジネス プロジェクター、USB/HDMI/AV/3.5mmオーディオ端子対応 スマホ/パソコン/タブレット/ゲーム機/DVDプレーヤーなど接続可能

TOPTRO X1

コメントする