Google Reader終了に伴い代替としてTinyTinyRSSを使うことにした

  • 投稿日:
  • Category:

tinytinyrss_01.jpg

Google Readerが2013/7/1でサービス終了することは周知の事項なんですが、終わるとわかっていても追い込まれないと動けない性格なのでこれまで放置してました。

このままじゃいかんということで、切羽詰まって重い腰を上げて行動を開始。

事前に評判の高かったFeedlyでいいかな?と思っていたものの、FeedlyはGoogle Readerからの移行はめちゃくちゃ簡単でサクッと移れはするものの、代替サービスとしてはどうもボタンの位置だったり、操作性だったり、Google Readerとの違いを出そうとしているのか、ちょっと独自性が強くてGoogle Readerの良かったところを潰してしまっていたので使用を断念。

ほかに、netvibesも検討したものの、こちらはigoogle的な機能も備えていてGoogle Reader代替として優秀そうだったのにレスポンスが襲い、フォントが見にくい上に変更出来ないという状況で慣れ(耐え)られなくて断念。

など、他のサービスも結局Google Reader代替として開発されていた経緯もあってか、Google Readerとの差別化を図るあまり、結果として使いにくくなっているような印象。

で、結局求めていたのはGoogle ReaderのCloneだったんだな~ということで、Google Readerクローンとして結構長い間開発されててカスタマイズ性も良さそうなTinyTinyRSSを使用する事に決定

過去にフレッシュリーダというサーバ設置型のRSSリーダがあって便利に使ってたんですが、開発・販売終了となってGoogle Readerを使い始めたという経緯があったり。その点、TinyTinyRSSはオープンソースなのが魅力的。サポートはさておき、長く使えそうです。

各種代替サービスとは異なり、レンタルサーバなり、独自ドメイン取得(※IPアドレスでアクセスできればOKなので必要に応じて)なり、自宅サーバなりを用意する必要がありますので、一般向けとはいえないのが難点といえば難点。

レンタルサーバお高いんでしょ?という方には、初年度100円キャンペーンやってたりするドメインキングや、105円/月ロリポップ!レンタルサーバーとかでやってみるのもいいんじゃないかと。

無料提供サービスはGoogle ReaderしかりFeedlyしかりいつ終了するのかわからないので、そういう意味では自宅サーバ等で使用できるのでサービス終了の憂き目を見ることがないというのはある意味で安心感を得られるのは大きな利点。

そんなわけで、ザックリと環境構築してみました。

OS:CentOS
導入するソフトウェア:Tiny Tiny RSS 1.8(wikiページ最下部からDL)

TinyTinyRSS導入事前準備

Apache / MySQL / PHP(Ver.5.3以上が必要)

MySQL以外に、InnoDBやPostgresでもOK

※レンタルサーバなどでは初期導入されてるケースが多いので導入については省略。

追加モジュールのインストール

# yum install php-mysql php-xml php-mbstring

Tiny Tiny RSSの配置・展開

DLしたTiny-Tiny-RSS-1.8.tar.gz をFTP/SCPでコピーし、解凍した上でapacheのドキュメントルート以下に配置

# tar zxvf Tiny-Tiny-RSS-1.8.tar.gz
# mv mv tt-rss-1.8 /var/www/html/tt-rss

Tiny Tiny RSSの設定変更と所有者権限変更しておく

config の編集

# cd /var/www/html/tt-rss
# cp -a config.php-dist config.php
# vi config.php

最低限必要なのは以下の指定。

define(‘DB_TYPE’, “mysql”);
define(‘DB_HOST’, “localhost”);
define(‘DB_USER’, “DBのユーザー名”);
define(‘DB_NAME’, “DB名”);
define(‘DB_PASS’, “DBパスワード”);
define(‘SELF_URL_PATH’, ‘http://ドメイン/パス’);

所有者権限変更

# chown -R apache:apache tt-rss
# chmod 600 config.php

Tiny Tiny RSS用DB作成とか

# mysql -u root -p
mysql> create database tt-rss;

Tiny Tiny RSSスキーマをインストールする

# mysql -u root -p tt-rss < schema/ttrss_schema_mysql.sql

ここらで、Apacheを再起動して各種設定反映等を実施。

 

Tiny Tiny RSSの設定

http://ドメイン/ttrss設置パス/

にアクセス。(何も表示がされない場合は設定ミス。apacheのerrorログ等を参照して対処)

初期ユーザ名admin、パスワードはpassword。

ログイン後、右上のActions(操作)>Preferencesから設定変更を実施。

tinytinyrss_02.jpg

google ReaderからエクスポートはGoogle Reader の「設定」→「インポート/エクスポート」→「情報をエクスポート」から。

「Download your data through Takeout」を選択することでデータをエクスポートでき、しばらく待ってダウンロード。

ダウンロードしたデータの中にある subscriptions.xml をTinyTinyRSSのPreferences内にある「フィード」「OPML」から「import my OPML」で取り込み。

feedの更新は各種feedのダブルクリックで取得させたりできるものの、都度やってられるわけがないのでcronで自動更新にしておくことを忘れずに。

cronの設定

#crontab -u Apache -e */5 * * * * /usr/bin/php tt-rss公開パス/update.php --feeds >/dev/null

これで設定完了です。

プラグインやらなんやらカスタマイズ性が強いので、細かな設定等は必要になるかと思いますが、概ね導入してfeedをインポートしてしまえばGoogle Readerライクに使用できるので使い勝手は良さそう。レスポンスも上々です。

個人的に、feedlyはバックアップ用途でアカウント登録だけ実施しつつ、メイン利用は自宅サーバでのTinyTinyRSSで行きます。

※追記:「GoogleReaderから移行したTinyTinyRSSは広告フィルタ出来たりフィードエラーがわかったりで便利」を書きました。

コメントする