寝室にぴったり!コンパクトサイズな「Dreamegg DG-L03」はパワフル&オシャレなスマートライト

s-smartlight_01.jpg

Dreamegg スマートライト DG-L03です。

見た目にも鮮やかな、LEDライトでスマホアプリからコントロールして色々な照らし方で使えます。

秋と言えば秋の夜長。寝る直前まで読書を楽しんだりされる方も多いでしょう。

また、朝日が昇るのも徐々に遅くなるため、朝なかなか起きづらい・・・となる季節でもあります。そんな「秋」のお供にとてもピッタリなスマートライトとなってますので、ご紹介。

本製品には以下の特徴があります。

  • スマホアプリでの手動操作に加え、Amazonアレクサ、Googleアシスタントでの音声制御

  • 1600万色のRGB単色照明+オシャレな照明パターン

  • 実際の「日の入り」と「日の出」のように快適な入眠、起床をサポートする光のアラーム

  • 白色一色のどんなインテリアにも馴染むデザイン&コンパクトボディ

【付属品】

本製品の付属品は以下の通りです。

s-smartlight_02.jpg

  • 本体

  • 電源ケーブル

  • 取り扱い説明書

商品構成はシンプルですね。

【本体周り】

s-smartlight_03.jpg

まず、本体正面です。

ツルっとした質感に加えて、程よく丸みを帯びた形状は、お部屋のインテリアとしてもちょうど良い可愛らしさがあります。

s-smartlight_04.jpg

本体背面です。

前面同様、白一色で統一されています。

製品情報の表示のためのシールまで白になっている辺りは、強い統一感へのこだわりを感じます。

中央には物理的な電源ボタン兼明るさの調整ダイヤルがあります。

また、下部には製品自体を自立させるための突起のような構造があります。

s-smartlight_05.jpg

本体背面中央にある、電源スイッチ兼明るさの調整ダイヤル部分を拡大したところです。

明かりをつける時にはこの中央部分を押すことで点灯し、何度か押す毎に照明のモードが切り替わります。

円周部にギザギザのような模様が見えますが、ここに指をあててダイヤル式の金庫のようにクルクルと回すことで明るさの調整を行うことができます。

スマートフォンからの操作が基本の製品ではありますが、物理ボタンでも一応制御できるのは良いポイントだと思います。

s-smartlight_06.jpg]

s-smartlight_07.jpg

本体背面の突起部の横にある電源端子と電源ケーブルです。

本体側は電源の差込口が極力目立たないように、という配慮からか、突起部の横に端子が設けられています。

ただ、写真を見ていただくと分かる通り、電源ケーブルはUSBなのですが、本体への接続端子はUSBではなく通常の電源コネクタとなるため、一般的なUSBケーブルで代用することが出来ません。

せっかくUSBでの電源供給を採用しているのにも関わらず、ここが独自仕様なのは少し残念なところですが、困る点は長さが合わなかったときくらいかな?とは思います。

なお、ケーブル長は1.8mです。

 

一方で、USBから給電できる照明器具は比較的珍しい(最近は一般的になってきた感はあるものの)ですし、寝室にはスマホなどの充電用にもUSBの差込口がある環境も増えてきているかと思いますので、USBなら便利に使える!と感じるケースも多いのではないでしょうか。

また、5V/2Aの出力が確保できれば、モバイルバッテリーでも十分動作しました。

使っていないモバイルバッテリーがある方は、ケーブルの取り回しを柔軟に行えるのではないかと思います。

【使用感】

本製品を使い始めるには、まずアプリをスマートフォンにインストールして起動し、本製品を登録します。

本体の電源が入った状態でアプリを起動すると、初回は自動的に本製品を見つけてくれるので簡単に登録することができます。

ただ、設定の過程でWiFiのパスワードを入れる画面が出てくるのですが、自動的に今自分がつながっているアクセスポイント名が選択されます。

この時、5GHz帯の周波数でアクセスポイントに繋がっていると、本製品は5GHz帯に対応していないため登録に失敗します。

5GHz帯で接続している方は2.4GHz帯(IEEE 802.11 b/g/n)のWiFiにスマホを接続しなおしてから設定を行うのが無難です。

※一度本製品の設定が終わってしまえば、スマホ自体は5GHz帯で繋ぎ直して問題ありません。

s-smartlight_08.png

登録が終わると、このようにいくつかのメニューが表示されます。

大きく分けて、本製品の点灯の種類には、睡眠ライト・RGBライト・雰囲気ライトの3つがあり、他にもタイマーが設定できるようになっています。

 

まず、RGBライトのモードで点灯してみます。

s-smartlight_09.jpg

最大の明るさで点灯したところです。

小さ目の製品ながら、寝室などでも、はっきりと周囲が確認できるほど明るくなります。

定格消費電力は6Wなので、白熱球換算で50~60W程度の明るさが得られると思っていただければ良いかと。

s-smartlight_10.png

次に、RGBライトの色を変えてみます。

このように、アプリ上で色見本の中から好きな色をタップして選択するだけで点灯時の色を変更することができます。

ちょっと明るすぎる、という場合でもこの画面にあるバーを調整することで0%~100%まで無段階で調整可能ですので、色と明るさだけでもかなりのパターン数になります。

買ってみたけど好みの色がなかった、ということはまず無いでしょう。

s-smartlight_11.jpg

s-smartlight_12.jpg

こちらは青と赤を選択して点灯色を変更したところです。

白以外のカラーにすると、どうしても若干明るさが弱い印象になりますが、本体の質感も相まって色味は良いと思います。

s-smartlight_13.png

次に、睡眠ライトと雰囲気ライトを試してみます。

s-smartlight_14.jpg

こちらが睡眠ライトモードで点灯させたところです。

家庭用の一般的な照明器具でいうところの「常夜灯」として使うことを想定したものだと思いますが、決して単色ではない、淡く、優しい色味になっています。

最近の家庭用照明では、昔ながらのオレンジがかった常夜灯がそもそも無いものも珍しくありませんが、就寝時にはこのようなライトがある方が落ち着く、という方も多いのではないでしょうか。

s-smartlight_15.jpg

s-smartlight_16.jpg

続いて、オシャレな色味で部屋の雰囲気を変えてくれる雰囲気ライトモードです。

静止画像ではなかなか伝わらないのですが、複数の色が交じり合い、時間の経過と共に徐々に色味を自動的に変えながら点灯してくれます。

夜間には、まるで熱帯魚の水槽のような、幻想的な色味にも感じられます。

s-smartlight_17.png

また、雰囲気ライトモードは9つの点灯パターンがあり、それぞれの光の流れ方やスピードまでカスタマイズすることができます。

点灯パターンの中では、「オーロラ」や「海」が美しさでは抜きんでている印象ですが、「焚火」のパターンも、寒くなりはじめた今の時期、見た目で少しお部屋に暖かい印象をプラスしてくれるのでお勧めです。

s-smartlight_18.jpg

s-smartlight_19.jpg

こちらは、他の照明を切って単独で付けてみたところです。

周囲が暗い環境では、より光が柔らかく広がっている様子が分かります。

寝室の雰囲気を手軽に変えるのにピッタリですね。

s-smartlight_20.png

このほか、本製品にはユニークな「アラーム機能」や「お休み機能」があります。

「アラーム」と言っても、大きな音やメロディが鳴り響くわけではなく、なんと「光」で実現するアラームになっています。

例えば、この画像の「点灯モード」の箇所を見ていただくと「日の入り」などと表示されていることが見て取れるかと思いますが、この通り設定時刻に鳴る「音」を設定するのではなく、「光り方」を指定します。

光の明滅で起こしてくれたり、「日の出」モードでは設定した時間になると徐々に明るくなっていき、まるで本当の日の出のように目覚めることができます。

もちろん、「日の入り」モードでは徐々に暗くなっていくわけです。

光にあまり敏感でない方は起床のアラームには一般的な音が出るアラームも併用された方が良いと思いますが、休みの日などにはちょうど良いと思います。

また、例えば夜勤が多いようなお仕事で普段昼間に部屋を暗くして休まれている方は、日の出モードを設定して就寝すると、朝のような光を再現してくれますので、自然に目覚めることができます。ただでさえ辛い夜勤でも、これによって体への負担が軽減されるかもしれません。

s-smartlight_21.png

さらに、アプリ上の機能としては、「スマート」という機能があり、指定した条件になると特定の動作をさせる、という機能があるようなのですが、本製品は対応していないのか、条件を指定しても自動実行はうまく動作しませんでした。

アプリ自体は本製品専用というわけではなく、他の製品にも対応するもののようなので、他の製品向けなのかもしれません。

ただ、「ワンクリック実行」という、特定の動作をワンタップで行うボタンを作る機能は使うことができましたので、例えば一度のタップで雰囲気ライトをつけたい、消したいなどのよく使う動作の指定には活用できそうです。

【使用してみての感想・その他】

実際の製品を初めて見た時は想像以上に小さかったので、これで照明になるだろうかと思いましたが、USB給電でもしっかりと想像以上の明るさで照らしてくれますので、他の照明がなくてもベッドサイドもこれ一台でちょうど良いと思います。

また、照明の効果による起床、入眠というのもユニークで面白いところです。

惜しまれるポイントはやはりUSBケーブルが何故か本体側が汎用的なコネクタでない、というところですが、持ち歩いたり、色々な部屋に移動して利用するような製品ではありませんので、これはこれでいいのかもしれません。

寝室のイメージを少し変えて気分を変えたいものの、熱帯魚の水槽を置いたり、家庭用のプラネタリウムのような機器を置いたりするのはちょっと過剰、というような方でも本製品ならばどんなお部屋にでも簡単に設置でき、馴染みやすいと思います。

秋の夜長のお供に枕元へ一台、本製品を置いてみては如何でしょうか。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「DGL031500」を適用することで1,500円OFFと非常にお買い得。加えて、リンク先掲載の1,000円OFFクーポンも10/25までですが併用可能。

クーポンコードの使用期限は10/31 23:59まで。マーケットプレイス ドリーム生活優品 取扱品が対象です。

スマートライト Dreamegg ナイトライト おしゃれ アプリ連携 音声制御 アレクサ対応 光目覚まし 1600万種RGBライト フルカラー 無段階調光 雰囲気作り 間接照明 LED 照明 目覚ましライト ベッドサイドランプ パーティー 誕生日 デート プレゼント DG-L03

Dreamegg DG-L03

コメントする