DOSPARA新製品(Haswell搭載モデル)発表会で貰ったUSBメモリ

  • 投稿日:
  • Category:

gareria_usb_01.jpg

DOSPARAで、第4世代インテル Core (Haswell) i7-4770 搭載パソコンがすでに販売開始となっていますが、その新製品について、先日「DOSPARA新製品(Haswell搭載モデル)発表会に行ってきました」が、その際に貰ったUSBメモリの中身なんかを確認してみました。

この手の資料提供用USBメモリは4GBぐらいかな~という感じで、ちょっとした資料を入れる分には十分なので、有り難いんですが、容量的なものはさておき、Transcend スライド式USBメモリ TS16GJF500Eのような横スライドモデルは結構あるんですが、プッシュタイプはあまり見かけることが無く、以外と使い勝手の良い造りだったんで、ちと写真を撮ってみたり。

gareria_usb_02.jpg

おまけにQUOカードも貰ってました。

新製品の発表会に参加させて貰って、製品開発された方や、系列ショップである上海問屋の担当者さんと直で色々とお話しできるのに、QUOカードも貰えちゃったりで有り難い限り。

しかも2,000円分ということで、交通費+食事代ぐらいになってくれました。

gareria_usb_03.jpg

さておき、このUSBメモリ。ボールペン方式で端子を出したり引っ込めたり出来ます。

USBメモリはノンキャップ式が好みな身としては、これが有り難い。

キャップ式のヤツはすぐキャップを無くしてしまうので・・・。

gareria_usb_04.jpg

端子を出す前はこんな感じ。

USBメモリはこういった端子内蔵タイプが好きなのです!といいたいだけの記事でした。

おまけ

gareria_usb_05.jpg

おまけにUSBメモリをPCにさしてみたところ、資料がバッチリ保存されてました。

発表会で曖昧だった記憶を、こういった資料で振り返られるというのはやはり助かります。

 

で、肝心?のUSBメモリ容量は「2GB」・・・残念!

容量的に実用性が低いのがちょいと残念ではありました。2GBのUSBメモリを用意する方が今となっては4GBや8GB比で実は割高なんじゃない?とか思いつつもそこは資料配布用であり、1GBにも達しないファイル群なので、2GBで十分でしょうというお話。

別用途に使っちゃおうかなぁとかいう思惑はもろくも崩れましたが、こういった発表会ではUSBメモリ配布方式が望ましいのでありがたいところ。

ビジネス寄りのイベントだと結構宣伝兼ねてUSBメモリ配布にしてるかと思いますが、コンシューマ寄りのイベントでも、もっと広まっていくと良いんじゃないかなと思います。

コメントする