久方ぶりの大容量電源に「CoolerMaster V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP」を選択

coolermaster_v750_rs750-amaag1-jp_01.jpg

結構ごっついグラフィックボード(AMD RADEON 380X)を搭載することもあり、メインで使用しているPCをちょっと変更する必要性に迫られまして、低容量電源だとどうしようも無いということで、700W超の電源を購入することに。

80PLUS GOLD認証、80PLUS PLATINUM認証といった高効率モデルが当たり前になっている昨今において、電源選びの際に以下をチェックポイントとして検討。

  • 容量700W以上
  • GOLD認証以上
  • 16cm以下の奥行き
  • 可能であればプラグインタイプ
  • 15,000円以下
  • 3年以上のメーカー保証

その結果CoolerMaster RS750-AMAAG1-JP (V750 Semi-Modular)を選択して購入しました。

このCoolerMaster V750は

  • 容量750W
  • 80PLUS GOLD認証
  • 奥行き14cm
  • セミプラグインタイプ
  • 12,000円程度
  • 5年メーカー保証

と、チェックポイントをほぼクリア。

フルプラグインが良かったんですが、お値段ほかを考えるとセミプラグインでも十分妥協できると判断した次第。

独自の立体基盤設計は優れたエアフローを実現し、常識を塗り替えると謳う12V±1%の出力安定性100%と、日本製コンデンサによる信頼性の高さが魅力。セミモジュラータイプなので、ストレージ用の5V電源などは必要な分だけ接続すればOKで、余計なケーブルを這わす必要がなくなり、エアフロー向上などに寄与してくれることも期待しての購入だったり。

回路ノイズを抑えるダブルレイヤーEMIフィルターや高効率トランスを搭載するなど、高効率で低発熱のDC-DCコンバータを採用しているのもポイントといえそうです。

そんなCoolerMaster V750をちょっと見ていきます。

CoolerMaster V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JPはコンパクト

coolermaster_v750_rs750-amaag1-jp_02.jpg

パッケージから出した外観はこのような形。

奥行き14cmだということで、非常にコンパクトです。

正方形かな?というようなサイズ感に収まってますが、実際には幅15cm、奥行き14cm、高さが8.6cmといったところで1cmだけ幅が長いです。

CoolerMaster V750 の+12Vはシングルレーンで62A出力対応

coolermaster_v750_rs750-amaag1-jp_03.jpg

出力スペックシートは画像の通り。

+12Vで62A、744Wまでいけるので出力が足りなくなることはないでしょうし、省電力性も高そうです。

CoolerMaster V750はストレージコネクタがプラグイン

coolermaster_v750_rs750-amaag1-jp_04.jpg

セミプラグイン仕様ですが、プラグインとなっているのはストレージ系のケーブルが対応しています。SATA電源やFDD電源ケーブルなどが対応。

おノット園については可も無く不可も無くといったところ。

なお、ATX24ピンケーブルの先は20ピン+4ピンだったりするので、旧世代PCにも対応できるあたりに汎用性もあるなぁという印象を与えてくれます...が、まぁ24ピンでいいんじゃないかな?という気がしなくも無かったり。

CoolerMaster V750の冷却ファン

coolermaster_v750_rs750-amaag1-jp_05.jpg

冷却ファンは静音性の高い12cmファンを採用していて、電源内部の温度状況に応じてファンの回転数は600~800rpmで動作します。

回転数からもわかるように、非常に静音で、電源投入直後ぐらいしか動作音を感じないレベルの静音性を誇ります。

高効率かつ低発熱であるが故の低回転ファン採用というところでしょうか。

動作音が気になるというシーンは皆無なので、この点は満足度が高いです。静音万歳。

CoolerMaster V750は収まり良し

coolermaster_v750_rs750-amaag1-jp_06.jpg

煙突型PCケースこと「SilverStone Fortress SST-FT03B」を開封」で書いたSilverStone Fortress 黒 煙突型 SST-FT03BにCoolerMaster V750を搭載してみました。

やはり奥行き14cm。コンパクトさがいい具合に目立ちます。

省スペース、省エネなのはいいことです。

ボトム設置タイプなので、前述したように動作音は全くもって気になりませんし、動作温度も基本的にゲームなどやらない人なので負荷がそれほど掛からずひんやりした状態で、ド安定。

日頃・・というか、普段使いのPCはグラフィックボードを使用しないので、基本低容量・高効率なものをチョイスしていたため400W程度で良かったんですが、必要に迫られたとはいえ大容量モデルを久々に扱うことになりましたが、想像以上に静かで安定していたので電源もがっつり進化したんだなーと思ったり。

情報として色々仕入れてはいても、実際に使用してみたら色々気になるところが出てくるんじゃ?とか考えてましたが、懸念は払拭。

コンパクトさも無理してコンパクトにしなたのではなく、特に発熱その他に問題なく、余裕があるからコンパクトにしちゃいました的な感じで好印象。余裕を持った造り..なのかはわかりませんが、2週間程度連続稼働させてみても何の問題も無いので十分期待に応えてくれる電源でした。

発売開始から1年以上経過してますが、売れ筋電源のTOPをキープし続けているのも納得かなというところです。

CoolerMaster社製 80PLUS GOLD認証 750W電源ユニット RS750-AMAAG1-JP (V750 Semi-Modular)

CoolerMaster RS750-AMAAG1-JP (V750 Semi-Modular)
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする