2020年11月23日

柔らかな踏み心地で割れない「Zerohub 珪藻土ソフトバスマット」が吸水速乾で処分時も便利

zerohub_keisoudo_01.jpg

Zerohub 珪藻土ソフトバスマットです。

すっかり速乾素材として認知された感のある珪藻土。

その素材特徴である吸水性と速乾性により、バスマットとして一定の地位を得ているわけですが珪藻土バスマットは使っていて「足裏は良いけど、甲側とかの水分を吸収しにくい」「処分するとき面倒」と、気になる点が2つほどあったりします。

そんな中、同じ珪藻土を用いていながらよくあるハードなプレート型マットでは無く、柔らかなソフトタイプのバスマットがあるということでどんなものかと試してみることに。

商品パッケージから、「ふにっ」という感じでソフトな踏み心地を実現していることが見て取れる商品となっています。

床の段差や歪みなどを気にせずどこでも気軽に敷く可能。凝固剤・つなぎ材などをいっさい使っておらず、珪藻土本来の吸水力を発揮できる吸水バスマットだそうです。

純度100%ということで、素材は珪藻土のみ。約1.2kgほどの珪藻土が粉末状となって封入されています。

あとはカバー(親水性のポリエステル素材を採用)を装着しただけというシンプルな商品です。

2020年11月21日

単軸スタビライザーでもイケてる「Zeshbit Cloud Shadow4」がアプリいらずでお手軽な自撮り棒兼用ジンバル

zeshbit_cloud_shadow4_01.jpg

Zeshbit Cloud Shadow4です。

高精度モーターを採用し、折りたたみ対応で非常にコンパクト。

普通の自撮り棒的な感覚で使えて、きちんとスタビライザー&ブラシレスモーターによるジャイロ制御でブレ補正してくれてぬるぬるな動画を撮影することが可能なジンバルです。

嬉しいのはお値段が3,000円前後とお手軽なのにしっかりジンバルとして使えるというところでしょう。

見た目は単なる自撮り棒、だけど実際はスタビライザーによる安定撮影が行える素敵グッズということで、欲しい機能はちゃんと載せられててコスパが良いのでオススメ度合いも高いです。

もちろん本格的な3軸ジンバルの方が活躍の幅は広いですが、持ち運びのしやすさとアプリいらずで使えるので貸し出してもすぐ使える手軽さから、もう普通の自撮り棒には戻れなくなる感じだったりします。

2020年11月17日

節水&塩素除去が可能な「LLS 3段階モード調整対応シャワーヘッド」は水流多め体感で3D可動ヘッドも便利

lls_shower_hed_01.jpg

LLS 3段階モード調整対応シャワーヘッドです。

シャワーのノズル部分には穴数を増やし、普通のシャワーヘッドより数量がプラスした穴の目が細かく、出水が速くなり、水圧が機能的高くなり、節水機能と増圧機能で心地良いお風呂時間が楽しめる商品となっています。

ヘッド部分がぐにぐに動かせるので、任意の方向にシャワーを向けることが出来るのも便利。

結構微調整したくなるシーンが少なくないかと思いますので、その点調整してあげればビシッと決めれたりします。

そんなシャワーヘッドを実家にドナドナする予定なのですが、その前に簡易的に試してご紹介。

2020年11月10日

安く買えたステンレス製爪切り「ICHECKEY TMK-2」は割とコンパクトで価格の割に高級感アリ

icheckey_tmk-2_01.jpg

ICHECKEY TMK-2です。

先日、「【さらに75%OFF!】ICHECKEY ステンレス製爪切り」でセール情報を紹介しつつ、250円で買えるならアリだな!ということで、ポチッとしたステンレス製の爪切りです。

爪切り自体は100円ショップでも普通に買えますし、それこそどこでも売ってるわけですが、ちょっと所有欲を満たしても良いかな?と思い、ステンレス製というあたりに惹かれつつお値段の安さからポチッといった次第。

商品到着し、ちょうど爪も伸びてたのでお手入れしてみた感想などをご紹介。

2020年11月 9日

スピナー搭載でストレス解消も可能な「TIMULTI TS02 チタンボールペン」は軽くてつや消しで扱いやすいしツボも押せる

timulti_ts02_01.jpg

TIMULTI チタンボールペンTS02です。

ボールペンにチタン?という感じではありますが、高価で高品質、強度が高く、耐食性が強いので錆びませんし何より軽い!ということで、しっかりとした強度があってアルミほどでは無いですが軽いため手になじみやすく扱いやすいのが嬉しいところ。

多少雑に扱ってもその強度の強さから壊れにくいというあたりも期待されます。

なお、TIMULTI TS02 ブルーカラーモデルも販売されていますが、マットなつや消しモデルであれば、グレーカラーの方が良いかなということでこちらを選択。

なかなかに高級感を醸し出してくれて、常用できるボールペンとなっています。

2020年11月 2日

外出先でも宅内でも便利に活用可能な「STRENTER 自撮り棒 スマホ三脚」は7段伸縮でコンパクト

strenter_q02_01.jpg

STRENTER Q02 自撮り棒 スマホ三脚です。

ミニ三脚機能搭載で、折りたたみ対応。持ち運びが容易なコンパクトサイズが魅力のモデルです。

お値段も安価ですし、クランプの挟み範囲は約6.5〜9.8cmのスマートフォンに対応。アクションカメラも取り付け可能だとしています。

7段伸縮で、最大長は103cmにも達するということで、結構な長さで使えます。

外出して私用することはもちろん、最近だとスマホを用いてWEB会議する際にカメラを用いる際の高さ調整が行えれば便利だよな~ということで、宅内利用時にも有用では?ということで、ちょっと使ってみることに。

2020年8月13日

厚みと重厚感で安心感が得られる「工匠藤井 ノートパソコンスタンド」が細かなところに気が利いてて良い

koushou_fujii_stand_01.jpg

工匠藤井 ノートパソコンスタンドです。

これまで使用しているスタンドが、ノートパソコンを支える部分がちょっと薄くて、厚みのあるノートパソコンを支えるのに適さないということが判明し、お仕事で「使わざるを得ないPC」を支えられないということから、別モデルを模索。

結果として、支え部分にある程度幅広さを有している本商品に行き着いた次第。

加えて、合金素材の厚みがしっかりしているということで、15インチや17インチクラスだったり重量が重めなモデルであってもしっかりと支えてくれることも決定打というところ。

そんな剛性溢れるノートパソコンスタンドをご紹介。

2020年7月12日

お手軽圧縮ケース「Exwell バッグインバッグ トラベルポーチ」が15L/9Lの2個セットでお手軽便利

exwell_baginbagj_01.jpg

Exwell バッグインバッグ トラベルポーチです。

すっかり旅行のお供などとして、認知度もアップし普及してきた感のある圧縮ケースになります。

ブルーカラーとレッドカラーで色が鮮やか。写真は15Lケースですが、9Lケースも内在しています。

中に何も入れていなければ非常に薄く、持ち運びになどバッグやトラベルケース内で邪魔になることはありません。

そんなトラベル圧縮ポーチをちょっと試してみます。

2020年6月 2日

高さ調整可能な「DODOLIVE 折りたたみ式スマホスタンド」が持ち運びが容易で使い勝手良し

dodolive_stand_01.jpg

DODOLIVE 折りたたみ式スマホスタンドです。

在宅業務が当たり前になりつつあり、各種オンラインMTGが頻繁に予定されるなかで、スマホを用いてMTG参加することが多いんですが、どうにもこうにもスマホが安定しなくて困ってました。

一応、「質感&剛性良し!な「STRENTERノートパソコン&スマホスタンド」で在宅業務が捗る」で書いたノートパソコンスタンド付属のスマホスタンドを用いることで安定したスマホの置き場所は確保することが出来たんですが、ちょっと高さ欲しくなってきたわけですね。

というより、元々高さ調整を行うことが可能なスタンドを探していて本商品にたどり着いて、注文を4月下旬に実施したんですが、1ヶ月以上経ってようやく商品が到着したというところ。

当時、この手の商品が飛ぶように売れていたこともあって、国内在庫があるところが少なく、中国からの配送で注文を受け付けているショップで注文したんですが、「GW空けで5月中旬には届くだろう」とタカをくくっていたんですが、もくろみが見事に外れてしまったという感じです。

結果、上述したスマホスタンドで事なきを得ていたんですが、ようやく到着したので簡単にご紹介。

なお、記事作成時点においては国内在庫も潤沢になったようで、即納状態で販売されています。

2020年5月20日

金属ハンドルで使いやすい24in1な「HaNdief ラチェットドライバーセット」が組み合わせ自由度高くて便利

handief_ratchet_01.jpg

HaNdief ラチェットドライバーセットです。

4種(プラス、マイナス、星形、六角)24個のビットが付属するセットになっています。

いわゆるドライバータイプの交換式となる商品は結構販売されていますし、ラチェットタイプも売られているんですが、どっちもというのは余り見ないかなと。

かつ金属ハンドルで・・ということもあり、コレは良さそう!ということでちょっと簡単にご紹介。