2022年5月 8日

UPF50+紫外線バッチリカットなつば広モデル「BENEUNDER UVカット ハット」が日焼け対策&コンパクトに持ち運べて便利

beneunder_hat_01.jpg

BENEUNDER UVカット ハットです。

100%コットン素材で、紫外線をガッチリ遮蔽してくれて、実に99.8%以上の紫外線を遮蔽すると謳う上に、撥水加工で繰り返し選択をしても遮光性を損なうこと無く使うことができると謳う商品です。

つば広デザインなので、日焼け防止に高い効果を発揮してくれますし、あご紐も付属するので、アウトドア使用時などで強い風が吹いても吹き飛ばされたりしないのも便意。

男女兼用デザインを採用してますし、両面着用が可能だというのもポイントといえます。

そんなBENEUNDER UVカット ハットを簡単にご紹介。

お得な割引クーポン情報もあります。

2021年11月28日

高コスパなスマートウォッチ「realme Band 2」は物理ボタン無しでスタイリッシュかつ屋外でも画面が見やすい

s-realmeband2_01.png

realmeのスマートウォッチ(スマートバンド)、realme Band 2 Smart Braceletです。

健康志向の高まりを受けて活況を見せ、競争の結果、高機能化と低価格化の進んでいるスマートウォッチ市場。

先駆けであるApple Watchと比べると、マスクを付けた状態でのスマホのロック解除や音声コントロール機能(Siri)、心電図機能、Watch単体での音楽再生機能等の便利な機能が無いとは言え、モデルにもよりますが10倍近いかそれ以上の価格差を考えれば、何を求めるのかによって他社製品でも検討の余地が十分あります。

さらに、物理ボタンの無い本製品であれば50mまでの防水に対応しているという防水性能面でのアドバンテージもあり、水泳等での利用も想定される方にはこちらの方が安心して利用できるなど、本製品の方が良いと言える点もあります。

タッチコントロールのみの製品ながらストレスフリーなキビキビとした動作で、デザイン的にも普段の生活にも無理なく馴染んでくれる本製品を見ていきましょう。

2021年11月 6日

Qiワイヤレス充電対応スマートウォッチ「Tinwoo T20W」で充電ストレスからの解放

Tinwooスマートウォッチ常時表示 メンズ IOS&Android対応

Tinwoo スマートウォッチ T20Wです。

1,000円ちょっとで買えちゃうコスパ優先ものから、5,000円~8,000円のスタンダードモデル、はたまた30,000円オーバーだったりする高機能モデルなどなどラインナップされている中にあって、低価格モデルに絶対的に足りていない機能が「ワイヤレス充電」だと思うのです。

なにせコスパ重視なモデルは如何にしてコストをカットするかというのが至上命題になっている感じだったりするので、あったら良いな的な機能はどうしても見向きされない傾向にあります。

でも安いからこそ簡単に製造されて類似品ばっかり溢れてしまい、結果的に埋もれてしまうのが目に見えているわけで、何かしら差別化を行わないと売れないんじゃないの?と消費者側としては思ったりもするわけです。

「安いけど、バッテリーの持ちが良い」とか「安いけど、めっちゃ軽い」、「安いけど、質感は高級感」などなどこだわりのポイントを持って欲しいと思う今日この頃。

そんな中にあって、「安いから手間がかかるのは仕方が無い?そんなのは誰が決めたのサ!」と言わんばかりに「安いけど充電の手間を減らせるよ!」というあたりをウリにしたモデルとして、スマートウォッチ入門機クラスの価格帯で差別化をしっかり行ったモデル Tinwoo スマートウォッチ T20W が登場していたので、これは手を出さねば!という感じでのご紹介です。

タイトルからしてもはや結論が出ているワケですが、従来型のマグネットタイプだったりUSB直結だったりする充電手法ではなく、Qi規格対応でワイヤレス充電に対応することで面倒な「USBケーブルの管理」「コネクタ接続の手間」を無くしてくれるアイテムになっています。

「手首にイージーライフをサポートしてもらう」というテーマはスマートウォッチならではですが、手首から外した時のライフもイージーにしたい!というニーズにバッチリ応えてくれるスマートウォッチとなっています。

2021年9月27日

高いレベルでまとまっている有機ELスマートウォッチ「Mibro Lite (XPAW004)」は半額以下のセールタイミングが狙い目

mibro_lite_01.jpg

Mibroのスマートウォッチ、Mibro Lite(XPAW004)です。

スマートフォン大手のXiaomiの関連会社で、今回新製品が出たとのことで早速レビューです。

本製品には、以下のような特徴があります。

  • AMOLED(有機ELスクリーン)

  • IP68等級防水

  • 15種類の各種運動に対応した測定機能

  • 血中酸素濃度測定機能

  • 常時脈拍表示

  • ストレスモニター機能

  • 睡眠トラッキング機能

いずれも最近のトレンドをしっかり押さえてきたな!という印象で、販売価格帯がセールタイミングだと5,000円前後と安めな価格帯ということもあってか、突飛な機能を搭載していたりするわけでは無いんですが、必要な機能をしっかりと抑えつつ、高品質さを追求してきたというのが最初の印象です。

過去にも「SpO2(血中酸素飽和度)も測定可能な「Mibro color XPAW002」は本体の質感良くデザイン性の良いスマートウォッチ」でレビューしていたりもしますが、高いレベルでそれぞれの機能を実現したハイクオリティモデルという印象だったので、このMibro Lite(XPAW004)についても、同様の仕上がりなのだろうということで期待が高まるところ。

上手いことセール価格でポチッといければ、コスパの良いスマートウォッチとなってくれると思います。

2021年9月15日

3段階&前後独立で温度設定可能な「LABEWVI 電熱ヒーターベスト」汎用モバイルバッテリー付きモデル

labewvi_heatbest_01.jpg

LABEWVI 電熱ベスト ヒーターベスト 3段階温度調節 前後独立 温度設定 モバイルバッテリー付きモデルです。

まだ時折、暑い日もあったり湿気が多かったりする中で、少し気が早い気もしますが、これからどんどん気温は下がっていくので秋~冬の季節に活躍すること間違いなしな電熱ヒートベストです。

このジャンルについては過去3年ぐらい、いろいろな商品を見て触って・使ってきましたが、本製品は以下のような特徴があります。

  • 合計6枚のヒーターを内蔵(11ヒーター搭載品 もあるが、領域広すぎかなと)

  • 45度~60度の間で3段階の温度調節(前後独立型スイッチ内蔵)

  • 約450gの軽量設計&裏地アルミプリントによる保温デザイン

  • 洗濯機での丸洗いや、手洗いが可能

  • バッテリーウェイクアップ機能

2021年8月10日

質感上々なスマートウォッチ「maxtop T6」は必要な機能はしっかり揃って扱いやすい

スマートウォッチ maxtop T6です。

iPhone/Androidと連携可能で、主に以下の機能を備えるスマートウォッチになります。

  • 歩数計
  • 活動量計
  • 睡眠モニタリング
  • 各種通知
  • 多種のエクササイズの記録

1.4インチ スマートバンド HDタッチスクリーンを採用し、IP67防塵防水性能を備えたモデルとなります。

2021年7月 8日

Helio P22/4GB/64GB搭載Androidスマートウォッチ「KOSPET OPTIMUS 2」が高解像度&回転式カメラ搭載など色々素敵

kospet_optimus_2_01.jpg

KOSPET OPTIMUS 2 Smartwatchです。

ちょっとゴツめなスマートウォッチですが、それもそのはず8コアプロセッサHelio P22に、4GBメモリ、64GBストレージを搭載し、SONY IMX214センサー1300万画素カメラを搭載。

Android 10.7をベースとしたスマホライクな性能を有するモデルとなっています。

Helio P22以外にも、PixArt PAR2822チップを搭載するデュアルチップ構成で、後述しますがAndroidのフル機能と、カスタムOS?によるスマートウォッチとしての機能とで使い分けが可能。

スマートウォッチの機能はPixArt PAR2822チップまかなう感じになっています。

kospet_optimus_2_01.jpg

液晶サイズは1.6インチでIPSパネルを採用。

解像度が400×400と高解像度で、視認性も良く、タッチの感度も上々です。

バッテリーが1,260mAhとなかなかの容量です。スペック的にこれぐらい必要なのでしょう。

なお、2260mAh(1,260mAh+1,000mAh)となっているのは、充電スタンドに1,000mAhバッテリーが内蔵されているためです。

そんな、スマホライクなスペックを有するAndroidスマートウォッチKOSPET OPTIMUS 2をご紹介。

2021年6月16日

SpO2(血中酸素飽和度)も測定可能な「Mibro color XPAW002」は本体の質感良くデザイン性の良いスマートウォッチ

mibro_color_01.jpg

Mibro color スマートウォッチです。

コンパクトなパッケージに封入された商品で、1.57インチのスクエア型液晶を備えたモデルとなります。

バンドカラーは5色展開されていて、幅20mmな感じなので、いわゆる汎用品と交換して使用することも出来る感じになってます。

定番の心拍センサーや、5気圧防水などを備えるほか、最近ちょっと健康管理の一環で注目されているSpO2(血中酸素飽和度)測定も可能な商品です。

視認性の良い液晶に、270mAhと割と容量大きめなバッテリーを備えていて、1週間程度は通常利用が出来るとしています。

デフォルトのフェイスデザインが結構好みな感じもあり、ちょっと使用してみましたのでご紹介。

2021年6月 7日

ファン取り外し可能でお手入れ容易な「LABEWVI 空調服 長袖/半袖」は風量十分&使い勝手良し

2021年の夏も、きっと猛暑なのでしょう・・・と沈痛な気持ちで、暑さに弱い身としては例年頭を悩まし、何か作業をするにしても億劫となり、エアコンの効いた部屋に引きこもってしまう予感がする今日この頃。

ずっと家にステイホームしすぎていることもあって、ちょっとは身体を動かしたり、DIYとかしたい!という欲求も少しずつ高まってきたこともあり、作業時に苦労させられる汗をどうにか軽減できないか?ということで、空調服を用いれば作業していても涼しさを得ながら行えるのでは?ということで、空調服シリーズを展開する LABEWVI 製の空調服 長袖 KTH-02と、空調服 半袖ベストモデルを使ってみることにしました。

空調服そのものは、2年ほど前に「4基のファンを備えた「VINMORI アームカバー付き 空調服」が思っていたよりも快適」でレビューしたブツを使ってたりもしたんですが、ファンの取り外しが出来なくて空調服自体のお手入れが行えず、便利だったけれどもガタが来ちゃったため、2年経てばそのあたりが改善されているでしょ!という感じでチェックしていたところに、ファン部が取り外しできてお手入れしやすそうなブツに出会ったというところ。

需要がある商品は、1,2年経過すると着実に進化してるなぁという印象です。

そんなLABEWVI 空調服 長袖 KTH-02と、LABEWVI 空調服 半袖ベストモデルを使ってみたのでご紹介。

labewvi_fanwear_01.jpg

コンパクトに収まった感じで届けられました。

使用しない時期でも収納場所に困るシーンは少ないと思います。

2021年5月 6日

1.65インチ液晶採用で血中酸素濃度センサーも搭載する「Zeblaze GTS Pro」はコスパ抜群なIP67防塵防水スマートウォッチ

zeblaze_gts_pro_01.jpg

Zeblaze GTS Proです。

1.65インチ液晶採用スマートウォッチで、心拍センサー、24モード備えるスポーツモード、睡眠精度の管理など、一般的な機能に加えて、万一の際に頼りになりそうな血中酸素濃度センサーや、日々の健康管理に便利な血圧センサーなどを備えたモデルとなります。

banggood.comにて、新モデルなのに3,000円を割る価格(送料などは別途)ということでなかなか充実した機能でありながら、画面サイズもこの手のモデルとしては大きめでコスパが良さそうだったのでちょいと試してみることにしました。