2021年6月 7日

ファン取り外し可能でお手入れ容易な「LABEWVI 空調服 長袖/半袖」は風量十分&使い勝手良し

2021年の夏も、きっと猛暑なのでしょう・・・と沈痛な気持ちで、暑さに弱い身としては例年頭を悩まし、何か作業をするにしても億劫となり、エアコンの効いた部屋に引きこもってしまう予感がする今日この頃。

ずっと家にステイホームしすぎていることもあって、ちょっとは身体を動かしたり、DIYとかしたい!という欲求も少しずつ高まってきたこともあり、作業時に苦労させられる汗をどうにか軽減できないか?ということで、空調服を用いれば作業していても涼しさを得ながら行えるのでは?ということで、空調服シリーズを展開する LABEWVI 製の空調服 長袖 KTH-02と、空調服 半袖ベストモデルを使ってみることにしました。

空調服そのものは、2年ほど前に「4基のファンを備えた「VINMORI アームカバー付き 空調服」が思っていたよりも快適」でレビューしたブツを使ってたりもしたんですが、ファンの取り外しが出来なくて空調服自体のお手入れが行えず、便利だったけれどもガタが来ちゃったため、2年経てばそのあたりが改善されているでしょ!という感じでチェックしていたところに、ファン部が取り外しできてお手入れしやすそうなブツに出会ったというところ。

需要がある商品は、1,2年経過すると着実に進化してるなぁという印象です。

そんなLABEWVI 空調服 長袖 KTH-02と、LABEWVI 空調服 半袖ベストモデルを使ってみたのでご紹介。

labewvi_fanwear_01.jpg

コンパクトに収まった感じで届けられました。

使用しない時期でも収納場所に困るシーンは少ないと思います。

2021年5月 6日

1.65インチ液晶採用で血中酸素濃度センサーも搭載する「Zeblaze GTS Pro」はコスパ抜群なIP67防塵防水スマートウォッチ

zeblaze_gts_pro_01.jpg

Zeblaze GTS Proです。

1.65インチ液晶採用スマートウォッチで、心拍センサー、24モード備えるスポーツモード、睡眠精度の管理など、一般的な機能に加えて、万一の際に頼りになりそうな血中酸素濃度センサーや、日々の健康管理に便利な血圧センサーなどを備えたモデルとなります。

banggood.comにて、新モデルなのに3,000円を割る価格(送料などは別途)ということでなかなか充実した機能でありながら、画面サイズもこの手のモデルとしては大きめでコスパが良さそうだったのでちょいと試してみることにしました。

2021年1月 5日

1.47インチ有機EL採用スマートウォッチ「Huawei Honor Band 6」は30g割れで軽くてWatch Faceも豊富

huawei_honor_band6_01.jpg

Huawei Honor Band 6です。

1.47インチのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)を採用するスマートウォッチで、心拍数モニタリング技術が全面的にアップグレードされるなどイマドキ機能搭載モデル。

2,020年の11月あたりに登場した商品です。

昨今2,000円前後でも普通に使えるスマートウォッチが溢れまくっている状況なので、コスパという意味ではそれほど良くなくなってしまうわけですが、解像度194×368と高解像度ですし、血中酸素濃度モニタリングが出来たり、バッテリーが180mAhで14日程度持ってくれたりするあたりに魅力を感じるのであればというところ。

前モデルとなるHuawei Honor Band 5は0.97インチだったので、画面サイズが1.5倍とだいぶ大型化して情報の確認が容易になっています。

Bluetooth 5.0対応、加速度計、ジャイロスコープ、光心拍数センサーなどを備えるほか、2020年のスマートウォッチとしてのベース機能やトレンド機能はほぼ押さえたモデルといっても良いのかなと。

2020年12月 8日

IP68防塵防水スマートウォッチ「HAYLOU Solar LS05」が1.28インチフルタッチスクリーン採用でクッキリ表示に加え使い心地よし

haylou_ls05_01.jpg

HAYLOU Solar LS05です。

すっかり安くても実用性の高いものが流通し、普通に使うだけだったら困るシーンが少なくなってきてます。

差別化もしにくくなってきている中で、すっかりコスパ重視なところに目が行くような状況感なわけですが、それでも地道なブラッシュアップがなされていて、気がついたら魅力が増していたりするので適宜チェックしておかないといけないな~と思う今日この頃。

あとはポイントとして、「日本語表示にちゃんと対応しているか」「バッテリーの持ちが良いか」「視認性、レスポンス良いか」「見た目格好良いか」ぐらいを高いレベルで押さえられるかに掛かってるのかなと。

そんな中で、日本語表示にバッチリ対応(※取り扱いショップは限定されている)、バッテリーは30日程度イケる、画面はクッキリはっきり、ラウンドシェイプでメタルボディを採用していて格好良いと、トータルパフォーマンスが高そうなHAYLOU Solar LS05を試してみることで、現状のスマートウォッチの実力を探ってみることに。

ちなみに、Solar と名が付いていますが、太陽光充電とかの機能はありませんのであしからず。

2020年7月30日

防犯ロック付きで安心感ある「Omnpak 15.6インチ収納対応2WAYビジネスバッグ」がマルチポケットで程よい収納力

omnpak_business_bag_01.jpg

Omnpak 15.6インチ収納対応2WAYビジネスバッグです。

商品サイズ38×31×10cmということで、結構な収納力のあるバッグになっています。

ですが、これでもSサイズ。43×33×9cmとなるOmnpak ビニエスバッグ Mサイズも販売されていたりします。幅と高さがある分だけ、単純な収納力という意味ではMサイズ品の方が上にはなりますが、筋力の都合などもあり、A4サイズの資料や15.6インチノートパソコンが収まるなら十分!ということで、Sサイズをチョイスとなります。

ガッツリ運ぶと言うより、いざというときにしっかりとした収納力があればOK!という方向けな感じのバッグです。

防犯ロックなども付いてたりしますので、そのあたりも含めてご紹介。

2020年7月 6日

細かな気遣いがあるお手軽ボディバッグ「Omnpak CR-8003BKKJ」が9.7インチタブレットも収納可能でコスパ良し

omnpak_cr-8003bkkj_01.jpg

ボディバッグ Omnpak CR-8003BKKJです。

普段使いのバッグについては、あまりこだわりがある方ではなく、値頃感あるお手頃価格で使い捨てぐらいの感覚でガッツリ使えるタイプのものが好きなタイプです。

お高いと、気を遣って使用率が下がったり、あまり良い結果にならないケースが多いので、基本コスパ重視です。

そんなわけで、お値段控えめだけど実用性重視な感じのボディバッグとしてOmnpak CR-8003BKKJをご紹介。

2020年5月18日

IP67防塵防水スマートウォッチ「STRENTER S-01」は1.4インチ液晶採用で各種データの視認性良し

strenter_smartwatch_01.jpg

STRENTER スマートウォッチ S-01です。

金属筐体を採用した、こなれたデザインを採用するIP67防塵防水スマートウォッチになります。

パッケージにデザインされているのは、ブルーカラーバンドを採用したモデルですが、今回ご紹介するのはブラックカラーバンド採用品。

ちなみに、ピンクカラーバンドを採用したモデルも販売されていて、全3カラー展開です。

バンド部だけじゃなくて、金属筐体部分もカラーは合わせられてますので、そういう意味ではきちんとコストを掛けてカラーデザインされているといえます。

液晶サイズが1.4インチとこの手のモデルとしては1.3インチが多い中で少し画面が大きいかなと。そこまで大きな差はありませんが、本商品は画面のサイズと表示する情報をシンプルかつ明確にすることで、サッと時間やデータをチェック出来るようにしているのが特徴的。

機能そのものは至ってスタンダードですが、必要なのは素早く情報を把握することでしょ!といわんばかりに、わかりやすさを追求している印象です。

2020年5月 5日

肺炎の疑いもチェックできちゃう「UMIDIGI UFit」は健康チェック機能豊富なスマートウォッチ

umidig_ufit_01.jpg

スマートウォッチ UMIDIGI UFitです。

各種SIMフリースマートフォンで、日本の技適をしっかり取得し、かつ対応バンド幅も広い上にコスパが高くて優秀!というイメージの強いUMIDIGIさんが、スマートウォッチも出していたということで、要チェック。

とはいえ、機能面では他社含めて多種多様に出ているスマートウォッチと大差ないんじゃ無い?コスパ重視なだけなら他社で安いのいっぱいあるし・・・と思ってたんですが、何やら健康志向な設計がなされているということで昨今の状況を考えると健康維持をしてしかるべきな感じにもなっているので、それならその健康志向な設計となっている機能をしっかり見ていこうじゃないかという感じ。

具体的な機能として、経皮的酸素飽和度(SpO2)の測定が可能な機能を搭載しているという点がかなりユニーク。

わかりやすく説明すると、動脈血の赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを計ることができ、血流に含まれる酸素レベルを数字で表示可能となってたりします。

つまり、肺炎の疑いがチェックできちゃうということ。肺炎以外にも、気管支炎、喘息、睡眠時無呼吸症候群、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫などの調光や恐れがないかを簡単にチェックできちゃうのです。

(※測定された情報は診断と治療の依拠として使用できないので、あくまで目安として用いてください)

当然、自動的に24時間心拍数を追跡でき、健康の変化をリアルタイムで把握できたりする従来型のヘルスチェックもしっかり行えますし、当然ながら着信、Facebook、Skype、YouTube、Twitter、instagram、SMSなどのAPPからのリアルタイム通知はスマートウォッチにバイブで知らせることができ、重要な情報を漏らす事も無い、スマートウォッチとしての機能も充実。

初めてのスマートウォッチとしても、年配者向けのプレゼントとして適した商品といえるんじゃないでしょうか。

ちょっと見ていきます。

2020年2月25日

軽くてたっぷり収納可能な「ROTERDON ビジネス バックパック」がポケット多数&撥水加工素材採用でスタイリッシュ

roterdon_backpack_01.jpg

ROTERDON ビジネス バックパックです。

摩擦や引裂きに強い耐久性の高い素材を採用しているほか、防水加工もしっかりと施してあり撥水能力を備え、傷や雨などからPCやタブレットや書類など荷物をしっかりと守ってくれます。

片手でスッと持てるくらいの軽量さで、厚みも抑えられてはいますが、収納力はかなりあるので、細かくいろいろ分けつつものを持ち運びたいという方にオススメ。

ちょっと見ていきます。

2019年12月18日

ハニカムデザインな「DINOKA 電熱ベスト」が8枚ヒーター内蔵で暖かい

dinoka_heater_best_01.jpg

DINOKA 電熱ベスト 8枚ヒーター内蔵モデルです。

従来型の電熱ベスト/ジャケットと比較すると、なんだかちょっとスタイリッシュ。

写真からは伝わりずらいのですが、スッキリとした印象で普段使いいけそうだなーという感じ。

おまけに、ヒーターが4枚とか5枚とかのモデルが多い中で、なんと「8枚内蔵」ということもあり、暖かさもUP!といったところ。

そんなDINOKA 電熱ベストをちょっと見ていきます。