2019年12月31日

前後で温度調整が可能な「Eppinn 電熱ジャケット」 が裏ポケバッテリー収納で見た目にもスタイリッシュ

eppinn_heater_best_01.jpg

Eppinn 電熱ジャケット 3段温度調整 前後調整対応モデルです。

フロントヒート、バックヒート、または前後のヒートを自由に制御できる商品です。

有効に温めるために、前後4カ所にマイクロカーボンファイバーヒーターを内蔵。

見た目にもファッショナブルなので、普段使いができますし、バイクツーリング、ゴルフ、登山、釣り、ウォーキング、スポーツ観戦、通勤通学、屋外作業などの時に防寒用として使用するのに良さそうな印象となっています。

最大の特徴は、ダブルスイッチを採用している点。

従来の電熱ジャケットは、スイッチが1つで全体を均一に暖めることしかできなかったわけですが、このEppinn電熱ジャケットは前と後ろで温度調整を行いつつ使用することができるのが特徴的。

使用する場所により、背中周りだけ暖めたいんだよな・・・とかいうシーンが割と少なくないので、この手のダブルスイッチ機構が活躍するシーンは結構あるんじゃないでしょうか。

ほか、外観中心にちょっと見ていきます。

2019年12月 3日

無段階調光モードも備えたLEDフラッシュライト「Sofirn C8F」が21700バッテリー付属で最大3,500lmとがっつり明るい

sofirn_c8f_01.jpg

Sofirn C8F LEDフラッシュライトです。

手頃なサイズ感で手になじむデザイン。本体重量は約200g(+バッテリー)で最大3,500lmなモデルとしては軽い部類に入るんじゃないかなという商品です。

いわゆる1lmなムーンモードから1,800lmな強モード、そして3,500lmなターボモードなどを切り替えたりして使う感じになってます。

特徴的な点としては、動作のモードが4グループある点でしょうか。

グループ1:中 (500 lm)
グループ2:弱(100 lm)-中 (700 lm) - 強 (1800 lm)
グループ3:エコ(10 lm) - 弱(100 lm) - 中 (500 lm) - 強 (1800 lm)
グループ4:Ramping(1-3500lm)

日常的にはグループ1の500lmで十分かなと思いますし、明るさ切り替えて使うのであればグループ2か3。

任意の明るさでやっていきたいんだ!という場合にはRampingモードなグループ4を選択すれば良い感じです。

ボタンが2つ備わっていて、ボディ前部のボタンを4連続ポチポチすることでモードが切り替わってくれます。ちなみに3回押しだと点滅モードに鳴ります。

そんな無段階調光モードも備えたLEDフラッシュライトSofirn C8Fをちょっと見ていきます。

2019年8月25日

首掛けミニ扇風機「Puridea Mini fan」が風量3段階調節対応&LEDライト機能付きでナイトイベントのお供に良し

puridea_minifan_01.jpg

Puridea Mini fanです。

7枚の羽根を採用しているのと、ダブルファンで涼しさも2倍となるしっかりとしたパワーを有しているため、高い風力で涼むことができます。

携帯性に優れていて、ファン部分がグニグニと曲げることが可能なため、カバンに入れて持ち運びがしやすいのもポイントです。

2,000mAhバッテリーを搭載しているので、弱運転なら最大12時間も連続動作可能です。

また、自由に曲がるアームで上下左右360°でお好みの角度に調節でき、最も良い位置から送風できるようになっています。

LEDライトも備えていて、モードは調整可能。LED ON/OFFスイッチもついています。

2019年7月 9日

お手軽価格になってきた「SYOSIN 3軸スマホ スタビライザー」のコスパが良いぞ!

syosin_zimbale_01.jpg

SYOSIN 3軸スマホ スタビライザーです。

スマホで安定した滑らかな映像を作成するのに役立つ商品です。

いわゆる「ぬるぬる」な動画を撮影するのに便利で、手持ち撮影だとブレブレになっちゃって良い映像が撮れないんですが、ジンバルを使えばそれはもう安定して綺麗な映像が撮影できちゃう便利グッズ。

ここ数年色々な商品が出てきていて、高機能モデルやデジタル一眼、ミラーレス等のある程度重さのある商品にも使えるようになってきたりしてきているわけですが、それらはまだまだお値段がある程度する感じ。

となると手軽に撮影可能なスマホで使えるヤツに興味が向く・・ということで、コストパフォーマンスの高さが光る商品に注目が映るわけで、値頃感ある商品がないかなー?と見ていたときに、お得感があり、使用感も良さそうなSHOSIN スマホジンバルがありましたので、ご紹介。

2019年6月 3日

視界スムーズ&軽量なのが嬉しい「Cobiz 双眼鏡 ポロ式 10倍モデル」がお手頃&IPX5防水で使いやすい

cobiz_zoom_01.jpg

Cobiz 双眼鏡 ポロ式 10倍モデルです。

高級感こそありませんが、その分だけ軽く、お手軽にサッと持ち運ぶことが可能な双眼鏡となっています。

10倍ズームで、用いているレンズの透過率が高く、視認性が良いので十分な臨場感が味わえつつ、疲れも少なく使えるのではないかと。

2019年5月 3日

ガッツリ明るい「Cobiz LEDヘッドライト 550lmモデル」がIPX6防水対応で6モード備えてコスパ抜群

cobiz_led_01.jpg

Cobiz LEDヘッドライトです。

最大550ルーメンの高輝度で照射距離は約500mと結構な明るさを誇る商品となります。

IPX6防水仕様となっている&最大10時間利用可能ということで、野外での作業、夜釣り、登山、自転車ライト、キャンピング、災害時、ハイキング、停電などの野外活動時および家庭用など、幅広く活躍が期待出来ます。

2019年4月21日

軽量で十分明るいインテリジェントセンサー搭載「Aitsite 充電式LEDヘッドライト」がIPX5防水&照射角変更もできて便利

aitsite_led_headlight_01.jpg

Aitsite 充電式LEDヘッドライトです。

CREEチップを採用し、6発光モード&透光性98%以上のドイツ製光学凸レンズを用いることで、300lmとしっかりとした明るさを確保したLEDヘッドライトになります。

1,200mAhバッテリー内蔵でUSB充電に対応。点灯モードも豊富に揃えたコスパに優れる軽量モデルです。

aitsite_led_headlight_02.jpg

こんな感じのサイズ感。非常にコンパクトかつ約73gと軽量です。

2018年11月18日

1,500L浄水可能な「JETRY ポータブル浄水器 JT-PS065」でいざという時の飲み水を確保

jetry_jt-ps065_01.jpg

JETRY ポータブル浄水器 JT-PS065です。

バクテリア、重金属イオン、塩素、揮発性有機化合物、有機物、および昆虫汚染物質を含む有害な汚染物質を排除し、3段階の濾過システムを通すことで浄水された水を確保することが可能となる商品です。

自然災害その他で飲み水の確保がままならなくなるということは、いつでも「起こりうること」として認識して備えておかなければいけないんですが、意外と備えられていない(そして足りない)ということが多く、そんな時のためにひとつ持っておきたいポータブル浄水器となります。

結構手軽かつコンパクトで、防災グッズの中に入れておけば安心感が高まる感じだったりします。

2018年11月10日

余裕ある収納力を誇るバックパック「CAMEL 登山バッグ 45Lモデル」が扱いやすくコスパ良し

camel_backpack_01.jpg

CAMEL 登山バッグ 45Lモデルです。

防水かつ軽量で、ちょっとしたハイキングやキャンプ、登山などの旅行用としてお使いいただけるバックパックで、荷物を詰めていなければ意外とスッキリと収納出来ておけるんじゃないかなというくらいスッキリとした感じで配送されてきました。

引き裂き防止と撥水性のあるナイロン素材を採用しているので、野外でもリュックが裂けてしまったり、びちょびちょになってしまうというようなことが無いとのこと。

そんなバックパックとちょちょいと見ていきます。

2017年9月30日

USB充電対応LEDライト「INFRAY H1107」が800lmと明るさ十分かつ伸縮式レンズ採用で汎用的

infray_h1107_01.jpg

伸縮式レンズ採用で、小型かつコンパクトサイズが魅力なLEDライトINFRAY H1107です。

超高輝度な米CREE XPG2-S3 LED搭載で、800lmというサイズ感からは想像しにくい明るさを実現したMicroUSB充電式タイプの商品となります。

伸縮式のフォーカスレンズを搭載、フラッシュライトのヘッド部分を伸縮すればスポット照射、ワイド照射の切り替えが可能です。

強光/ミドル/弱光/フラッシュ(点滅)/SOSの5つの発光モードを備え、弱光&点滅&SOSモードの実用点灯時間は約120時間、ミドルモードの実用点灯時間は約20時間。強光モードの実用点灯時間は約6時間(実測値)を誇ります。