2021年10月19日

男女兼用で短期間で効果を実感可能な「AMIRO LUMI」冷感・赤色光波採用 光美容器 IPL脱毛器

s-remover2_01.jpg

AMIRO LUMI 光美容器 IPL脱毛器です。

外箱からもわかるように「赤」を強調しているあたりが印象的な商品です。

家庭で簡単につるスベ肌にしたい、できればあまり痛くない方がいい、短期間で効果を得たい、メーカーもしっかりしたところの製品を・・・そんな一見贅沢な4つの要求を一台でしっかり満たしてくれる脱毛器の紹介です。

本製品には以下の特徴があります。

  • 特許技術の赤色光波、640nmの波長で毛包にたどり着きやすい照射光

  • 6J /cm2のパワフル出力

  • 表皮を60分間で15℃まで冷却可能なBI-LAYER 360°サラウンドアイスケア

  • 肌感知センサー搭載

  • 285gの軽量ボディ

  • アジア人が使いやすいことを意識して設計された2.7cm2の照射ウインドウ

  • 5段階の照射レベル調整

2021年10月18日

ペットの抜け毛を根こそぎキャッチするグルーミングキット「Neabot P1 Pro」でブラッシングやトリミング時の手間解消

neabot_p1_pro_01.jpg

ペット用グルーミングキットとなるNeabot P1 Proです。

自宅で、ペットのグルーミングやブラッシング、トリミングを行う際にどうしても面倒になる「散らばる毛」の処理をいっそのことそのまま吸引してしまおう!という掃除ライクな考えで作られたセットになります。

Neabot 犬用 バリカン  P1 ProNeabot 犬用 バリカン  P1 Pro

見た目はそのまま掃除機的な感じで、アタッチメントとしてバリカン、ブラッシング、デシェッドなどの5種類ノズルが装着出来てシーンに合わせて使い分けすることが出来ます。

これにより、抜け毛の処理を一気に解決でき、気兼ねなくブラッシングやトリミングが行えるということで、こりゃ便利!と飛びついた次第。

販売元は「ズボラ派にこそオススメな乾湿両用ロボット掃除機「Neabot NoMo N2」の自動ゴミ収集機能が優秀で清掃後の手間を大幅削減」でレビューしたロボット掃除機などを扱うNeabotさんということで、吸い込み系家電なら任せておけ!という感じもあり、安心して導入できるんじゃないかと思います。

そんなペット用グルーミングキット Neabot P1 Pro をご紹介。

2021年10月16日

男女共用&全身対応のハンディ脱毛器「Apawsor 光IPL脱毛器」は施術しやすく高耐久で高コスパ

s-remover_01.jpg

Apawsor 光IPL脱毛器です。

緊急事態宣言が解除となり、また増加に転じることがないように注意が必要な状況は変わらないものの、少しずつ外出の行動範囲を広げてみようとお考えの方も多いと思います。

そんな中、在宅時間が長く、仕事や旅行で外出をしなくて済む分だけいわゆる「ムダ毛の処理」をしなくて良かった分、そろそろやらなきゃな・・・でも面倒だし、キッチリやるのにサロンで全身やるには高かったり、比較的安価なお店は需要増で予約が取りづらかったりというような状況にお悩みの方も少なくないはず。

頻繁に出掛けるのも気が引ける状況はしばらく続きますし、手軽に自宅にいながら全身がケアでき、しかも99万発という高耐久で全身&長期に渡ってしっかりとカバーができる上、お値段控えめ(かつクーポンで激安!)な手軽に「ムダ毛の処理&再発毛を軽減」してくれる商品の紹介。

本製品には以下の特徴があります。

  • お肌に優しいIPL技術を採用

  • 照射寿命に余裕がありすぎで簡単に照射回数を把握可能なLCDスクリーン

  • 肌質や毛質に合わせて調整可能な5段階の照射レベル

  • カバー範囲の広さ等に応じて使い分けることができる手動モードと連射モード

IPL脱毛器としては割と一般的な特徴が並んでますが、本商品の良いところは使い勝手の良さと、高コスパなところに尽きるかなと。そのあたりを中心にご紹介。

2021年10月13日

進化形3in1 USB充電式ハンディクリーナー「Brigii M1」がスリム&サイレント動作になり、エアダスター能力も向上

brigii_m1_01.jpg

Brigii ハンディクリーナー M1です。

一見、水筒かな?と思わせるような化粧箱に入れられて到着しました。

外箱パッケージデザインからもわかるスリム感。

実はこのBrigiiハンディクリーナーを使うのは3台目だったりしてまして、初代は「小型USB充電式ハンディクリーナー&エアダスター「Brigii V120」でデスク上の細かなゴミをお手軽お掃除」で、ハンディで使えるという利点は素晴らしいけれど、長く使っていると使い勝手は良いけれどパワー不足を感じるところがあったりしてました。

2台目は「付属ノズルが増えてパワーが2倍以上にいアップしたミニハンディクリーナー「Brigii Y120 Pro」のブロワー機能が実用的で機能向上を実感」でレビューしてますが、吸引力が大幅に改善され、ブロワー機能も十分実用に耐えるようになったりもしていて進化を実感。

1年ぐらい愛用していたところに3台目であり3代目となる本モデルが登場とくれば使わないわけにはいかないでしょう!というところ。

そんなわけで、従来モデルとの違いなんかにも触れつつご紹介したいと思います。

2021年10月 9日

USB充電式かつ300mlと十分な容量で付属ノズルも豊富な「Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器」は思っていたよりもスリムで扱いやすい

bicidi_bp0903_01.jpg

Bicidi SUNGYIN 口腔洗浄器です。

USB充電式で、バッテリー容量は2,000mAh。IPX7防水性能を誇るため、丸っと水洗い可能なのが嬉しい筐体デザインを採用。

加えて、替えノズルが6本付属するので家族での共用などもしやすく、旅行先などでも使いたい!というニーズに応えるためなのか収納ポーチも付属します。

口腔洗浄器は、細いノズル先から放たれる水の水圧で歯ブラシやフロスだけでは取り切れない汚れを洗浄できる製品であり、本モデルは1,400-1,800r/minの回転速度で、歯の汚れや隙間に挟まった食べカスなどをスピーディーに弾き飛ばし、歯ならびの悪いところの汚れも洗い流せる便利グッズです。

歯ぐきの状態に合わせて使い分けが可能な4モード搭載で、ポチッとボタンを押すだけで自由に切り替えが可能。

中でも、DIYモードを備えているのが特徴で、水圧の強度を自由に調整することができ、規定水圧で強すぎる・弱すぎるという不満を解消することができ、快適な水圧を見つけ、さまざまな口腔ケアのニーズに対応出来るのが嬉しいところ。さらには、前に使った水圧レベルを記憶するメモリー機能付きということで、操作の手間も軽減されています。

そんな口腔洗浄器をご紹介。

2021年10月 7日

髪の毛が絡まらない独自ヘッドがユニークな「Xiaomi Shunzao Z11 Pro」は高コスパでストレスフリーなハイパワークリーナー

s-clearner_01.jpg

Xiaomi Shunzao Z11 Proです。

クリーナー全般の不満点と言えば何が思いつきますか?

個人的にはまず「吸引力」。次いで「ヘッドブラシのお手入れ」、そして「お値段」かなというところ。

スティック型クリーナーの不満点と言えばパワー不足かパワーがあっても高価で、コスパ重視で商品選択すると、吸い込みヘッド部分の髪の毛の絡まりが酷く、メンテナンスが面倒でイライラが募ったり。

結果的に高価なモデルでしっかりとしたヘッドブラシ&ハイパワーなものに落ち着くという流れではあるんですが、やっぱりコスパは捨てがたい!でもメンテはあんまりしたくない!という感じで、なんとかいいとこ取り出来るものは無いかと日々模索をするわけです。

そんな中見つけたこのXiaomi Shunzao Z11 Proには以下の特徴があります。

  • 最大12,500回転/分の高速モーター

  • 髪の毛の絡まりを防ぐカッター機能を搭載

  • 4種類のヘッド&ノズルによる死角のないマルチシチュエーション対応

  • 空気清浄機に匹敵する5層フィルタ

  • ワンタッチゴミ捨て

  • 完全分解洗浄対応

  • 簡単に交換可能な着脱式バッテリー

最大の特徴が、髪の毛などの絡まりを防止してくれるカッター機能。ありそうでなかったこの機能、「毛が絡まる?ならば、カットすれば良かろう!」と思いつきはするものの、実現するとなると難しいんじゃ?と思われる機能をサクッと搭載して低価格モデルに落とし込み、実際の掃除具合に悪影響を与えることなく商品化してくるから流石です。

shunzao(ジュンゾウ)は、スマートフォンで有名な「シャオミ」のグループ企業として、中国の高品質IoT家電メーカーのみが集結するコミュニティ、「シャオミ・エコシステム」に所属している企業であり、「2020年レッド・ドット・デザイン賞」を受賞した製品でありつつ、髪の毛を自動切断できるカッター付きクリーナーヘッドは、英国・米国・オーストラリアで特許権(発明)を取得済みで、日本でも特許権を出願。

クラウドファンディングなどで想起に目標金額を達成したりするなど、話題になっていたりもしました。

さらに、製品化にあたり、2020年7月にはPSEなどの日本向けの安全認証を取得するなど不安な面も解消しつつ、不満点を「きっちり解消」してくれる力の入った一品となります。

2021年9月30日

丸洗いできて裏表どちらでも使用OKな「CERSOND ホットマット」が敷いたり掛けたり使い方色々

cersond_hotmat_01.jpg

CERSOND ホットマット HB-14Aです。

秋冬の足下が冷え込む時期がそろそろやってくるなということで、備えとして手軽に使えるあったかグッズで快適に過ごせるように準備を毎年心がけているんですが、今年はマルチに使えるタイプのグッズをつかってみようかなと。

また、なるべくお手入れだったりメンテナンスの手間は掛けたくないということもあって、手軽に使えるタイプの商品の方が好ましく、それでいてあまりコストも掛けたくない。

さらには、いくら快適でも消費電力が高いとランニングコストも馬鹿にならないので、高効率なタイプで検討というところに足下暖かかつ膝掛け的にも使えて、消費電力は60W程度でお手入れも丸っと洗えるという3拍子揃ったブツがあるということで導入です。

2021年9月14日

ズボラ派にこそオススメな乾湿両用ロボット掃除機「Neabot NoMo N2」の自動ゴミ収集機能が優秀で清掃後の手間を大幅削減

neabot_nomo_n2_24.jpg

自動ゴミ収集機能を搭載するNeabot NoMo N2です。

割と言いお値段のするロボット掃除機に何を求めるの?と問われれば、「掃除の手間削減」「家事時短補助」「スケジューリングができる」「外出時に掃除しておける」「掃除による腰の負担軽減」などなどあるかと思います。

他には、ロボット掃除機が走行できるように床面の綺麗さキープや、余計なものを置かないように心がけるようになるなどの付加?要素もあるかもしれませんが、基本的には「楽をしたい」の一言に尽きるんじゃないかと。

自動でお掃除してくれて、目の届きにくいところを含めて綺麗にしてくれるロボット掃除機におけるデメリットとしては「価格」「狭い箇所の掃除が苦手」「メンテナンスが手間」というあたりが上がってくるかなと。

個人的には「便利だけれどダストボックスがすぐに一杯になってしまって、都度捨てたりお手入れが面倒」だと思ってます。

そんなわけで、今回は、その中の「メンテナンスが手間」という部分を大幅に削減してくれる自動ゴミ収集機能を備えたNeabot NoMo N2をご紹介。

2021年9月11日

パワフルな24V充電式「greenworks ドリルドライバー&インパクトドライバー 2台セット」でDIYや家具組み立てが簡単に

greenworks_drill-inpact_driver_01.jpg

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー 2台セットです。

2台セットである意味は?といわれると、個別に買ったりするとバッテリーの互換性とか踏まえて面倒な点もあるし、バッテリーが2個セットで付いてくるから2台で1個を共用しつつ、もう1個を充電したりすることも出来るのと、基本的にドリルドライバーとインパクトドライバーはDIY等をするなら結果的に両方必要になるケースもあるよね!となり、単品で揃えていくよりお得になるならいいのでは?という感じのセットになっています。

結論から述べますが、2台あると蒸気使い分けや、用途別に使えるのは便利です。

また、24Vということで、パワーが期待されるところではありますが、18Vや20Vな製品と決定的な差が出るわけではなさそうな印象。

コードレスインパクトドライバー「KIMO QM-3601B」最大トルク300Nmで思ってた以上に強力ハイパワー」で書いた、20VなインパクトドライバKIMO電動工具株式会社 QM-3601Bとの差はあまり感じませんでした。ですが、4,000円~6,000円程度で販売されている12Vな製品(未レビューですが、先日安価に購入したHYCHIKA DD-12BC)と比較すると、それはもうパワフル。そこは明確に差があります。

そんなわけで、手持ちの電動ドライバー・インパクトドライバーが12Vとか、10.8Vでパワー不足を感じている方のステップアップデバイスとしてオススメになっていく電動ドライバーとなります。

2021年8月29日

初めてのレーザー彫刻にもオススメな「GORIFEI Laser Engraving Machine」がお手軽操作で想像以上に高クオリティ刻印可能

gorifei_laser_engraving machine_01.jpg

GORIFEI Laser Engraving Machineです。

以前ご紹介した「MADE THE BEST」の取扱商品で、ようやく到着したのでご紹介します。

”Engraving”とは日本語で「彫刻」という意味ですので、製品名を直訳するならばこの製品は「レーザー彫刻機」です。

昔学生時代に木の板を彫刻刀で削った記憶がある方も多いと思いますが、これはレーザーでその彫刻をやってのけよう、という代物です。

結論からいえば、思ってた以上のクオリティでレーザー彫刻できちゃう素敵商品でしたので、初めてのレーザー彫刻機としてもオススメ出来ちゃうブツとなりますので、ご紹介。