2019年7月16日

小さくて軽い「iDiskk i51」が可搬性良くコスパも抜群

idiskk_i51_01.jpg

iDiskk 自動ペアリング 完全ワイヤレスイヤホン i51です。

箱からして小さめ。そして本体はもちろん小さく、丸みを帯びて・・というか丸いので鞄の中でも収まりが良いと思われる形状が特徴的な商品です。

Aapple EarPodsデザインに似たイヤホン形状が好みという方にも向いています。

2019年6月24日

IPX4防水対応な完全ワイヤレスイヤホン「ANCREU K15」が手頃かつ充電ケースが小さくて軽いのが良し

ancreu_k15_01.jpg

完全ワイヤレスイヤホン ANCREU K15です。

ちょっと最近の完全ワイヤレスイヤホンのトレンドに少しだけもの申したくてですね、このANCREU K15をレビューするわけです。

パッケージ写真からはわかりにくいんですが、この商品最大の特徴は「充電ケースが軽くて小さい」こと。これに付きます。

バッテリーを持たせるためにはある程度の容量が必要なことはわかるんですが、1,000mAh程度でも積もうものなら、必然的に充電ケースが大きく重くなってしまうんですね。

それでは可搬性を考えるとやっぱり良くない。理想はポケットに入れておいても邪魔にならないサイズでしょう!ということで、このANCREU K15のコンパクトっぷりをご紹介します。

スペックだけ先にばらしますと、ケース重量は42gです。軽いですね!

2019年5月18日

アクティブノイズキャンセリング搭載「OneAudio A3-High」がバッテリーが持つ&密閉型だけど軽量で装着感良し

oneaudio_a3_01.jpg

Active Noise Cancelling機能を搭載するBluetoothヘッドホン OneAudio A3-Highです。

Bluetoothで映画鑑賞時の音ズレを最小限に軽減してくれるAptX Low Latencyに対応。Qualcomm社製CSR64215チップによって音質もキッチリと確保された密閉型ヘッドホンになります。

スタミナっぷりは、容量360mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載していて、最大18時間音楽再生可能となっています。

高感度な小型マイクを内蔵しており、ワイヤレスで通話も行えるなど万能型な印象。

ノイキャン性能は約85%低減ということで必要十分な性能かなと。飛行機内で使用するための変換プラグも付属。

外観写真を中心にレビュー&ちょいと装着して視聴してみた感じをレビューします。

2019年5月 8日

密閉型Bluetoothヘッドホン「OneAudio Pro-C A2」が着脱式拡張マイク採用でバッテリーの持ちもバッチリ

oneaudio_pro-c_01.jpg

OneAudio Bluetoothヘッドホン Pro-C A2です。

50mmダイナミック型ドライバーと最新のCSR8635チップを採用し、臨場感に満ちた迫力の重低音をワイヤレスで体験することが出来るヘッドホンとなります。

エルゴノミクスデザインでフィット感良く、ロングバッテリーライフを実現しつつ、重量を190g程度に抑えたことで圧迫感少なくライトな感じに装着して使うことが可能です。

面白いポイントとして、いわゆるヘッドセットとして使うための拡張マイクが付属してくるんですが、それを接続しなくてもそもそもヘッドホン自体にマイクを内蔵しているという点がユニーク。

高品質な通話が必要であれば拡張マイクを付けて、そこまででなければヘッドホン内蔵マイクでOKということで、拡張マイクを普段はしまっておいても良い感じになってます。

2019年5月 4日

UV紫外線滅菌ランプ搭載完全ワイヤレスイヤホン「Borllyem U-mini」がIPX7防水対応&独特デザインで実用性高し

borllyem_u-mini_01.jpg

IPX7防水対応 完全ワイヤレスイヤホン Borllyem U-miniです。

水の侵入を防ぐ、汗や水しぶき、急な雨などからイヤホンを守るIPX7防水対応な完全ワイヤレスイヤホンになります。

ケースと、イヤホン本体の形状がちょっと変わっていて格好良いなぁということで、手を伸ばしてみました。

SBC / AACオーディオに対応しているため、iPhoneのお供として適しています。

2019年5月 3日

7.2Vに昇圧ブーストしたIPX7防水Bluetoothスピーカー「ZENBRE Boost ZBJPBST」が10W×2ドライバ搭載でパワフル

zenbre_boost_01.jpg

ZENBRE Boost ZBJPBSTです。

IPX7防水Bluetoothスピーカーで、四隅は丸みを帯びたデザインになっています。

10W×2ドライバ搭載でパワフルな音を鳴らしてくれると謳うモデルですが、それに加えて通常5Vのところを7.2Vに昇圧することでより迫力ある音楽を鳴らすと謳っています。

マットな質感と3,600mAhバッテリー内蔵によるロングバッテリーライフと合わせ、TWSにも対応するなど一通りの機能を備えたBluetoothスピーカーの実力のほどをちょいと見ていきます。

2019年4月 7日

完全ワイヤレスイヤホン「DACOM K6H Pro」は充電ケース直結ケーブル内蔵が嬉しい片耳4gの軽量モデル

dacom_k6h_pro_01.jpg

完全ワイヤレスイヤホン DACOM K6H Proです。

最近、だいぶ普及してきた感のある完全ワイヤレスイヤホンですが、各社差別化が大変なんだろうなぁ~と、進化を追いつつ温かい目で見ている今日この頃です。

お手軽さも出てきた商品群の中で、最軽量クラスの商品も試しておかないといけないかな?ということで、片耳あたり4gのDACOM K6H Proを試してみることに。

2018年12月28日

ゴツめで20W出力な円柱型ワイヤレススピーカー「ZENBRE Z8 Plus」が6,600mAhバッテリーで長時間連続再生&IPX6防水で素敵

zenbre_z8plus_01.jpg

ZENBRE Z8 Plusです。

20Wデュアルドライバーを採用し、単品でもしっかり効果的なステレオ再生を実現。加えて、低音强化ベースレゾネーターを採用するなど、抜けの良い高音と迫力のある低音を楽しんでいただけるとする商品です。

円柱デザイン(縦に長くて写真に収めきれませんでした)で、6,600mAhものバッテリーを内蔵しているため、60%の音量であれば最大18時間楽しむことができるとしています。

TWS機能に対応しているので、必要に応じて2台購入すればサラウンド環境を構築することも可能となっています。

今回は単品をちょいと試してみることに。

IPX7防水で軽量かつ柔らかな「DACOM Bluetoothイヤホン L05」がソフトな装着感で楽に使える

dacom_l05_01.jpg

DACOM Bluetooth イヤホン L05です。

IPX7防水対応 耳掛け型デザインモデルとなる商品で、イヤーフックは液体シリコンを使用し、赤ちゃんの肌のような柔らかい触感を提供してくれると謳い、従来品のイヤホンを装着していたときに痛みが発生していたというような方にもソフトな装着感を提供するということで、試してみようかなと。

汗をかいたり汚れたりしても水洗いが可能で、いつでも清潔な状態で快適に使えます。

国際規格IPX7等級相当の試験をクリア。30分水に浸しても問題ないというのは心強いポイントではないでしょうか。土砂降りなどからも守ってくれるだけの防水性能を備えています。

1回のフル充電だけで、最大8時間連続通話・7時間音楽再生ができ、240時間の待機時間もあり、電池残量不足を心配せずご使用いただけるモデルです。

2018年12月13日

左右色違いでIPX7防水&AAC対応な「ANCREU mifo O5」はバッテリーの持ち良い完全ワイヤレスイヤホン

ancreu_mifo_o5_01.jpg

完全ワイヤレスイヤホン ANCREU mifo O5です。

神々しい感じのパッケージになっていて、ちょっと高級感も感じられたりもします。

iPhoneに適したAAC対応に加え、CVC 6.0ノイズキャンセリング機能搭載により、通話の安定性も実現。バランス感を両立する高音質を楽しみいただける商品です。

良く出回っているタイプの安価な完全ワイヤレスイヤホンとはちょっとデザインを含め趣が異なる印象となっています。

質感もよく、バッテリーの持ち(後述)もよいですし、何よりケースがスタイリッシュということで、所有欲も満たされるナイスな完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

外観中心にちょいとご紹介。