赤坂「ぶっちぎり酒場」で飲みまくり食べまくりな忘年会

buttigiri_tabenomi_01.jpg

この日は忘年会。

当日までどこに行くか決まっていないという体たらくといってしまえばそれまでな状況で、「どこにすっか~?」とかいうレベルだったんですが、「食べまくり飲みまくりなら、ぶっちぎりますか!」というよくわからない理由によって行き先が決定。

2時間2,980円、しかもどっかのクーポンを使えば30分延長できちゃって、2時間半飲み放題食べ放題な感じに。

リーズナブルな忘年会でございます。

もはや、何を食べたか覚えていないレベルなので、撮影した分だけをひたすら羅列。

buttigiri_tabenomi_02.jpg

塩昆布キャベツ。

低血圧っ子(といっても♂)がいるので、塩分補給させるのに一役買ってくれました。

buttigiri_tabenomi_03.jpg

たこわさ & たまマヨブロッコリー。

油分多めになりがちな居酒屋メニューにおいて、さっぱりさせてくれるのが嬉しい2品。

buttigiri_tabenomi_04.jpg

厚焼きたまご。

おろしとの相性は抜群です。個人的にはおろし単品の方がスキですが。

buttigiri_tabenomi_05.jpg

忘れちゃいけない、枝豆&サントリープレミアムモルツ!

この日は早めの入店ということもあって、グラスがキンキンに冷え冷えだったのが素敵!

buttigiri_tabenomi_06.jpg

焼き鳥たち。

ガツやらレバーやら、皮やらモモやら。このお店はそれほど焼き鳥推しじゃないので、それなりに。

buttigiri_tabenomi_07.jpg

味噌ガツ。

コリコリコリコリ。日本酒飲みたくなります。飲みましたけど。

buttigiri_tabenomi_08.jpg

もはやメインといっていい、炙りしめさば!!!!

ここに来たらこれは3,4回リピートしないといけないブツ。

食べ放題で炙りしめさばが選択可能だなんて、そんな楽園がここにあったのか!という感じの炙りしめさばパラダイス。この日は都合4回リピートした気がします。

わさび乗せて、タマネギ絡ませて、あとは何もつけずに貪るのです。

それだけで、満足。お酒もすすむってもんです。

buttigiri_tabenomi_09.jpg

大串焼き鳥。モモと、ムネ。

どちらもジューシー。大串というだけあって、通常の焼き鳥の倍ぐらいのサイズ。これはうまかった。

buttigiri_tabenomi_10.jpg

定番中の定番、唐揚げ~。奥に、ぎんなんもチラ見してます。

唐揚げはレモン添えられてたら良かったなぁと。

buttigiri_tabenomi_11.jpg

煮込み。

これが以外にイケてて、リピートしたり。最後には1人で1杯おかわりした感じ。

モツがちゃんと処理されてて、好みの味付けだったので良かったなぁと。

buttigiri_tabenomi_12.jpg

リピート中の炙りしめさば。

何度もリピートしたせいなのか、ちょっと炙りが足りないぶぶんがあったりするのはこの手の食べ放題店ではご愛敬といった感じ。

buttigiri_tabenomi_13.jpg

塩レモン焼きそば。半切りのレモンが付いてきます。

唐揚げ食べてるときに、これも併せて頼んでおけばレモン付けれたのにな~というのを個人的に反省。

でも、レモンを大量に搾って食べるとこの塩レモン焼きそばはうまいのです。

buttigiri_tabenomi_14.jpg

普通の焼きそば。

屋台の焼きそば感があって、これはこれで美味し。

この辺は食べのみ終盤で、写真もブレッブレ。酔いが回ってる証拠でしょうか・・。

buttigiri_tabenomi_15.jpg

〆のぶっちぎり酒場印なミルクストロベリー・・・だったかな。

中にはイチゴが1粒はいっていて、練乳のようなバニラのようなものが詰められていて美味しいのです。

こんな感じで、写真撮影した分×3ぐらいを6人でひたすら食べつつ、お酒も飲みつつ、「もう食べれなーい」なんて状態になってしまうほど満腹万歳なかんじにしてくれた、ぶっちぎりに感謝をしつつ忘年会が終了。

来年も炙りしめさばには大いにお世話になりそうです。


大きな地図で見る

コメントする