赤坂Bizタワー店「DRAGON RED RIVER」で世界一辛い担々麺を横目に特製白担々麺

dragon_red_river_01.jpg

赤坂サカス近辺でぶらぶらしてみたら、美味しそうな中華料理がズラーっと並んでいるお店があったので、いってみました。

「ランチタイム肉まんサービス」に惹かれたというのもありますが。

dragon_red_river_02.jpg

お腹が減っている時に、こんなに並べられたら入るしかないってやつですね。

お店の名前は「DRAGON RED RIVER」

dragon_red_river_03.jpg

漢字で書くとこうなるわけです。

 

さておき、入店前に惹かれた肉まんサービスですが、席に座ってメニューみていたらまだ注文していないにもかかわらず出てきました。

dragon_red_river_04.jpg

肉汁が非常にジュースィー。

注文して、さっそくぱくついてみることに。

ランチのオマケとしてだけでなく、普通に売ればいいのに~的な肉まんで追加オーダーしたくなるぐらい。

dragon_red_river_05.jpg

小振りですが、しっかりしたもんでした。

 

で、この日は「世界一辛い担々麺」に興味を抱いた同行者がオーダーしていたので、まずはそちらを・・。

dragon_red_river_06.jpg

見るからに唐辛子。

どこをどう見ても唐辛子。

担々麺っぽいのが中心に見て取れますが、周りはすべて唐辛子というさすがのネーミング具合。

dragon_red_river_07.jpg

でかすぎる唐辛子に若干引きました。

dragon_red_river_08.jpg

しかも、オマケにミニ麻婆丼も頼んでいるあたりが強者です。

ただ、「世界一辛い」という割には辛くなく、「どこの世界かわからんがそこらにもっと辛いのがあるぞ」というレベルなようで、唐辛子をバリボリ食べなければなんてことはない辛さな模様。

辛いものが得意な人の感想なので、鵜呑みにはできませんがそういうことらしいです。

dragon_red_river_09.jpg

で、自分はこの特製白担々麺をチョイス。

丼がまずでかい。そして、チャーシューが6枚あり、さらに角煮がドーンとのっているという担々麺。

お肉のトッピングが凄いことになっていたのでお値段1,300円程度だった気がしますが、世界一辛い担々麺に対抗?するかのごとくノリで注文したのでそんなもんです。

dragon_red_river_10.jpg

角煮はトロットロで美味かった。

ぶっちゃけると、この角煮だけで良くって周りのチャーシューはいらなかった。

 

・・と、ちょっととがったメニューを2人で頼みましたが、この日は3人。

もう1人は、スタンダードなランチメニューを注文していたわけです。

dragon_red_river_11.jpg

麻婆豆腐と唐揚げのセットランチ。

なんかみていて安心感すら感じるレベル。

普通が一番!というのはこういう事なのかもしれません。

dragon_red_river_12.jpg

でも、この日は肉が食べたかったのです。

チャーシュー、角煮、どんとこい!というような感じで、割と担々麺もごまごました感じ(個人的に大好き)で、好印象だったこともあり、お肉の多さなんのそのといった具合に完食。

dragon_red_river_13.jpg

特製じゃない、普通の白担々麺を今度は食べにこようかと思います。

なかなかのごまっぷりでした。

dragon_red_river_14.jpg

で、これが世界一辛い担々麺を食べ終えたあとの図。

えげつない色してますね。これを食べて「辛く無かった」といえちゃうのはやはり凄いです。全くうらやましくはないですが。


大きな地図で見る

コメントする