家中バッチリ高速通信可能になる「ASUS ZenWiFi XT8」でWi-Fi6対応&通信環境改善

asus xt8_01.jpg

ASUS ZenWiFi XT8です。

我が家の無線LAN環境があまり芳しくなく、子供たちから「ゲームがラグい」「プチプチ切れるー!」と非難囂々。

無線LANルータが作業部屋にあり、子供たちがメインで使用するリビング周りでの電波の弱さが要因なワケですが、無線LANルータ自体も長いこと使用しているのでだいぶ劣化してきた&接続デバイスが30台超えているという状況もあり、これは一新しなきゃ駄目かなと。

となると、どうせ長いこと使用するわけだから今後を踏まえて検討しないといけなくなるわけで...

以下のような点を選定理由として、ASUS ZenWifi XT8をチョイスしました。

  • 最新規格(Wi-Fi 6)に対応
  • WAN回線Giga化またはそれ以上となることを踏まえ、処理可能な製品
  • 有線LANもあること(ポートは2つ以上あれば良い)
  • ゴツいデザインじゃなく、リビング設置でも大丈夫な見た目
  • 接続デバイス数50台以上いけること
  • トライバンド対応
  • Mesh拡張が出来ること

ネックになったのは・・・お値段ぐらいですかね。ほかは、全て満たしてくれています。

対抗馬として、Linksys MX5300-JP-Aなどがフッと浮かびましたが、サイズ感と機能面、あとデザインからASUSをチョイスした次第。

ASUS AX6600 XT8 ブラック

今回、ホワイトカラーモデルを選択してますが、当初は量販店向けにホワイトカラー、ネットショップ向けにASUS AX6600 XT8 ブラックという構成だったようです。

購入時点では普通にネットショップでもホワイトカラーモデルが買えるようになっていたので、リビング設置する予定ということもあり、ホワイトをチョイス。

なお、購入はひかりTVショッピングで買ってます。安かったのと、ちょっとポイント還元キャンペーンがあったので。

asus xt8_02.jpg

本体は丸みを帯びた形状で、リビングに置いておいてもあまり違和感のないデザインになっています。

高さも16cm程度に抑えられているので、ゴツさはないです。

asus xt8_03.jpg

上部にはスリットが設けられていたりも。

放熱を考慮したものなのかもしれません。それか、電波を飛ばしやすくするため?の隙間なのかも。

asus xt8_04.jpg

サイド部は、放熱用に結構な隙間を設けてます。

しばらく使用した感じでは、暑くなると言うことはなく、ぬるくなる(人肌+αぐらい)な感じです。

うまいこと筐体全体で放熱できている印象。

asus xt8_05.jpg

インターフェース部。

電源ON/OFFスイッチがあるのは地味に嬉しいかなと。誤って押したりするようなこともなさそうです。

あとは、WANポートが2.5G/10G対応ということで、Gigabitを超えるインターネット回線でもバッチリ対応できます。

まぁ、我が家は1Gbps回線なので、直接的な恩恵はないんですが、後々構成を変えたりで、10GのLAN環境を作ったりするシーンで使うなど、活きるケースも出てくるかなと。

asus xt8_07.png

設定などは、スマホアプリからサクッと行えてストレスはほとんどありませんでした。ファームアップで5分ぐらい待たされたかなというぐらい。

細かな設定はPC等からブラウザ経由で実施した方が良いかと思いますが、これまで使用していた無線LANルータからの乗り換えに伴う設定については、さして詰まるところなく完了できました。

スマホからサクッと設定できるってのは便利です。

帯域幅変更機能(QoS)についてもスマホ側から簡易設定が出来るので、ゲームメインで!とか、ネット会議メインで!とかの設定もサクサク行えます。

asus xt8_08.png

回線速度が1Gbps共有プランなのと、時間帯によってまちまちだとは思いますが、これまで使っていた無線LANルータがWAN 100Mbpsだったと言うこともありますが、近い位置でも50~60Mbps止まり、離れた位置だと10~30Mbpsで、接続して通信する機器が20台を超えると輻輳や処理遅延が発生していたんですが、その点がまず解消されました。

ASUS ZenWiFi XT8の設置場所に近いリビングで、下り260Mbps、上り530Mbps。

宅内で、リビングから一番離れた作業部屋の端っこあたりで、直線的な位置だと壁を3枚隔てた場所でも下り140Mbps、上り72Mbpsといったところ。

時間帯でまた違うんでしょうけど、普通に使用する分には問題ないです。

90台まで端末接続自体はいけるということ、また足りなければ1台追加または、ASUS AiMesh対応製品(結構豊富)でネットワークをメッシュ化すればそのあたりも解決できるという安心感があります。

asus xt8_06.jpg

80㎡弱の我が家(3LDKマンション)では、端から端でも上述したように問題なく通信出来ました。

最大で255㎡対応できると謳っている商品ですが、実質は壁とかがあるかと思いますので1/3ぐらいが満足いくカバー領域じゃないかな?と思います。

5年とか買い換えないタイプの機器なので、あとは長いこと安定した通信を実現してくれることを祈るばかりです。

ASUS ZenWiFi XT8

ASUS ZenWiFi XT8

コメントする