Android TV採用コンパクトプロジェクター「JIRENO CUBE 4」がオートフォーカス&6D台形補正対応で扱いやすい

jinro_projector_cube4_01.jpg

JIRENO CUBE 4 コンパクトプロジェクターです。

500 ANSIルーメンでネイティブフルHD解像度(1,920×1,080)であり、クッキリはっきりとした映像を映し出せるほか、4K映像入力にも対応してくれます。

HDR10+対応なので、細部に至るまで精細なカラーと、ダイナミックな映像投影を可能としています。

コンパクトサイズなのに、500 ANSI ルーメン対応ということで明るさはバッチリ。持ち運びがしやすいようにハンドルを備えていたりもするので、ちょっと移動して使用したりするのも躊躇せず行えるプロジェクターとなります。

ブランドサイトは https://jireno.com/ となってますので、そちらを覗かれてみるのも良いんじゃないでしょうか。blogページにチュートリアルなどの情報が掲載されているので、どのような商品かわかりやすく説明されています。

 

以前、クラウドファンディングを募集していたときからちょっと注目してまして、このたび入手したのでファーストインプレッションがてらご紹介となります。

このCUBE 4は、まずオートフォーカスにバッチリ対応。IR Rangingに基づくオートフォーカスなので、精度も高く、加えて投影箇所については、斜めからの投影であっても調整でキレイに整えることが可能な6D KeyStone Correction機能を搭載。

個人的に、6D調整機能は必須だと思っているので、搭載しているのはありがたいポイント。

高出力(5W×2)なスピーカーも備えていますし、サイズを考えれば機能満載といった印象。OSはAndroid TVシステムベースということで、マルチメディアコンテンツを楽しむのには十分ですし、Amlogic T972といわゆるTV-BOX等で使用されるチップを採用しているので、操作性的な面もクリアになってます。

jinro_projector_cube4_02.jpg

我が家に到着したブツは、ハンドバッグセットなモデルとなっています。

記事作成時点で、Amazonで販売されている商品については、このハンドバッグはついてこない模様。

代わりに、100インチスクリーンが付属してくるようです。

持ち運びする場合には便利なので、ケースも個別販売されると良いんじゃないかなとは思います。

jinro_projector_cube4_03.jpg

余計な物が色々と映ってますが、パカッと開けると本体などがお目見え。

jinro_projector_cube4_04.jpg

付属品はリモコン、電源ケーブル(3ピン)、電源アダプタ、ハンドルバンド×2、リモコン用電池といった具合。

jinro_projector_cube4_05.jpg

JIRENO CUBE 4 本体です。

投影レンズ部分が大きいですね。

jinro_projector_cube4_06.jpg

上から見た感じはこんな感じで、ちょっとしたminiPCぐらいのサイズ感になってます。

めっちゃ小さい!というわけでは無いんですが、コンパクトにギュッと詰め込まれている感があるといえば伝わるでしょうか。

jinro_projector_cube4_07.jpg

横から見たところ。

個々だけ見ると、MiniITXなコンパクトPCかな?と思える見た目になっていて、外装がアルミで放熱性に優れると共に見た目にもスッキリとしているので、より一層miniPCのように見えます。

jinro_projector_cube4_08.jpg

背面側。

下部は吸気口ですね。排気はフロント側から行います。

jinro_projector_cube4_09.jpg

背面上部に各種コネクタを装備。

電源アダプタ、動作ステータス表示用LED、USB、赤外線(リモコン操作用)、HDMI 入力、USB-Type-C入力、オーディオ出力という具合。

jinro_projector_cube4_10.jpg

ハンドルバンドは2種類付属するんですが、今夏はオレンジカラーを選んでみることに。

取り付けは簡単です。

薄めですが太いバンドになっているので、しっかりと持ち運ぶことが出来ます。

jinro_projector_cube4_11.jpg

底面側は三脚用のネジ穴と、設置時ずれ防止用のゴム足が備わっている程度。

jinro_projector_cube4_12.jpg

電源入力用のアダプタは割と大きめな物が用いられていました。

そこそこのサイズ感がありますが、致し方なしですかね。

jinro_projector_cube4_13.jpg

コンパクトプロジェクターとして、所有しているXGIMI製のプロジェクター。

jinro_projector_cube4_14.jpg

流石に超コンパクトなので、対比するとJIRENO CUBE 4が大きく見えますが、一般的な据え置きプロジェクターと比較すると、JIRENO CUBE 4 は1/2ぐらいのサイズ感なので、XGIMI製のプロジェクターが小さすぎるだけな気がします。

価格帯も異なる(XGIMI プロジェクターはバッテリー搭載していることもありますが、60,000円超)ので、あくまで参考程度というところにしておくべきかなと。

jinro_projector_cube4_15.jpg

動作テスト用のPCスタンドに置いてみました。

良いですね。しっくりきてます。

jinro_projector_cube4_16.jpg

電源投入後、放っておいたらオードフォーカスが動作してくれてました。

初期設定が開始される前から勝手にピントを合わせてくれています。

本体には電源ボタン敷かないので、基本はリモコンで操作をしていくのですが、ピンボケ状態だと設定がなかなか進められないので、最初から自動で動作してくれるというのはありがたいところ。

jinro_projector_cube4_17.jpg

ちょっと部屋が明るい状態なので見えにくいですが、500 ANSIルーメンあるので、普通の壁でもちゃんと視認出来る状況で投影されます。

jinro_projector_cube4_18.jpg

リモコンはこちら。

ボタン構成はシンプルで、違和感少ないです。

敢えて挙げれば、手動フォーカスボタンがついているあたりがユニークでしょうか。

jinro_projector_cube4_19.jpg

動作時のJIRENO CUBE 4はこんな感じです。

jinro_projector_cube4_20.jpg

オートフォーカス機能で、ピントは合わせてくれますが、サイズ感までは合わせてくれませんので、手動で調整する必要があります。

手っ取り早く、縮小ズームが良いかなということで、実施。

jinro_projector_cube4_21.jpg

50%程度まで縮小できるので、このサイズまで縮小することができました。

投影距離がある環境でも、縮小ズーム機能があれば調整しやすいです。

jinro_projector_cube4_22.jpg

適宜、オートフォーカス機能が動作してくれるのが小気味よい。

jinro_projector_cube4_23.jpg

Android TVメニュー画面が立ち上がってきました。

基本となるホーム画面になります。

jinro_projector_cube4_24.jpg

縮小ズームを実施したんですが、ちょっと壁横にはみ出す様な投影具合になってしまったので、少しだけ斜めに投影することに。

ちょいと斜めになっているんですが、おわかりになるでしょうか。

jinro_projector_cube4_25.jpg

そこから、6D台形補正を実施して微調整していきます。

写真は補正前。下部にあるディスプレイと比較すると、斜めになっているのがおわかりいただけるんじゃないかなと思います。

角度を付けて投影している分だけ、斜めになっているというところ。

jinro_projector_cube4_26.jpg

四隅で調整してあげて、綺麗に整ってくれました。

リモコンで簡単に調整できるのが6D台形補正の魅力です。

これがあるだけで、調整の幅が段違いなので、プロジェクター設置環境が微妙な場合は機能搭載モデルが選択必須です。

jinro_projector_cube4_27.jpg

ほかにも色々と調整機能があります。

一応、「KeyStone Automatic」ということで、台形補正も自動で実施してくれる様な機能がある・・・ハズなんですが、選択してみても、上手いこと動作しませんでした。

縮小ズーム実施時には機能しなかったりとか何か制約があるんでしょうか。ちょっと不明でした。

jinro_projector_cube4_28.jpg

色々とメニューを触っていたら、バージョンアップが可能ということだったので、そりゃ新しい方が良かろう!ということで、バージョンアップを実行。

jinro_projector_cube4_29.jpg

インストールして再起動していきます。

インストール途中、再起動したような動作が見て取れたんですが、インストール中は、設定した補正後の状況で動作してくれていました。

jinro_projector_cube4_30.jpg

最終的にシステム再起動が行われたあとの状態がこちら。

縮小ズーム、台形補正などの設定がクリアされてました。

システムアップデート時は注意&再設定が必要になるのでしょう。

jinro_projector_cube4_31.jpg

なお、バージョンアップを実施したら、設定メニューが日本語化されていました。

そして、「KeyStone Automatic」が、「垂直台形」というメニュー名に。

自動じゃなくなったということなのか、元々機能していなかったのか、謎が深まってしまいました。

結局選択して設定しようと試みるも、特に機能してくれているようには見えなかったので、個人的にはデジタルズームによる縮小機能と、6D台形補正による手動設定でやれば良いかなという結論となってます。

jinro_projector_cube4_32.jpg

ライブカメラ映像などを投影してダラダラと眺めてました。

1080p映像の再生(YouTubeなど)について、処理オチなど無く、スキップ動作などを含めサクサクと動作してくれました。

内蔵チップが優秀なのかなと。

jinro_projector_cube4_33.jpg

明るい部屋への投影でちょっとぼんやりとしてましたが、部屋を薄暗かったり、暗くするとクッキリハッキリ投影して一気に見やすくなります。

何か作業しながらのながら見であれば、明るい部屋での投影でもOKですが、しっかりコンテンツを楽しむぞ!というときは部屋を暗めにした方が良いでしょう。

投影距離を短くすることが出来る環境であれば、明るい状況でもしっかり見える形で投影出来るかもしれません。

jinro_projector_cube4_34.jpg

投影している壁は、凸凹のあるこんな感じの素材なので、テキストなどの細かな文字などは潰れ気味に投影されます。

どちらかというとプロジェクターにとっては悪い環境となるわけですが、500ANSIルーメンあるのと、ネイティブフルHD解像度対応なこともあって、十分楽しめるだけの画質で投影してくれてました。

環境を整えられれば、快適な視聴環境を容易に得ることが出来ると思います。

jinro_projector_cube4_35.jpg

3-4時間程度、連続して動作をさせてみました。

冷却ファンの動作音については、回っているなーと認識出来るレベルで聞こえてきますが、エアコンだったりの動作音とさほど変わらずというぐらい。

少なくとも五月蠅いようなものではなく、音楽なりなんなり再生しているならば気にならないレベルになります。

内蔵スピーカーも、若干籠もり気味ではあるものの、しっかりと音を鳴らしてくれました。こだわらなければ、十分でしょう。

音量は大きくなりすぎるレベルまで出力を上げられる余裕があります。

また、Bluetoothも内蔵しているので、Bluetoothスピーカーやワイヤレスイヤホン、ヘッドホンなどと接続して使用しても良さそうです。

jinro_projector_cube4_36.jpg

発熱具合ですが、前面下部から暖かな風がゆっくり出てきているなという程度。

熱くて触れないなどといった状況には至りませんでした。

吸気および排気ファンがしっかりとしていることが、この結果を生んであるのかなと。

またサイド、トップ部を含め全体がアルミ合金で覆われているため、放熱性に優れていることも良い結果を出している要因なんじゃないかなと思われます。

コンパクトで可搬性に優れ、ネイティブフルHD解像度&オートフォーカス、6D台形補正にバッチリ対応してくれて、AndroidTV採用と高機能なプロジェクターとして、十分なコストパフォーマンスを発揮してくれる商品に仕上げられてます。

三脚ネジ穴もあるので、設置の自由度も高く、扱いやすいんじゃないでしょうか。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「WELCOME04」を適用することで10,000円OFFと非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は4/15 23:59まで。マーケットプレイス Yinsheng EU 取扱品が対象です。

jireno プロジェクター 小型 5000LM 1080PフルHD Bluetooth5.0対応ホームシアター 台形補正 ホームプロジェクター 内蔵スピーカー HDMI/USB/SD/AV/VGA対応 スマホ/パソコン/タブレット/PS3/PS4ゲーム機/DVDプレイヤー接続可 ハンドバッグなし

JIRENO CUBE 4 コンパクトプロジェクター

コメントする