AMDの「APU新製品」に関するブロガー勉強会参加

amd_apu_study2_01.jpg

AMDの「APUって何?」を学ぶブロガー勉強会(参考:【詳細版】AMDの「APUって何?」を学ぶブロガー勉強会の参加報告。)に参加したのが、8月1日。

それからわずか1ヶ月ちょっとしかたっていないにもかかわらず、第2回となるAMDのAPUブロガー向け勉強会が開催!ということで、抽選に選んでもらえたので2度目の参加と相成りました。

 

amd_apu_study2_02.jpg

今回は「APU新製品の内容以外」についてのレポになります。

これはまだ未発表なブツを各種メディアよりも先にブロガー向けに情報を解放しちゃうということで、流石にオープンにしちゃったら各種メディアに怒られちゃうよね~ということとかがあるので、申し訳ないですが内容についてはガッツリ聞いてきましたが、記事内では情報解禁日まで触れられません。

なので、新製品そのものについては改めて後日書くことにしまして、今回は勉強会そのものと開発コードTrinityと呼ばれるAPUの省エネ具合などについてのレポとなります。

 

そんなAPUのお勉強会ですが、前回同様に軽食が振る舞われました。

amd_apu_study2_03.jpg

勉強する前に腹ごしらえせよと悪魔が囁いてくるようなパッケージ。

Hambuger & Sandwichのbaseというショップのようです。

 

amd_apu_study2_04.jpg

おなかすいてたので開封。

 

amd_apu_study2_05.jpg

サンドウィッチ&ポテトな組み合わせ。

ここのLIGHT SANDWICHESですかね。

 

ちなみに・・・

 

amd_apu_3.jpg

前回勉強会での軽食はこちら。

今回はあっさりした感じです。個人的にはちょうど良いボリュームでした。

 

さておき、、、

今回の戦利品?は次の通り。

amd_apu_study2_06.jpg

ボールペン、ストラップ、メモ用ノート。

 

amd_apu_study2_07.jpg

週間アスキーの特別?PR版。AMDのAPUが全面に出てます。

 

amd_apu_study2_08.jpg

中身はこんな感じで、Llano→Trinityでの進化具合などが特集されてます。

 

amd_apu_study2_09.jpg

いち早く販売されたTrinityノートパソコンなどなど。ざっくり6ページにわたっての特集。

APUのことを知らない人に読んでもらえると説明省けて良い感じだったり。

で、「あれ?お土産の目玉となるAPU&マザーは?」となるわけですが・・・前回と異なり今回は勉強会開始時点では存在せず。このときは「最後にもらえるのかな?」とか思ってました。

 

そんなこんなで、食べたり読んだりしている間にお勉強会が開始。

前回勉強会では、リアルタイムでハッシュタグを使ってたのが自分だけだったということもあって、冒頭から「使ってね」という宣言が。

情報公開厳禁なAPU新製品の内容について触れにくい状況ではありましたが、今回は自分を含め皆さん使われてました。

 

肝心の新製品について****なアレが、****なのよ!的なお話がありましたが、冒頭に書きましたように、今回は割愛。

 

そして、そんな内緒なお話がしばらく続いた後に、今回のお勉強会でみんなが楽しみにしている「お土産」こと、APU新製品&マザーボードについて悲しいお知らせが・・・。

なんと!

情報公開前の秘密な製品というだけあって、確保が困難だった模様。これについては流石に残念ではありましたが、仕方がないとしかいいようが無いですが、「もうメモリ買っちゃったよw」的な声も聞かれたりしてました。

ただ(勉強会最後に)型番および、マザーの形状・規格といったものは教えてもらえたので、準備自体はある程度できそうです。これも、改めて情報解禁日以降に書きます。

 

で、残念なお話のあとは、やっとこさ?公開してもOKなお勉強へ。

amd_apu_study2_10.jpg

「APUの省電力機能について」の第一回お勉強スライドでお話開始です。

先日のブロガー勉強会第1回でもAPU省電力についてのコア過ぎる話を聞かせてもらいましたが、それとは別となる第一回なようです。

あまりにもコアな話しすぎたので、前回はノーカウントなのかもしれませんが。

 

amd_apu_study2_11.jpg

LlanoからTrinityへの展開概要などのお話が進みます。

画像が見にくいので、アレですが簡単に言うとこれまで培ってきた低消費電力化機構をより細かに制御することで、製造プロセスは同一ながら、低消費電力化を図りつつパフォーマンスの向上を果たしてるそうなのです。

大まかな流れは、前回の【詳細版】AMDの「APUって何?」を学ぶブロガー勉強会の参加報告。で書いたこととかぶってるような印象ではありました。

 

前回と違うのは、そのパフォーマンスを目の当たりにするデモが行われることと、いうことで「おおっ?」と期待をさせてくれたわけですが・・・・

amd_apu_study2_12.jpg

K10Stat...?

これは「AMD A8-3870Kを低電圧設定にして常用する」でやった時のように、Llanoでは使えるんですが、Trinity非対応だった気がするんですけど~?

うん、そうだね。使えないよね。ということで会場大爆笑。そんなおっちょこちょいなAMDさんもスキです。いい意味でも悪い意味でも期待を裏切りませんw

K10Statについては年に1回ぐらい行われているアップデートでK15Statsとかになることを期待するほかなさそうです。

 

だけど、そんなことでデモをあきらめるAMDさんじゃありません。

APUの開発環境を持ってきてくれました。

amd_apu_study2_13.jpg

ノートパソコンを想定した構成で、発熱やら消費電力やらをこういった機材で検証しながら開発しているそうです。

 

amd_apu_study2_14.jpg

これはこれでインパクトがあり、ちょっと欲しいな・・・と思わせてくれちゃう感じ。

amd_apu_study2_15.jpg

わかりにくいですが奥にはグラフィックボードも装着されてたり。

 

そして、K10Statに変わって、AMD内で使われている非公開ツールを用いてのデモが実施され、消費電力を抑えつつ、バランスよくパフォーマンスアップ(Turbo化)を行っている様子を見せていただきました。

・・・が、

いわゆる"お約束"ではないですが、AMD謹製の秘密ツールを使って豪快にブルースクリーンでまたも会場は大爆笑。検証環境ですので、十分あり得る事象ではあります。

もちろん、「製品版ではこんなことはありませんから」というフォローはされてましたが。

 

そんなデモではCPU部についてはコアごとの余裕をチェックし、GPU部との兼ね合いについても平行してチェックして、余裕のある部分を負荷の高い部分のTurbo化に割り当てる様が見て取れました。

LlanoではCPU部だけでしたが、TrinityではAPU全体でTDP内であればバランスよくパフォーマンスアップができるようで、より効率良くなったといえそう。

 

さらに、低消費電力化ということでは外付けGPUとの組み合わせについても言及され、外付けGPUを装着したままであっても、機能をOFF化して消費電力をゴッツリ下げることができちゃうよ!というのがとても印象的だったり。

パコさんとボコさんとかいってもよくわからないと思いますが、ともかく使わないグラフィックボード、グラフィックチップはほぼ完全にOFFにしちゃうから消費電力抑えまくりなようです。

デモ環境では、外部GPU搭載で起動時40~50Wで、アイドル20W程度だったものが、外部GPUをOFFとすることで、12~17W(うる覚え)程度になってました。

9/19追記:省電力化の部分については、参加者の方が動画をUploadしてくれてました。

さらに「自分がチューニングをゴリゴリやれば7~8W程度にできますね」というエンジニアさんの言葉が自信に満ちあふれてたのが印象的。それで、製品化どんどんしてください(笑)

ノートパソコンでの低消費電力化が図れるのは十分わかったんですが、デスクトップも同様にできるのかな?と思っていたら

デスクトップ環境については、どうもマザーボードメーカーの仕様次第・・というか、BIOSの設定次第だそうで、一般的なデスクトップ向けのマザーボードBIOSではノートパソコンのような完全にOFFとは行かない模様。

これは日本AMDの省電力担当エンジニアが、国内ベンダとのノートパソコン向け調整に汗水流しているのに忙しくて、デスクトップ向けのマザーボードベンダとはノートパソコン向けの調整と同等の状況に持って行けてないということのなのかな?と邪推。

このあとに、HSA(ヘテロジニアスコンピューティング)についてのお話が駆け足であったりしたんですが、これも前回の【詳細版】AMDの「APUって何?」を学ぶブロガー勉強会の参加報告。で書いたことと被る点が多いので割愛。

 

その後、質疑応答の時間を設けて貰ったんですが・・・

いくつか質問はさせていただきましたが、前回の勉強会同様にメインの説明・デモの時間が盛り上がって大幅に押してしまったので5分~10分程度しかなく、3,4人しか質問できませんでした。

 

前回の勉強会では、20分程度設けて貰った(それでもだいぶ押してた)のでちょっと残念ではありました。

割とライトな内容だったということもあって、一般ユーザ向けの質問を色々としたかったんですが致し方なし。

勉強会そのものは、より一般向けの内容になっていわゆる「濃さ」は薄まりましたが、APUそのものについての理解は進んだように思います。

それだけに質疑応答の時間は30分、場合によっては開催時間そのものを早めていただいて、勉強会後の談笑もしくはディスカッション時間を設けるなど余裕あるスケジュール構成にしてもらえるとより良い勉強会になるような気がします。

ちなみに、次のような質問をしようかな~と考えてました。

  • CAD向けなどFireGL代替となりうるグラフィックス載せたAPUは?
  • A300シリーズの話が8月とかに出てたけど展開とか知りたい
  • サーバ向けAPUってどうなの?
  • Intelの追従具合について、Haswell対抗はどの程度大丈夫?
  • CPU部で本気出すのはいつごろになりそう?次期プロセスなJaguarで何とかなる?
  • EシリーズAPUと、Aシリーズの間の低TDPなAPUは出さない?
  • タブレット向けZシリーズ APUは採用広がる?

このあたりは、次回第3回勉強会(しばらくは無いみたいですが)に期待ということで、また参加できるようであれば(お土産は無くても)是非参加したいです。

ともあれ、このような辺境のブロガーに2度も貴重な機会を設けて参加させていただき、ありがたい限りでした。AMDの皆様ありがとうございました。また、よろしくお願いします!!

 

 

そして、帰宅の途~なんですが、帰り際にまたエントランス部分で6画面なディスプレイ環境を横目に帰るのです。

amd_apu_study2_16.jpg

ホントうらやましい構成です。

 

あと、前回とちょっと違っていた点も。

amd_apu_study2_17.jpg

APU搭載のノートパソコンなどが展示されていたスペースが空っぽになってました。

これも新製品に入れ替えられるのかもしれませんね。

 

そして、本当はお土産を肴にする予定だったんですが・・・

お土産の配送お待ちしてます!

 

あと、お酒飲みながらこの記事書いていて思いだしたことがあったり。

  • 前回のブログコンテストについての結果発表がまだ
    (発送をもってお知らせではなかったはず&どんな記事が評価されるのか知りたい)
  • 今回はコンテストなし?後日発表?
    (まだ貰ってませんが「お土産」だけで十分ではあるんですけども)

このあたりも忘れず教えてくださいAMDさん!※追記:確認したら、ブログコンテストの発表は9月29日でした。早とちり。

コメントする