AMDの新APUでPC組むためにお買い物

先日のAMDの「APU新製品」に関するブロガー勉強会参加した時に貰ったブツでPCを組み上げるために、ちょいとパーツをいくつか購入してきました。

apu_kounyuu_memo_01.jpg

Corsair Vengeance CMZ16GX3M4X1866C9

PC3-15000(DDR3-1866)対応の4GB×4枚セット。購入したのはTSUKUMO。ネットショップだと売り切れちゃってる模様。8,500円ちょいで買えました。

PC3-15000なのは、次組むプラットフォームで定格でサポートされるため。ネイティブPC3-15000ではないでしょうが、1.5v動作なので良しとしました。

AMDのAPU環境は、現状だとデュアルチャネルメモリまでのサポートなので、4枚セットじゃなくても良いんですけど、メモリが安いときはスロット全部埋めておけ!的な感じなので、4枚。8GB×4枚にする予定でしたが、予算の都合上16GBにしています。

ほか、CPUクーラーと、電源、SSDを購入。

 

apu_kounyuu_memo_02.jpg

APU用クーラーに、DEEPCOOL GAMMAXX 300を選択。DOSPARAで1,700円ぐらい。DOSPARA以外では取り扱いが無いみたいなんだけど、詳しいことはよくわかりません。安くてよさげな商品なんですけどね。

 

apu_kounyuu_memo_03.jpg

電源に、Huntkey 絢風 AYAKAZE300を選択。

80PLUS GOLD認証以上で、低容量なものを探していたのでチョイス。4,980円だった気がします。通販だとAmazonが安めだったので、Amazonにリンクしてますが、実際購入したのはTSUKUMO。

もう構成的にグラフィックボードは積まないですし、APU、SSD、メモリだけなのでシステム使用電力はおそらくMAXでも150W行かないレベルなので、300Wで十分と判断。

ケーブル不足が指摘される商品ではありますが、今回の用途としてはSATAケーブル×2で十分なため問題なし。

 

apu_kounyuu_memo_04.jpg

SSDは、秋葉原でちょろちょろしてたら、Sofmapで処分セール?していた、KEIAN LITEON LAT-256M3S-17を選択。13,800円で売られてました。

Marvell 製のサーバーグレードコントローラー 88SS9174と、東芝製MLC NANDフラッシュを組み合わせた、いわゆるPlextorのM3Sとほぼ同構成なOEM?品。確か普通に15,000円超だった気がするのと、 PlextorなM5Sは16,000円超だった気がするので、安さに惹かれた次第。

半年前の販売開始時は33,000円ぐらいだったことを考えると、最近のSSDは本当には安くなりました。

 

そんなわけで、近々組みがてらNDA解禁のタイミングで非公開だった部分を含めたAMD勉強会のレビューなんぞを。

コメントする