実質無料で見放題なAmazon「プライム・ビデオ」の衝撃と、Amazonプライムの魔力

amazon_prime_inst_video_01.png

Amazonが、衝撃的なサービス開始を宣言。

年会費3,900(税込)なAmazonプライム会員を対象として、テレビ番組やアニメ、またAmazonが独自に制作した映像作品を含めて見放題というサービスを9月に開始すると発表しました。これを衝撃と言わずしてなんというのか...。

ビデオオンデマンドサービスの戦国時代、始まってたけど、黒船来襲なんてもんじゃ無いぐらいのインパクトかもしれません。

ちょいと年会費を払うだけど、付加サービスをたっぷり享受することができる上に追加料金無しでサービスを利用することが出来ちゃうというのだから凄いです。オンラインビデオレンタル?何それおいしいの?といわんばかり。

まぁ、普通にビデオレンタル自体Amazonも手がけているんですが、そっちの売り上げよりも、プライム会員ユーザを増やすということに主眼を置いたサービスだといえます。

思い切りの良さはさすがAmazonだな!というところです。

元々、Amazonプライム会員の特典は非常に豊富で、ざっと挙げるだけでも

  • お急ぎ便(通常360円)が使い放題
  • 当日お急ぎ便(通常514円)、お届け日時指定便(通常360円)も無料
  • 特別取扱商品も手数料無料
  • Kindle持っていたら、Kindleオーナー ライブラリーで毎月1冊無料(かつ、本体購入も割引)
  • タイムセールはプライム会員だと一般会員より30分早く参加出来る
    (8月になって急に差別化された)
  • 1年に1度っぽいけど、Amazon prime day(プライムデー)なるハイパー割引セールに参加可能

これらサービスに加えて、あらたにビデオ見放題サービスが加わることに。

 プライム会員なら、追加料金なしで人気の映画、TV番組やアニメなどが見放題。 大ヒット作品をはじめ、今話題のバラエティー番組やライブ映像はもちろん、いつも新しいコンテンツが追加されます。 プライム・ビデオをいつでもどこでもAndroid、iOSのスマートフォンやタブレット、Fireタブレット、smartTV、パソコンやゲーム機器な ど様々なデバイスでお楽しみいただけます。

ということで、

HuluWOWOWTSUTAYA DISCASGEODMM動画ひかりTVアクトビラU-NEXTdビデオスカパー、etc...大丈夫!?

と無駄に心配になったり。さらには、9月頭に鳴り物入りでサービスを開始するnetflixも今回の発表でだいぶその話題性が薄れてしまうんじゃ無いのかなと危惧してみたり。

本当に危惧すべきなのは既存の電波を用いたテレビ局なのは言うまでも無いけれど、それはさておき、Amazonの「とにかくプライム会員の数を増やす」という方針 = つまり顧客の「質」を向上させる という戦略の一助となることは間違いなく、これまでAmazonプライム会員になるのを躊躇っていた人たちを動かすには十分な効果を発揮してくれそうです。

Amazon「プライム・ビデオ」はそもそも月額料金換算しても安い

amazon_prime_inst_video_02.jpg

実質無料、プライム年会費を月割りしたとしてもわずか325円/月

この時点で、ライバルとなるサービスの月額料金よりも安い設定となっているので、他サービスはよほどのラインナップをそろえなければジリ貧間違いなしでしょう。

オンラインビデオサービスのみで500円~1,000円/月前後のサービスが多い中で、各種サービスコミコミだというのだから凄いです。

救 いというか、不安定要素として、Amazonプライムビデオのラインナップが不明かつ、コンテンツ追加頻度、作品の質が不明というところがありますが、そ もそもアメリカでは映画なら1万作品以上と十分なラインナップを取りそろえているわけですし、日本国内向けのローカライズは当然してくるでしょう!という ことで、他サービス運営側からすると脅威そのものといえそうです。

というか、アメリカだと99ドル(12,000円ちょい)の年会費なのに対して半額以下なのにこのサービスの充実っぷりは良い意味でヤバいです。

 

amazon_prime_inst_video_03.jpg

日本の配送に関するコストが諸外国(特にアメリカ)と比較して非常に高効率で結果安いということも影響していると思いますが、非常に安価でありがたいことこの上なし。

お急ぎ便(360円税込、または514円税込)とお届け日時指定便(360円税込)が、いつでも無料で使えることは前述しましたが、予約商品も対象商品なら無料のお急ぎ便で発売日にお届けしてくれちゃうサービスっぷり。まぁ、これは逆に一般ユーザが割を食っているといえなくも無いですが、差別化としては正しいかなと。

amazon_prime_inst_video_04.jpg

そして何より、電子書籍の最大手であることも見逃せず。

Kindleの進化もさることながら、今後も書籍の電子化はどんどん進められていくはずですし、オーナーライブラリ以外にもプライム会員向けのサービスが展開されるかもしれず、日本特有の法制度の面から微妙な点はありますが、あの手この手でサービス展開してくるでしょう

Amazonプライムユーザじゃないと機会損失の増加も

amazon_prime_inst_video_05.jpg

これ、気がついたらかなり差が出てきてるな~と、ここ1、2年で感じるポイントなんですが、会員限定先行タイムセールが急に開始されたように、今後もプライム会員と一般会員との差別化はどんどん進められていくでしょう。

む しろ「なんでプライム加入していないの?」といわんばかりの追加サービスが増えていくことが十分に予想されるので、Amazonを継続して(一定頻度以 上)利用し続けていくのであればAmazonプライムには加入しておかないと「時間もお金も損をする」ことになるかもしれません。

またアメリカの例ですが、Amazonクラウドのフォトストレージや、100万曲以上の音楽もプライム会員なら無料という状況なので、これが日本国内にも展開される...ということになってきたりすると、なおさらプライム会員の有用性が向上してきます。

そう遠くない未来に来ると思う(音楽聴き放題は年会費上がりそうですが)ので、その辺りも見逃せません。

値上げしてもサービスが向上するんだったら、プライム継続するよ!というユーザは多いハズな上に、一度加入すると辞めたときのサービス付加価値の減衰っぷりに辟易としちゃうケースが目に浮かぶので、多少の値上げなら許容しちゃうのではないかと。

で、 結果としてAmazonの便利なサービスを使う、金払いのある程度良い、質の高いユーザが残り、それらユーザに適した商品・サービスをAmazonは提供 することができて、たいした買い物をしなくてプライム会員でも無いユーザは半ば放っておかれるという未来もあるのかなーという感じすらしていたり。

もちろん、一般ユーザ向けにも魅力あるサービスを提供していくことは間違いないでしょうけれど、それ以上にプライム会員向けのサービスが「これでもか!」と充実していくことが予想されます。

今回の発表を受けて、周りの友人・知人は

  • プライム会員で良かったー
  • これは...***解約してプライム契約する!
  • ラインナップ次第だけど魅力的すぎるわー
  • プライムになったら生活がAmazonと密着しそう

という感じで、概ね好意的な印象な模様。

サービス内容の詳細公開はよ!といいたいところではありますが、公開前にAmazonプライムの魅力というか魔力をちょっと振り返ってみたら思っていた以上に魔力、秘めてたなーというのが個人的な印象です。

実は、今現在プライム会員じゃ無いんですが、これは契約待ったなしかな!と考えている次第。

Amazonプライム会員は30日無料体験できちゃうので、まずはお試しです。

コメントする