アクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン「Aipower Key Series EP-N33」が軽いのにしっかり防水でネックバンド部質感と装着感が良い

aipower_keyseries_ep-n33_01.jpg

Aipower Key Series EP-N33です。

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載するネックバンドタイプワイヤレスイヤホンとなります。

KeySeriesモデルについては、モバイルバッテリーなどで国内展開を含めがっつり商品ラインナップを手広く手がけているAUKEYのサブブランドてきな位置づけとなっています。

簡単に本商品の説明をするなれば、「アクティブノイキャン搭載」「バッテリーの持ちは8h程度」「IPX6防水」「イヤホンマグネット吸着」「AAC対応でiPhone派も満足」といった感じ。

完全ワイヤレスイヤホンの隆盛により、ちょっと影が薄くなりつつあるネックバンド型ワイヤレスイヤホンですが、「ちょっと外したい時に不便」「どこかに行っちゃう不安感」など、踏み切れないというかやっぱりある程度の存在感があった方が良いというニーズも根強いです。

個人的には、音楽に没頭していても頻繁に声を掛けられるので、片耳をサクッと外せるネックバンドタイプの方が楽という感じです。移動中とかは完全ワイヤレスイヤホンで問題ないんですが、作業中とかはネックバンドの方が楽かなと。

そんなわけで、重量も38gと軽く、バッテリーの持ちも良く、アクティブノイズキャンセリング機能も備えた完成形ともいえそうなAipower Key Series EP-N33を見ていきます。

aipower_keyseries_ep-n33_02.jpg

パッケージ封入具合。

ケーブル部がちゃんと収まってない感がありますが、お約束的なところでしょうか。

aipower_keyseries_ep-n33_03.jpg

イヤホン部から伸びているケーブルはいわゆる平形きしめんタイプ。

絡みにくい性質なのと、軽量さに貢献できるということもあって個人適には好きです。

後述しますが、ネックバンド部との相性というか質感の統一性も計られているのも好印象。

aipower_keyseries_ep-n33_04.jpg

これもまた個人的な話なんですが、この手の商品で一番気にするのが付け根部分だったりします。

どうしてもケーブル部が断線したりしちゃうと商品自体がダメになってしまうので、しっかりと保護されるデザインとなっているかは気になります。

その点、このAipower Key Series EP-N33は付け根がしっかりガード + 操作する際など手で良く触るシーンが増えるであろう先端部分が固めな素材でカバーされてました。

Amazonとかの商品画像だと気づけないポイントですが、結構コレはポイント高いです。

aipower_keyseries_ep-n33_05.jpg

コントローラ部は、右側に集約。

左から、アクティブノイズキャンセリングボタン、音量UP/曲送り、音量Down/曲戻し、電源/マルチボタンという構成。

なお、動作モードを示すLEDは「ANC」の「C」文字内に仕込まれてます。

aipower_keyseries_ep-n33_06.jpg

右側上部分にマイクがあります。

aipower_keyseries_ep-n33_07.jpg

充電コネクタも右側下部に。

USB Type-Cコネクタになっています。

aipower_keyseries_ep-n33_08.jpg

イヤホン部。Key Seriesロゴが格好良いです。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているということもあり、外音を収集することが可能なようにマイクが備わってます。

aipower_keyseries_ep-n33_09.jpg

丸みを帯びたイヤーチップ。

こちらもコントローラ部側と同様にケーブルの付け根はしっかりと断線防止措置がとられています。

aipower_keyseries_ep-n33_10.jpg

イヤホン部同士はマグネットでカチッと。

絡まず、ぶらんぶらんせず、持ち運ぶことが可能です。当たり前の機能になりつつありますが、やはりあると便利。

aipower_keyseries_ep-n33_11.jpg

首に書けた状態で手前でカチッとくっつけておいてもOKですし、こんな感じでまとめてしまって持ち運んでも良いのかもしれません。

一応、持ち運び用のポーチも付属してきます。

aipower_keyseries_ep-n33_12.jpg

ネックバンド部は割と細身。

バッテリー容量は130mAhと控えめですが、8時間持つなら十分でしょう。

なお、10分間の高速充電で2時間の再生が可能だったりも。

首に触れる部分のゴムはさらさらしたマットタイプ。手触りも装着感も良いです。

奇抜さは全く持ってないですが、全体の見た目もケーブル部を含めて統一性があるので、シックなデザインを好まれる方にオススメな印象となります。

aipower_keyseries_ep-n33_13.jpg

納め直してみたら、綺麗に収まりました。

肝心要な音質は、最近のモデルということもあり採用チップの恩恵なのか、十分な音質が得られます。

防水性能をしっかり試したわけではありませんが、構成上水が入ってだめになってしまう箇所は充電コネクタ部ぐらいかなと。

そこもしっかりゴムパッキンによるカバーがなされているので、開けっぱなしとかにしない限りは大丈夫でしょう。

アクティブノイズキャンセリング機能についても、「ノイズ全消し!」とまではいかないものの、いわゆる騒音は十分に相殺してくれます。

雑踏の中で音楽に没頭するのに役立ってくれます。ホワイトノイズは少し感じられますが、音楽をかけたら気にならないレベルです。

あとは、なにげにAmbient Sound(外音取り込み機能)も備えているので、ノイズキャンセリング中であっても、ANCボタンをポチッとすれば外音取り込みが可能だったりするので、イヤホンを外さずに会話したりすることも可能となっています。

以前使用していたネックバンドイヤホンが先日壊れてしまって(付け根が断線・・・)困っていましたが、3年ぶりぐらいに置き換えとなるAipower Key Series EP-N33は、音質の向上とアクティブノイズキャンセリング機能の追加、そしてより軽量になっているのに質感が上々と満足いくものとなっていました。

着実な進化が遂げられていることを実感できるのは良いですね。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「ZZ62Q9B7」を適用することで45%OFFと非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は5/19 23:59まで。

マーケットプレイス Aipower Smart JP 取扱品が対象です。

【Aipower ワイヤレスイヤホン ANC対応 】完全ワイヤレスイヤホン ヘッドフォン ネックバンドイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥース5.0 自動ノイズキャンセリング デュアルドライバー付き HiFi高音質 IPX6防水 再生時間8時間 3 EQモード Key Series EP-N33 (キーシリーズ EP-N33)

Aipower Key Series EP-N33

コメントする