3.5インチハードディスクケース「ORICO 3599U3」がネジ止め不要でサクッと接続OKなのが素敵

orico_3599U3_01.jpg

ORICO 3.5インチ ハードディスクケース 3599U3です。

最大16TBまでのハードディスクをサポートし、2.5/3.5インチのSATA HDD/SSDに対応します。

後述しますが、基本は3.5インチ向けかなと。

電源については、12W内蔵式電源を採用しているためアダプタなどが不要。汎用的なめがねケーブルで接続OKとなります。

3.5インチのストレージケースは何かと面倒なケースが多いんですが、このORICO 3599U3はパカッと開けてサクッと接続してフタ締めてUSB3.0でつなげば使えるというお手軽さが魅力の商品です。

orico_3599U3_02.jpg

付属品は、USBケーブルと電源ケーブル。

ネジなど不要なので、付属品については至ってシンプルな構成です。

orico_3599U3_03.jpg

全体像。

ちょっとしたお弁当箱かな?というようなサイズ感。

個人適には2.5インチがメインになってきたこともあってか、3.5インチエンクロージャは大きく感じられます。

orico_3599U3_04.jpg

コネクタ部。

USB3.0コネクタと、電源めがねコネクタです。

USB3.0側はType-B(またはMicroType-B)のモデルが多かったりしますが、この商品はType-Aでいけます。

PCとの接続時においては、Type-A to Type-A での接続となる感じです。

orico_3599U3_05.jpg

付属のケーブルもType-A to Type-A。

orico_3599U3_06.jpg

ケース裏側は放熱性を考慮したスリットが備わっているほか、振動防止のためのゴム脚が4つついてます。

安定性はバッチリ。

orico_3599U3_07.jpg

スライドさせる形でケースの蓋は外れます。

ネジが不要って本当に楽です。

orico_3599U3_08.jpg

SATAインターフェース。

SATA3対応となります。

orico_3599U3_09.jpg

3.5インチハードディスクを搭載してみました。

結構みっちり感があります。なお、ケース本体内部のサイド部分(写真でいうところのハードディスク真ん中あたり)に緩衝材が貼られていたりするので、振動防止とSATAコネクタの着脱防止に役立ってくれたりも。

2.5インチストレージだと、接続はできますが固定するためのブツがないのでコネクタから外れたらおしまいというところなので、あまりオススメできる感じじゃないです。

1,000円ぐらいで売ってる2.5インチストレージ向けケースを購入する方が良いのかなと。

orico_3599U3_10.jpg

PCと接続してみました。

電源ボタンがあり、ポチッと押すことで通電します。

青色LEDが光ってくれるので、通電・動作状況は一目で把握可能。

orico_3599U3_11.jpg

通電時の全体像がこのような感じです。

スッキリとしたデザインということもあり、邪魔に感じることもないかなと。

逆に縦置き対応ケースではないので横置き(平置き)しかできないというところはあります。

とはいえ、ネジ止め不要で必要なときにハードディスクを持ってきてケースにサクッと装着してあげればOKという手軽さが何よりも魅力なので、そこに意義を感じられる方にオススメとなります。

読み書き速度はSATA3であり、ハードディスク側がボトルネックになるケースの方が多いとは思いますが、USB3.0接続のハードディスクとして十分な速度が出てましたので、読み書きで問題になるケースは少ないと思います。

電源内蔵でストレージの発熱も底面のスリットから放熱してくれますので、常時稼働とかじゃなければ暑い夏などでも普通に使えるのではないでしょうか。

ORICO 3.5インチ ハードディスクケース USB3.0 外付けケース 2.5 / 3.5 両対応 SATA3.0 HDD/SSDケース UASP対応 12W内蔵式電源 16TBまで ドライブケース ツール不要 ブラック 3599U3

ORICO 3.5インチ ハードディスクケース 3599U3
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする