付属ノズルが増えてパワーが2倍以上にアップしたミニハンディクリーナー「Brigii Y120 Pro」のブロワー機能が実用的で機能向上を実感

brigii_y120_pro_01.jpg

Brigii Y120 Proです。

以前、「Proじゃない」方のBrigii Y120を「小型USB充電式ハンディクリーナー&エアダスター「Brigii V120」でデスク上の細かなゴミをお手軽お掃除」で簡単にレビューしたわけですが、記事に書いたとおりで使い勝手がなかなか良いということもあり特段困ってなかったわけですが、「Pro」と付いた上位モデルがある!ということで、どのへんが「Pro」なのか気になって仕方がないのと無印なY120で唯一といっていい不満点だったブロワー機能の実用性が上がってそうだということもあってコレは使ってみなければ!ということで、Proモデルに手を出した次第。

結論からいえば、「Pro」モデルとしての機能差がしっかりあり、特にブロワー機能についての実用性がめっちゃアップしていたので、ブロワー機能を目的として購入してもいいのでは?という感じになってました。

brigii_y120_pro_02.jpg

まずは商品構成。

本体の他、フラットブラシノズル、ブローノズル、バキュームスロット、USB Type-Cケーブル、ホース型ノズル、収納袋といった構成。

Y120無印比で、フラットノズルとブラシノズルが、フラットブラシノズルに一体化した点と、バキュームスロットが追加になった点、そしてホースノズルが追加という感じになってます。

なお、わかりにくいですが、ブローノズルとバキュームスロットは一体になっていて分離できるデザインを採用しています。

brigii_y120_pro_03.jpg

パカッと開けると綺麗に収められたY120 Proさんがお目見え。

brigii_y120_pro_04.jpg

ホースノズル届けると、充電ケーブルや収納袋、フラットブラシノズルが収まってました。

brigii_y120_pro_05.jpg

本体重量はY120無印の方が若干軽かったかな?という程度。形状はほぼ一緒です。

塗装がシルバーで、青色デザインラインも施されていて高級感はProモデルの方が断然上。

brigii_y120_pro_06.jpg

Tipsが記載されている通りで、電源ボタンは長押しでON操作となります。

電源ボタン側はブロワー(エアダスター)側となってます。

brigii_y120_pro_07.jpg

ちょい上には、USB Type-Cコネクタ。充電時はココに接続します。

直で自立できるので、充電時の置き場所などに困ることはないでしょう。

brigii_y120_pro_08.jpg

ブロワー側。

brigii_y120_pro_09.jpg

バキューム側。

影になっちゃって写真ではわかりにくいんですが、バキューム側には逆止弁が付いていて、吸い込んだ物が戻ったりしないようになっています。

ブロワー利用するときも空気漏れなどがないように考慮されている感じになります。

Brigii Y120 Proは、Y120無印比でパワーが2倍以上!

brigii_y120_pro_10.jpg

非常に見にくいんですが、バッテリー容量は7.4V/2,500mAh。Amazonの商品説明だと、

リチウムバッテリー:2500 mAh×2

となっているので、3.7V/2,500mAhバッテリー2個直列な感じなのかなと。

定格パワーが80W!

Y120無印は35Wだったので、なんと2倍以上のパワーを実現しています。これだけで、Proを選ぶ価値があるという感じです。

brigii_y120_pro_11.jpg

フィルターなどの構成はY120無印と一緒。

単純にパワーを上げたということなのかなと。

brigii_y120_pro_12.jpg

付属ノズル。

ブラシ付きフラットノズルは、ブラシ部分がスライド可能なので、フラットノズルとして使いたい!という時にはブラシ部分を下にさげてあげればOKです。

Y120 Proのバキュームスロットがいいぞ!

brigii_y120_pro_13.jpg

バキュームスロットを装着するとこのような見た目に。

先端部分が分離できて、取り外すことでブロワーソケットがお目見えするんですが、個人的な用途としてブロワー利用時にこのバキュームスロットを付けたまま使ったが方が、実は作業効率が良かったです。

確かにバキュームスロットを外した方が空気が出る穴が小さくなるためパワーは増すんですが、送風領域がちょっと狭めで「パワーは十分魅力的だけど、もうちょっと広くブローして欲しいなぁ・・・」という印象だったところ、「バキュームスロットつけたままの状態でブローしたら範囲広がるんじゃ?」と思いつきで使ってみたらこれが正解!

ちょうど良い範囲をちょうど良いパワーでブローしてくれる結果となり、デスク上の小さなゴミ、誇り、なんかのカスを吹き飛ばすのに非常に良い効果を発揮してくれました。

ピンポイントで使いたいときにバキュームスロットを外せば良いという結論となり、結果(バキュームスロット外さなくて良いので)使い勝手がかえって向上することに。

嬉しい誤算とはこのことですね。

ホースノズルもブローに使える

brigii_y120_pro_14.jpg

このBrigii Y120(無印もProも)は、バキューム、ブロワー、両方を使えるということで、先ほどのバキュームスロットをブロースロットとして使うことも可能なんですが、同じようにホースノズルを用いてブローノズルやバキュームスロット装着では届きにくい位置へのブローも可能になったりします。

ホース部の柔軟性が高いため、ちょいと手の届きにくい位置にスッと入れてブローしてあげられるのが非常に便利。PCの裏側とかの隙間など、このホースノズルを使ってブローする際にめちゃくちゃ便利でした。

ハンディクリーナーとしての実用性は定格80Wのパワーとなり、元々ちょっとしたホコリなどを掃除する分にはY120無印(35W)でもそんなに困ることはなかったんですが、「ちょっと吸い残しがあるなぁ」というシーンが格段に減りました。

ハンディクリーナーとして使用する際の掃除箇所についての往復回数も減らすことができるので掃除効率は確実にUP。

そしてなにより、ブロワーがパワーアップの恩恵を一番受けていて、いわゆるガス式のエアダスターのピンポイント噴射には及びませんが、デスク上などの軽いホコリはもちろん、PC内部のファンやヒートシンクなどに積もっちゃってるホコリなんかにも効果的にブローしてくれちゃうので、日常利用しやすいバッテリー式だということを踏まえれば汎用性の高さからこっちの方が使いやすいなと。

サイズ感もガス式のエアダスター1本分ぐらいのサイズなので収納も場所を取らないのも利点といえます。

パワフルに掃除が出来て、布団圧縮袋なんかのバキュームも可能、そしてブロワーとしての実用性が上々という3in1で、コンパクトサイズに収まったBrigii Y120 Pro。「Pro」の冠にふさわしいだけの性能を見せつけてくれました。

Y120無印を使っている方でも、買い換えを視野に入れるべき存在といえます。パワーが2倍以上で便利なバキュームスロットとホースノズルが付属。オススメです!

割引クーポン!

今なら、メーカー公式ページでサブスクリプションを行うと10%OFFクーポンが貰えてお得にお買い求めいただけます。リンク先、下部に登録フォームがありますので、そちらからどうぞ。

登録後にメールで割り引きコードが送られてきます。

Brigii ミニ ハンディクリーナー, 小型掃除機とエアダスターと電動ポンプ 3in1多機能,コードレス 軽量 車用掃除機,ホビーガジェット USB充電,キーボード 隙間 小さいスペースに対策-Y120 pro

Brigii Y120 pro

コメントする