パワフルな24V充電式「greenworks ドリルドライバー&インパクトドライバー 2台セット」でDIYや家具組み立てが簡単に

greenworks_drill-inpact_driver_01.jpg

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー 2台セットです。

2台セットである意味は?といわれると、個別に買ったりするとバッテリーの互換性とか踏まえて面倒な点もあるし、バッテリーが2個セットで付いてくるから2台で1個を共用しつつ、もう1個を充電したりすることも出来るのと、基本的にドリルドライバーとインパクトドライバーはDIY等をするなら結果的に両方必要になるケースもあるよね!となり、単品で揃えていくよりお得になるならいいのでは?という感じのセットになっています。

結論から述べますが、2台あると蒸気使い分けや、用途別に使えるのは便利です。

また、24Vということで、パワーが期待されるところではありますが、18Vや20Vな製品と決定的な差が出るわけではなさそうな印象。

コードレスインパクトドライバー「KIMO QM-3601B」最大トルク300Nmで思ってた以上に強力ハイパワー」で書いた、20VなインパクトドライバKIMO電動工具株式会社 QM-3601Bとの差はあまり感じませんでした。ですが、4,000円~6,000円程度で販売されている12Vな製品(未レビューですが、先日安価に購入したHYCHIKA DD-12BC)と比較すると、それはもうパワフル。そこは明確に差があります。

そんなわけで、手持ちの電動ドライバー・インパクトドライバーが12Vとか、10.8Vでパワー不足を感じている方のステップアップデバイスとしてオススメになっていく電動ドライバーとなります。

greenworks_drill-inpact_driver_02.jpg

箱をパカッと開けると、ソフトケースに商品が入ってました。

ケースはスクエア型で自立するタイプ。

ハードケースと比較すると剛性は当然心許ないですが、サッと持ち出せる手軽さがあります。

greenworks_drill-inpact_driver_03.jpg

色々と封入されてます。

greenworks_drill-inpact_driver_04.jpg

まずは充電器。結構大型です。

24Vを充電していく感じなので、電圧に比例してある程度サイズは大きくなるのかなと。

なお、バッテリーは2個付属(後述)しますが、充電器は1台のみとなります。

greenworks_drill-inpact_driver_05.jpg

説明書は4セット。

それぞれ、電動ドリルドライバー、電動インパクトドライバー、バッテリー、充電器の説明書となります。

greenworks_drill-inpact_driver_06.jpg

まずはドリルドライバー。

グリーンカラーが目を惹きます。

greenworksのロゴも悪目立ちせず、本体デザイン・カラーに馴染んでますね。

greenworks_drill-inpact_driver_07.jpg

各種メモリなどもわかりやすく明記されているので、仕様上迷うことは無いと思います。

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー コードレス ブラシレスモーター  バッテリーUSB付き

24Vということで、他社18V製品比で20%のパワーアップおよび、使用時間アップを謳っています。

高出力でパワフルに作業が出来れば、結果的に使用時間を延ばせるということなのかなと。

greenworks_drill-inpact_driver_08.jpg

トリガー上部分にはLEDライトも備わってます。

greenworks_drill-inpact_driver_09.jpg

こちらはインパクトドライバー。

ビット取り付け部以外の見た目はドリルドライバーと似たようなデザインを採用。

greenworks_drill-inpact_driver_10.jpg

割とスッキリとした見た目になってます。

greenworks_drill-inpact_driver_11.jpg

インパクトドライバーと同じく、トリガー上部分にLEDライトを備えています。

セット品だと、このあたりの仕様が似ているため、使い勝手の面で違和感なく使用することが出来るのは利点といえそうです。

greenworks_drill-inpact_driver_12.jpg

バッテリー。

24V/2A品が2つ付属してきます。

greenworks_drill-inpact_driver_13.jpg

上から見るとこんな感じ。

greenworks_drill-inpact_driver_14.jpg

見慣れたUSBマークがありまして・・・

greenworks_drill-inpact_driver_15.jpg

カバーをスライドするとUSBコネクタが出てきます。

モバイルバッテリー代わりに使えちゃうUSB出力機能を備えているなど、ユニークな機能を搭載。

容量に余裕があるからこそ実現した機能といえそうです。

greenworks_drill-inpact_driver_16.jpg

バッテリー容量は21.6V/2Ahで、43.2Wh。3.7V換算すると11,675mAhといった感じになります。

モバイルバッテリー的な機能を載せるのもある意味納得じゃないでしょうか。

greenworks_drill-inpact_driver_17.jpg

バッテリーは、充電器に載せるとこんな見た目になります。

スタイリッシュか?といえば、答えはNo.でしょう。結構ゴツいですね。

greenworks_drill-inpact_driver_18.jpg

充電時は緑色に点滅。

温度が高すぎる(ドライバー動作挿せまくった後とかは、しばらく放熱しないとダメとか)と、赤色点滅します。

greenworks_drill-inpact_driver_19.jpg

その他付属品。

ビットはプラスドライバとマイナスドライバの2種類のみ。

ドリルドライバー穴開けビットなど、必要に応じて別途用意する必要があります。

そのた、金属パーツとネジが2個。

greenworks_drill-inpact_driver_20.jpg

金属パーツはベルトフックとして用います。

ドリルドライバー、インパクトドライバーの底部にホルダーする箇所があるので、そこに装着していく形。

greenworks_drill-inpact_driver_21.jpg

金属ホルダーを差し込んで、ネジ固定すればOKです。

greenworks_drill-inpact_driver_22.jpg

これでベルトフックとして機能してくれます。

腰に引っかけてサッと取り出して使うような、パワフルDIY作業をされるかたには重宝するのではないかと思います。

なお、私は腰ホールドが苦手(ある程度の重さを超しにぶら下げると動きにくくなるので)、基本使わないときは自立させておいておくタイプだったりします。

必要に応じて取り付け、取り外しができるのでお好みで使うか使わないか決めればよろしいんじゃないでしょうか。

greenworks_drill-inpact_driver_23.jpg

バッテリー、金属ホルダーを取り付けたドリルドライバー外観。

そのまま自立させておいておく際に、ホルダーは邪魔になることはないので、気にならなければ装着したままとしていても良いでしょう。

LEDライト周り

greenworks_drill-inpact_driver_24.jpg

付属のビットをインパクトドライバーに装着。

装着部をちょいと手前に引き出して差し込めばビットの装着は完了。お手軽なので、ビットをガンガン交換しながら使用するようなケースでも問題なく付け替え、差し替えしながら使用出来ると思います。

greenworks_drill-inpact_driver_25.jpg

LEDライトについても十分な光量があり、作業箇所を明確に照らしてくれます。

写真は明るい箇所での点灯。

greenworks_drill-inpact_driver_26.jpg

暗い箇所での点灯具合。

手元を照らす用のライトとしては十分に明るいでしょう。

greenworks_drill-inpact_driver_27.jpg

ドリルドライバーにも付属のビットは装着できます。

ちょっと穴開けドリルビットの容易が間に合いませんでしたが、こちらも装着は差し込んで挟み込み固定するだけなので簡単です。

greenworks_drill-inpact_driver_28.jpg

一般的な六角軸のドリルビットであれば使えます。

動作具合については、こちらの動画を見ていただいた方が早いかなと。

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー コードレス ブラシレスモーター  バッテリーUSB付き

ブラシレスモーターを採用し、18段階のポジショントルククラッチ対応で、パワフルに穴開け作業を行うことが可能です。

greenworks_drill-inpact_driver_29.jpg

インパクトドライバーに戻りますが、こちらは速度調整が可能となってたりします。

greenworks_drill-inpact_driver_30.jpg

3段階で速度を設定できるので、用途に合わせてボタンをポチポチするだけで速度切り替えが可能です。

なお、ドリルドライバーは2段階のレバー式速度調整となってます。どちらも使い勝手は簡単。

greenworks_drill-inpact_driver_31.jpg

ついでにバッテリーの残量ですが、こちらもボタンを押すだけで3段階のLEDインジケーターから残量を大まかに3段階で把握することができます。

インパクトドライバーについても、使用具合は動画がわかりやすいです。

ビットの取り付け、取り外しが簡単。有孔ボードなどへの保管もしやすい形状(これはドリルドライバーも一緒)で、非常に扱いやすくなってます。

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー コードレス ブラシレスモーター  バッテリーUSB付き

トルクは180N.M、240N.m、300N.Mと3段階で調整でき、長ネジからラグボルトを含め、パワフルに扱えます。

収納など

greenworks_drill-inpact_driver_32.jpg

付属のソフトケースは容量が結構あり、バッテリーを搭載した状態で2本がピッタリと収まります。

なんか、良い感じに収納出来そうです。

greenworks_drill-inpact_driver_33.jpg

充電器を入れても、割と余裕がある状態。

ここにドリルビットだったりを追加で入れておいたりも出来るでしょう。

薄めですが、緩衝材的なモノも入っていますので、何か軽くカバーを掛けてあげればそのまま保管でOKだと思います。

欲を言えば、ドリルビットだったりもセットで付属してきたら、なお良かったかなという感じではありますが、「使わないビットが大量にあって困る」というケースも少なくないでしょうから、用途・好みに応じてビットは選択できると言い方向に捉えていたりもします。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「EJ4FNU3T」を適用することで30%OFFと非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は9/15 23:59まで。マーケットプレイス SUN RISE TRADING LIMITED 取扱品が対象です。

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー コードレス ブラシレスモーター  バッテリーUSB付き

greenworks 24V 充電式ドリルドライバー&インパクトドライバー 2台セット

コメントする