2013年4月~5月に食べた記事かぶりメニューまとめ

201304-05_01.jpg

「食べたよー」的な記事を書くようになって、ランチ中心で結構いろんなところに行くようになってるんですが、結構行くお店はかぶるのです。

基本記事化して間がないお店に来店した場合などは写真を撮影せず、おいしくご飯をいただくだけなんですが、記事化に迷ったり、行ったばっかりだったのを忘れていたりとかで撮影した写真が結構な枚数あったので、抜粋しつつ、それらの記事などへの振り返りを含めつつまとめて掲載してみようという試みです。

201304-05_02.jpg

冒頭の天丼は、「健康保険組合の旨味を活かして「木都里亭」で赤坂膳」を食べてしばらくして再び行ったときに食べた天丼。

お値段500円というリーズナブルさが魅力なんですが、健康保険組合(ITS)に加入していないと食べにいけないのが難点。

201304-05_03.jpg

これは、「赤坂「雛どり」で盛りっぷりの良い唐揚げを食べる。」の唐揚げ定食。

結構な頻度で行くので、あまり記事化していなかったり。

201304-05_04.jpg

このボリュームがたまりません。

201304-05_05.jpg

これは、美味かった&インパクト強かった「牛たん炭焼き「利久 赤坂店」で角煮丼がごっつい赤坂店限定の牛たんづくし定食で満腹に」の限定メニューです。

201304-05_07.jpg

とろんとろんな牛タン角煮がごろんごろんしていて堪りません。

美味くて一度行った後に2日くらいおいてまた行ってしまった記憶が。

201304-05_08.jpg

これは未紹介なお店。

永田町にある黒澤というお店です。

映画監督・黒澤明の名を冠し、映画の感動を食で再現。

というだけあって、良い雰囲気のお店だったんですがあまり写真を撮らず、素材不足で記事化せず。

201304-05_09.jpg

ゴマ成分の補充に溜池山王「頤和園」が最適」などで何度かご紹介している担々麺。

201304-05_10.jpg

泡立つほどのゴマっぷりが素敵なスープが美味。

201304-05_11.jpg

芝麻醤たっぷりで、スープを飲む手が止まりません。

201304-05_12.jpg

止めないとカロリーがヤバイので、都度これぐらい残すようにしてます。

201304-05_13.jpg

冷やし担々麺を始めたようなので、次はそれに行ってみようかと。

201304-05_14.jpg

こちらは、虎ノ門にある「寅」。

全品800円でしたが、最近エビフライだけ900円になってます。なので、全品800円ではないですね。

201304-05_16.jpg

「虎ノ門 煮込み居酒屋 寅」でトンカツ・タンシチュー・カツ丼」という感じでもはや行きつけに近い状態になってます。

201304-05_17.jpg

もう堪りません。最近はとんかつ=寅な感じ。

201304-05_15.jpg

カキフライの時期が終わって、鶏鉄板焼きが季節メニュー化してました。

201304-05_18.jpg

これは、「「ラーメン屋 秀」でバリカタではない博多バリつけ麺」で食べたつけ麺。

全く同じメニューを食べちゃったので、おいしかったんですが未掲載だったり。

次はちょっと違うメニューを食べようかと。

201304-05_19.jpg

「Musha Tora赤坂」で期間限定じゃなくなって野菜が追加された担々麺」の担々麺。

201304-05_20.jpg

肉味噌の量と、野菜の量がいい感じ。クセになる味わいです。

201304-05_21.jpg

「溜池山王 広東料理 農家宴」でCランチこと大根と角煮の炒め」で、同行者が食べてておいしそうだったので、日を改めて食べにいった黒ごま担々麺。

201304-05_22.jpg

結構ドロドロめなスープですが、これがまたウマシ。

大盛りとかにしてないんですが、ボリュームが結構あります。(半ライスついたり)

201304-05_23.jpg

「赤坂 黒猫夜」でランチの黒猫夜的海南鶏飯にどハマリ」したんで、週替わりメニューなんですがまたやってたので食べにいったり。

201304-05_24.jpg

チリソースがうまいのと、鶏肉だけじゃなく、ナスの一本揚げなんかが良い味出してるのが魅力。

またやる週があったら食べにいっちゃう美味しさ。

 


といことで、こう見ると結構食べてますね。ランチ。

基本外食なので、ネタにはある意味困らないんですが、よくよく考えると結構な出費だな・・・と。

昼飯だけで20,000円/月ぐらいいっちゃってることを考えると、財布の中が寂しい理由がよくわかります。

コメントする