たっぷり12Lタンクな気化式加湿器「AONCIA MHZ-1201-W」がUV除菌機能も備えて700ml/hでガッツリ加湿

AONCIA MHZ-1201-W

気化式加湿器 AONCIA MHZ-1201-Wです。

ちょっと上手いこと外観がキレイに撮影出来なかったので、動画で見て貰った方が早いしわかりやすいかなということで、リンク先を見ていただくか、お時間があれば1分20秒程度なので、記事末尾にある動画をご覧になっていただければ。

簡単に商品説明をすると

  • 気化式加湿器
  • 最大加湿量700ml/h
  • 動作モードは4段階(微弱・弱・中・強)
  • 12Lとたっぷり水タンク採用
  • 大型フィルター採用
  • 給水2パターン(タンク直接、サイド部分から)
  • UV除菌機能付き
  • OFFタイマー装備(最大12時間)

といった感じ。

超音波式のお手軽さ(メンテの手間を入れるとそんなに手軽なわけじゃなくなるんですが)に近い手軽さを実現することが可能な本体分離タイプ。

フィルターのお手入れはもちろん、タンク部のお手入れもしやすいです。加湿量は文句なしの700ml/hを実現しているので、潤いある環境を素早く作り出せます。

17畳ぐらいの範囲をカバー出来るということで、リビングなどでもメインの加湿器として活躍してくれるでしょう。

そんな気化式加湿器、AONCIA MHZ-1201-Wをご紹介。

aoncia_mhz-1201w_01.jpg

付属品は電源ケーブル(汎用メガネコネクタ採用)、リモコン、説明書。

何故か、箱の底から2個目の説明書が出てきたりもしたんですが、封入ミスかな?というところ。無いより全然良いですが。

aoncia_mhz-1201w_02.jpg

本体上部がお目見え。

風邪を通し亜y酢そうなデザインになってます。

aoncia_mhz-1201w_03.jpg

丸っと本体を取り出してみました。

前面上部に丸形液晶&操作ボタンを備え、中心部にメーカーであるAONCIAのロゴ。

そして、下部は水タンクの残容量を確認することが出来る窓が備わっているという感じです。

構成としてはシンプルな部類だと思います。

aoncia_mhz-1201w_04.jpg

右サイド部には、吸水口が有り、押し込むと手前に空いてくれる仕組みを採用。

aoncia_mhz-1201w_05.jpg

奥にフィルターが見えていたりもしますが、ここから給水することが可能です。

動作させながら補充する際は、このサイド部から給水する方が良いでしょう。

aoncia_mhz-1201w_06.jpg

背面側です。

電源コネクタが見えていて、商品スペックなどもこちらから確認が可能。

700ml/hで、消費園力は35Wと非常に良く抑えられているのは気化式加湿器ならではです。

aoncia_mhz-1201w_07.jpg

本体はこんな感じで真ん中からパカッと分離することが出来ます。

スクエアデザインなので、分離も再設置も容易。

分離されていて、役割をキレイに分けている(水タンク&フィルター、UV除菌チップ&送風ファン&操作パネル)ので、お手入れがしやすくなります。

 

画像左側には、上述した2枚目の説明書も映り込んでますねw

aoncia_mhz-1201w_08.jpg

内部のファン近影。

どこまでお手入れが可能なのかはなんとも言えませんが、スマホのカメラレベルでも確認出来るレベルでファン形状を見る(隙間から覗く)ことが出来ます。

aoncia_mhz-1201w_09.jpg

水タンク&フィルター箇所。

フィルターがかなり大きめfです

aoncia_mhz-1201w_10.jpg

私の腕と比較するとこんな感じ。

顔とかのサイズを大きく上回るサイズ感。

目も細かく、しっかりと給水・送風による加湿をしてくれそうです。

以前使用していたPanasonic製の気化式加湿器のフィルターサイズを3倍ぐらいにしたという印象。

aoncia_mhz-1201w_11.jpg

フィルターを外すと、タンクの全容がわかります。

小さなフィルターストッパーのようなものがあるだけで、あとは水量を示す側にセンサーやらがあるぐらい。

この状態で洗面またはキッチンなどにもっていって水を入れて戻るというのが基本的な使い方でしょうか。

12Lあるので、サイドから入れるとなると夜間などで入れたるする必要がありそうです。

 

なお、水の補給は普通の水道水を用いることが推奨されています。

理由としてですが、水道水は塩素処理されており、雑菌が繁殖しにくいため浄水フィルターなどを通さない、普通の水道水が良いそうです。

操作パネル周り

aoncia_mhz-1201w_12.jpg

操作パネルには、6つのボタンが備わっています。

いずれも見れば何をすることが期待されているのか直感的にわかる感じの構成です。

aoncia_mhz-1201w_13.jpg

数秒おきに温度表示と切り替わりながら表示してくれます。

風量も□□□というような感じでぱっと見でどれぐらいのレベルなのかわかります。

湿度設定なども可能で、最大90%まで加湿出来るそうです。当然指定の湿度に達した場合はそこで終了となりますので、50%~60%程度にセットしてあげると良いんじゃないかと。。

aoncia_mhz-1201w_14.jpg

水量メーター側から見上げるような形でUVライトが点灯しているのが見えました。

上から見ずに向かって照射して除菌する仕組みのようです。

aoncia_mhz-1201w_15.jpg

タンク容量から、実物はかなりゴツいのかな?とか勝手に想像していましたが、大きめスクエアデザインでどっしり構えるタイプの加湿器だなという印象。

液晶画面はちょっと見えにくいかもしれませんが、大きめなのであまり困ることはないでしょう。

操作に関しては簡単ですし、風量も4段階で状況に応じてサクッと設定でき、すぐに反映されるので簡単。

風量も十分で、強モードこそ流石に動作音がそれなりに発生しますが、微弱・弱は「動作してる?」と言うぐらい静粛性があり、中モードでも広めな部屋なら動作音は気にならないでしょう。

消費電力も控えめで、加湿量はピカイチ。見た目も白基調でお部屋のインテリアなどとの相性も良いんじゃないでしょうか。

割引クーポン!

今ならさらに、割引クーポンコード「YSSWRLMC」を適用することで4,300円OFFとなります。加えて、リンク先掲載の割引クーポンを適用することで12,500円OFFと非常にお買い得。

トータル16,800円OFF!ということで、グッと身近なお値段に。

クーポンコードの使用期限は11/30 23:59まで。マーケットプレイス ユアサ 取扱品が対象です。

AONCIA MHZ-1201-W

AONCIA MHZ-1201-W

コメントする