容量10,000mAhで3入力/2出力備える「ROMOSS Ares10」はケーブル1本で大体OKなモバイルバッテリー

romoss_ares10_01.jpg

ROMOSS Ares10です。

バッテリー本体を1回満充電することで、iPhone XS約3回、Galaxy S9 約2回以上、Nintendo Switch 約1.5回の充電ができるとする容量10,000mAhなモバイルバッテリーになります。

パッケージは簡素、そしてケーブルの付属がないということで、無駄なコストは排除!といった感じの商品です。

その分お安くお買い求めになれるということで、ケーブルは十分あるよ!という方にとっては魅力的な商品になるのかなと。

romoss_ares10_02.jpg

本体はすっきりとしたデザインで、全体的にはマットな感じ。

中央部にロゴを備えているのと、右下に10の数字がプリントされていますが、これは容量10,000mAhであることを示したものになっていて、容量20,000mAhモデルであるROMOSS Ares20は同様に20とプリントされたデザインとなっています。価格だけ見ると、Ares20は抜群のコスパ(差額100円なので)だったりするので、そちらも要チェック。

romoss_ares10_03.jpg

本商品最大の特徴はこちら。

モバイルバッテリーからの出力を2ポートで備える(写真右側のUSB Type-A×2)は当然として、モバイルバッテリー自体を充電する入力コネクタが3つ備わっている点がユニークです。

MicroUSB、Lightning、USB Type-Cと3種類いずれの接続でも充電が行えるので、持ち運ぶデバイス用の充電ケーブルさえあれば、そのケーブルを用いて逆にこのAres10に接続してあげればモバイルバッテリーを充電することができるという優れもの。

ケーブルをあえて付属しないというのも納得ではないでしょうか。

romoss_ares10_04.jpg

サイドには、バッテリー残量確認用のボタンがあります。

romoss_ares10_05.jpg

底部には各種スペック表記。

romoss_ares10_06.jpg

バッテリー残量はオレンジ色で視認性はそこそこ。

なお、サイドボタンを3回連続で押すと、なぜか188という数字が表示されたりしましたが、意味はわかりませんでした。

romoss_ares10_07.jpg

2ポートのうち、片側は1A出力で、もう片方が2.1A出力となっているため、接続するデバイスに応じて使い分けかなと。

Qualcomm Quick Chargeなどには対応していませんので、超急速充電を求める方は別の商品の方が良いと思います。

romoss_ares10_08.jpg

MicroUSBとUSB Type-Cの同時接続で2倍速充電!ということにはならない排他給電のようですが、ケーブルを(ほぼ)選ばずに使えるというのは便利です。

きっちり、2.1A入力で充電してくれます。

充電中はバッテリー残量数値が点滅してくれるので、どれぐらい充電されているのかがわかるあたりもうれしいところ。

全体的に丸みを帯びたデザインで持ちやすいですし、十分な容量を備えているのと、ケーブルを含め余計な荷物を増やさずに使えるという点に魅力を感じられる方向けです。

8/30までは、セール価格での販売となっていますので、2,000円を大きく割り込んだ価格でお買い求めいただけます。

モバイルバッテリー 軽量 10000mAh ROMOSS 携帯充電器 大容量 PSE認証済み Type-C入力 LCD残量表示 iPhone Android 対応 Ares10 黒

ROMOSS モバイルバッテリー 10,000mAh Ares10

コメントする