「トヨタのキーレスエントリー電池交換」は100円以下で簡単に交換可能

toyoba_keyless_battery_01.jpg

車のキーで、いわゆる「キーレスエントリー」なるキーでリモコン方式でオープン/ロックするのが主流になっているかと思いますが、使用していて半年~1年程度で電池がなくなっちゃって、1年点検などのタイミングでディーラー訪問した際に電池交換を依頼している方も多いんじゃないでしょうか。

かくいう自分も、何も考えずに電池がなくなったらディーラーで交換して貰ってたんですが、よくよく考えたら充電池なわけがないし、いわゆるボタン電池だろうから自分で交換すれば安上がりじゃん!ということで、調べてみたら速攻で自前交換が可能だということが判明したので実施してみました。

「こんなに簡単なら、最初から自分で交換しておけば良かったなぁ。」というのが、正直なところです。

無知は罪なりとでもいいますか、ディーラーでお願いしていたときにかかった費用はさっぱり覚えていないので、悔しさは薄いものの、無駄な出費だったことには違いないということで、以後は自分で交換して費用を浮かせる予定です。

さておき、電池交換作業をしつつ手順的なものを撮影してみたので、ご紹介。

キーレスエントリー電池交換その1「本体をパカッとやる」

toyoba_keyless_battery_02.jpg

まずは、キー本体をキーレスエントリーからはずします。

電池はリモコン部分に内蔵されている形なので、本体をパカッとやるのにキーが刺さっている状態だとパカッと出来ないので抜いておきます。

抜き方は、リモコン部の本体横にある小さなボタンを押しながら引けば抜けます。当然ですが、内蔵電池がなくなったときに使用することになるので、まだ使用したことがない場合は知っておいた方が良いです。

toyoba_keyless_battery_03.jpg

でもって、そのキーを抜いた部分にマイナスドライバーを当てこみます。

細めの穴になるので、薄い小さめなマイナスドライバーがオススメです。

toyoba_keyless_battery_04.jpg

このようにマイナスドライバーを間に差込んで、「軽くひねり」ます。

無理に強くやってしまうと、本体を傷つけたり故障の原因になったりしちゃうので、割と慎重にやった方が無難です。

早々壊れないと思いますが、せっかく安く済ませようとした結果、故障させちゃったことでかえって費用がかさんで大損ということにはなりたくないので無理は禁物。

toyoba_keyless_battery_05.jpg

「軽くひねった」結果、気持ちいいくらいに「パカッ」と本体が2つに分かれる形でオープンになります。

あとはもう丸見えな電池を交換するだけでOKです。

 

キーレスエントリー電池交換その2「中の電池を確認する」

toyoba_keyless_battery_06.jpg

本体に入っていた電池はPanasonic製のCR1632でした。

Panasonic コイン型リチウム電池 CR-1632あたりでしょうか。普通に購入すると300円ちょっとする感じです。

toyoba_keyless_battery_07.jpg

本来であれば、同じようにPanasonic製の方が良いんでしょうけれど、初戦はボタン電池。

性能はさして変わらないだろうし、変わったとしてもお値段が1/5以下だったら適当なタイミングで交換すればいいでしょう!

ということで、TUO リチウムコイン電池 CR1632 5Pを購入してみました。

これだと、5個入りでPanasonic製1個とほぼ同じお値段です。

 

キーレスエントリー電池交換その3「電池を取り替える」

toyoba_keyless_battery_08.jpg

早速、安価に入手した電池を用いて使い物にならなくなったPanasonic製電池と交換です。

ツメのようなもので固定されてますが、簡単に取り外しができるので交換作業自体は何の問題も無く実施出来ます。

表裏だけ間違えないようにすればOKではないでしょうか。

CR1632は規格化された電池なので、サイズなどはピッタリ一致します。

toyoba_keyless_battery_09.jpg

そして、蓋を閉めて「パチッ」とはめ込んであげて、はずしていたキー部分を差込めば作業終了。

あとは車に向かってリモコン操作をして、きちんとロックのオープン/クローズおよび、エンジン動作がOKかを確認して、問題なく動作すれば完了です。

実にお手軽、作業時間にして写真を撮りながらでも約3分。

普通に作業するなら1分以内に終わるであろう作業時間なのに、なぜ今までやらなかったのだろうかと不思議な気分になりますので、皆様も是非。

念のため記載しておきますが、純正以外のバッテリーをディーラー交換ではなく、個人で交換したことによる故障などの損害は自己責任になりますので、ご注意を。簡単な作業とはいえ、不具合が起きた時はおとなしくディーラーにお願いしましょう。

我が家では念のため予防的措置として、2つあるキーレスエントリーのうち、1つだけ電池交換して使用することにしました。

どれぐらい電池が持つのかはわかりませんが、動作に問題は無いですし、電池が切れたときに気軽に交換可能だということがわかっただけでも十分かなと。

TUO リチウムコイン電池 CR1632 5P

TUO リチウムコイン電池 CR1632 5P
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメント(2)

ボリ 返信

電池の交換方法は、自動車の取扱説明書に書いてあったりするけどね。
おいらは抜いたキーの先っちょで、カバー開けてますわ。ドライバーより傷付きにくいですよ。
鍵は電話機や無線ルーターの近くに保管していると、電池の消耗が早いみたいですね

Ryo 返信

説明書読まないタイプなので、チェック不足でした!
それならそうと、ディーラーで電池交換するときに教えてくれれば良いと思うんですが、手間少なく小銭稼げる的な意味合いであまり進めてないのかもですね。

キーレスエントリーは315MHz帯を使用するわけですが、磁気などにも影響されるのか、使用していなくても交信状態になるケースがあるみたいですね。保管場所によっては消耗速いと思います。

コメントする